今週の店頭試飲: ガングランジェ・アルザス・シルヴァネール 11 白 と アルザス・ピノ・ノワール 11 赤

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ




*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


昨日は近所の皆さんとお店で新年会をしました~!お開きは午前1時・・・。てへへ。

何を飲んだかは次回にご紹介しますね~。楽しかった!!!(皆さんも楽しかったといいな!)




さて、先日MUSEのコンサートで声を枯らしてきたオバサンロックファンの私が今一番聞いている音楽は何かというと・・・

Maroon5

なんです。

あんなちゃらい米国のバンドなんて!!

と頭では思っていながらも、そのキャッチーなメロディがどうしても心に残っちゃうんです。

Maroon5をご存じない方のために曲を紹介すると

最近流行ったのはこの曲
Payphone
http://www.youtube.com/watch?v=KRaWnd3LJfs

こんな曲も流行りましたね

Moves Like Jagger
http://www.youtube.com/watch?v=iEPTlhBmwRg


先日勇気を出してCDを1枚買ってみました。(それまでミーハー過ぎるので恥ずかしくて買えなった)安売りになってたちょっと前のCDです。

なんか判りました。

前から80年代っぽいよね~とは思ってましたけど、どことなくプリンスっぽいメロディやスティーヴィー・ワンダーっぽいメロディが入ってるんです。

どうもそういうところが私の心の琴線をくすぐるらしいです。

例えば
出だしが超プリンス
http://www.youtube.com/watch?v=2H-jCS5j4i0

超80年代のブラックっぽい
http://www.youtube.com/watch?v=Vf1C3PbCFu0

どうですか???


でも、やっぱりUK好きの友人にMaroon5が好きなんて恥ずかしくて言えないわぁ。

どうしましょうねー。


全然関係ないけど、以前イタリアのCOOPで買ったエコバック。確か1ユーロくらいでした。



カワイイでしょ。



今週の店頭試飲ワインはコチラです!!




ガングランジェ・アルザス・シルヴァネール 11  白 (左)

産地:フランス/アルザス
品種: シルヴァネール 100% ビオディナミ

最近ますますナチュラルになってきていると評判のガングランジェ。

インポーターさんによれば、実は取引を始めた2006年当時彼は自然派に共感しつつも、少し距離を置いていたのだそうです。

ところが、今やSO2無添加のワインやクレマンナチュレルなどSO2を使用すること自体に躊躇するほど考えが変わってきているそうです。

そこのところを彼に直接聞いてみたところ、

「以前よりもSO2の入っているワインに体が敏感になってしまったため」

と笑いながら答えてくれたそうです!

ジャン-フランソワったら、なんて素直なんでしょうね~!もっとカッコつけた答えもあったでしょうに!!

でも、彼の気持ちはよーーーーーく判ります!!だって私もそうだから!きっと皆さんもそうじゃないですか!?



ガングランジェのシルヴァネールは例年シルヴァネールとは思えない力強さを持っていますが、畑が南向きで日当たりがとっても良いので、ボリュームあるシルヴァネールができるのだそうです!

微かに緑がかったレモンイエロー。レモン、グレープフルーツ、青リンゴ、ミネラルなどのフレッシュで爽やかな香り。
口に含むと弾けるように元気の良い酸味をもった非常にバランスの良い味わいが広がります。
レモン、グレープフルーツ、青リンゴなどのフレッシュな果実味。弾けるように活き活きとした酸味は味わいに生命感を与えています。
その奥に豊かなミネラルの存在がしっかりと感じられ、通常の辛口シルヴァネール以上の奥行きがあります。余韻はピュアですっきり。

やはり今年もしっかりと骨格を感じる期待以上のシルヴァネール!

このミネラル感がすごく良いですね!ミネラル感ってどんな感じですか?とよく聞かれるのですが、
このワインを飲んだらお分かりいただけるんじゃないでしょうか?

抜栓二日目の今日はとってもフルーティになりました!

マリアージュ: 生ガキ、白身魚のカルパッチョ、鮎の塩焼き、天ぷら、白子ポン酢、 ジャコと梅干とねぎのチャーハン、寄せ鍋

詳しくはコチラから!



ガングランジェ・アルザス・ピノ・ノワール 11 赤 (右)

産地:フランス/アルザス
品種: ピノ・ノワール 100% ビオディナミ

今回 日本に入ってきた2011のガングランジェの中で(一部2010)、インポーターさんのイチオシだったのがこのピノ・ノワール!!

ピノ・ノワールらしいじわじわと広がる美味しさが魅力だそうです!


透明感ある明るい赤。
イチゴ、ウメ、チェリー、赤い花、微かにアセロラ、スパイスなどを含むとてもナチュラルで旨みを感じる香り。
口に含むとピノ・ノワールらしさとナチュラルさが同居したピュアな味わいが広がります。
イチゴ、ウメ、チェリーなどのフレッシュで繊細な果実味。しっかりとした酸味は出過ぎることなくベストバランス。タンニンは中程度。ピノ・ノワールらしくキレイな酸味がしっかりと輪郭を描き出しています。
繊細であると同時に旨みも豊かで、余韻にかけて微かにキノコのような旨みのニュアンスも現れます。ほんのりスパイシー、さらにミネラルも感じられます。余韻はピュアでスッキリ。

これは美味しいですねー!!ピノならでは旨みを持った味わいがしっかりと味わえます!

繊細さと造りのナチュラルさ、そして全房発酵からくるトラディショナルな骨格が共存してて、それもとても良い感じです!!

マリアージュ: きのこの炊き込みご飯、ポルチーニのパスタ、茶わん蒸し、シイタケのあぶり焼き、銀杏、鶏肉とカシューナッツ炒め、ローストチキン

詳しくはコチラから!





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)