今週の店頭試飲: ニコラ・テスタール・ボージョレー・ブラン・ラパン11 白 と ピュズラ・ボノーム・トゥーレーヌ・ガメイ・ラ・プロビリエール 11 赤

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ



*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


先週の金曜日は、超久しぶりに大学時代のクラブの同期の飲み会に行ってきました。女子のお友達は別として、10年弱振りくらい??の再会でした。

この年になると、普通そういう同窓会的な会に行くと男子が老け込んだりしていて、それをいじったりするもんじゃないですか。それがですね、みんなあんまり変わってなかったんですよ。

唯一私が太ったくらいで!!!

実は朝出掛ける時、夜お出かけだから普段仕事では履かないブーツを履こうとしてジッパーをぎゅううーーっと上げたら、ジッパーが壊れちゃったんです。(確かに寒い日だったから厚手のウールの膝下ソックスを履いちゃったてはいたんですけど、前はそれでもOKだったのに・・・。)

あれれ?、さらに太ったかな?と嫌な予感は」ありました。

そしたら、夜にはみんなに太った太ったとつっこまれ・・・・。がっくし。


みんな偉いなぁ。ちゃんと体に気を付けてるんだろうなぁ。


この間もブログを書くのに2005年のイタリア旅行の写真を見ていてリアルに悲しくなってしまいまったんですよね。

だって私がすっごい痩せているんですもの!!腕とかこんなに細いんですよ!!!


今の私に必要なキーワードは 「自 制 心」。 色んな意味で2013年のキーワードにしたいと思います!!


落ち込んだ気分を明るくするのに最高のビデオを発見しました!ふなっしー、超ウケル!!(ふなっしーは非公認の船橋市ゆるキャラらしいです。)

近所だしウチのお店にも来てもらえないかしら~!








今週の店頭試飲ワインはコチラです!





 ニコラ・テスタール・ボージョレー・ブラン・ラパン11 白 (左)

産地:フランス/ボジョレー
品種:シャルドネ100%有機栽培

先日試飲会で美味しかったんですよね。でも前にウチでやったのとなんか違った気がして早速仕入れたら、同じヴィンテージでした~~。

マジに記憶力もやばくなってますねーー。

でも、やっぱり美味しい!自分はニコラ・テスタールの白が好きなんだな再確認した次第であります。

再三申しておりますが、ラベルは正直チャラいかもしれませんが、お味は抜群ですよ!特にこの11はヴィンテージも良いから秀逸です!!

マロラクティック発酵も行っているので、まろやかな口当たり!!


微かに濁った美しいレモンイエロー。
リンゴ、青リンゴ、オレンジ、ハチミツ、ハーブ、ミネラルなどの比較的華やかな香り。
口に含むと微かリンゴ、青リンゴの凝縮感の高いフルーティな味わいが広がります。
リンゴ、青リンゴ、レモン、洋ナシなどのよく熟した凝縮感高い果実味。豊かな酸味はフレッシュで、クールなミネラルが余韻に残ります。
酵母の旨みやハーブの要素も感じられ、2011年らしいボリューム感と力強さが印象的。前回に入った時に比べやや落ち着いたせいか、ハチミツやスパイスなどの要素が強くなり、より厚みのある味わいへと変化しています。余韻は雑味なくドライ。

前回ご紹介した時もヴィンテージのせいか例年のブラン・ラパンに比べて力強いと書きましたが、今回はそれに少し落ち着きがでてきてハチミツなどの要素が加わり厚みがプラスられています。

そして、2270円という価格に対しては相変わらず破格のコスパだと思います!!

マリアージュ: 豆乳鍋、ササミときゅうりの胡麻和え、白子ポン酢、手巻き寿司、
白身魚のバターソテー、蕗と厚揚げの煮物、ちらし寿司

詳しくはコチラから!




ピュズラ・ボノーム・トゥーレーヌ・ガメイ・ラ・プロビリエール 11 赤 (右)

産地:フランス/ロワール
品種:ガメイ75%、ガメイ・タンチュリエ35% 有機栽培

ご存知のようにピュズラ・ボノームはティエリー・ピュズラのネゴシアンでありますが、共同でワイン造りにあたっているのがピュズラ・ボノームの「ボノーム」、ピエール‐オリヴィエ・ボノーム氏。

ティエリー・ピュズラも100%の信頼を置くというボノーム氏が、畑の~醸造まで100%手掛けたガメイ「ラ・プロビリエール」が今回初リリースとなりました!

ブドウはボノームの自社畑で、樹齢80 年を超えるヴィエーユヴィーニュ!ちなみに、一番古いブドウの樹はガメイ・タンチュリエで、樹齢も100 年を超すそうです!!!すごーい!

ガメイ・タンチュリエという品種は、ガメイの中でも果汁まで色のついた珍しい亜種らしいです。

さらに樹齢100年を超えるわけですから、やはり飲むとガメイとは思えない力強さが漲っています!


濃い赤紫色。
甘い赤い花、チェリー、イチゴ、ミネラル、微かに樽やインクを感じるエレガントかつピュアな香り。
口に含むとガメイのイメージを超える力強さを備えた凝縮感高いミネラリーな果実味が広がります。
チェリー、イチゴ、プルーンなどの凝縮感高い果実味。甘さはありません。フレッシュな酸味は豊かで若々しい。タンニンも通常のガメイのイメージを大きく超える量が感じられますが、きめ細かく口当たり良い。
特筆すべきはミネラルの豊かさ。余韻までクールなミネラルが残ります。スパイスや樽のニュアンスもも。とにかくどの要素もバランス良く十二分に詰まった非常にポテンシャルを感じる味わいですが、若さゆえ味わいはまだバラついた印象です。余韻は長く非常にピュア。

全ての要素の質が高く、非常に高いポテンシャルを持った数年先が楽しみなワインです!!

このクールなミネラル感が素晴らしいですね~!樹齢80~100年という筋金入りの古樹がしかりと土中から吸い上げてくるんでしょう!このミネラルが全部をしっかりまとめ上げています。

なんとなくボジョレーのミネラル感とは違う石灰質っぽいミネラル感な気がします!(なんちゃって~かもしれないですけど~)

マリージュ: 酢豚、回鍋肉、ローストビーフ、ローストチキン、鶏のから揚げ、ブーダンノワール、パテ・ド・カンパーニュ

詳しくはコチラから!





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)