今週の店頭試飲: マイ・エ・ケンジ・ホジソン・シャラン・ポラン 11 白泡

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ
 


*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*




明日有明あたりでフィギュアスケートやってるみたいですね。(←実はよく知ってるんですけど)

せっかくの定休日にショーやってるなんてあまりないのでとっても行きたいのですが、フランス行って、MUSE行って・・・やっぱりここは我慢です。シクシク。


今週は準備が間に合わなかったので、1本のみのご紹介です!!

フランス、パリの有名自然派ワインショップ、カーヴ・ド・パピーユ。パリに行ったときに訪問してきました。ステキなお店でしたよ!!

でも、ウチでも扱ってる生産者さんがほとんどなんですよね。日本のインポーターさんの優秀さを改めて実感しました!

そして、そのパピーユでホテルで飲むようにと購入したのがこの造り手さんのガメイでした。日本に入ってきてるの知ってたんですけれど、まだ飲んだことなかったので興味あったんです。

夜に部屋で抜栓して、ホテルのコップで飲んだのですが、これが美味しかった!!優しくてピュアでフレッシュで!1日歩き回って疲れた自分には最高のワインでした!

これは、ウチでもやらなくちゃ!と帰国早々仕入れてみました。

残念ながら、ガメイは入ってきてないらしいです。それなら新年っぽくスパークリングが良いかな!と
シュナンのペティアンを仕入れてみましたよん!!




(左はお土産で買ってきたちょっとバブリーなピカピカエッフェル塔)

マイ・エ・ケンジ・ホジソン・シャラン・ポラン 11 白泡

産地:フランス/ロワール
品種:シュナン・ブラン 100% ビオディナミ

このワインの名前、

Chalan Polan

日本人なら絶対「チャランポラン」って読みたくなりますよね。絶対狙ってると思います~。だって、生産者さんは、日本人の奥様と日本人のハーフの旦那様のご夫婦なんですもの!

カナダ人の元ワインジャーナリストのケンジさん(カナダと日本のハーフ)と日本人の麻衣さん夫婦がロワール地方のアンジュで生産しているワインです。

一年間フランスを旅して生産者を訪れ、彼らのもとで働き、学んだ知識をカナダのワイン産業に「持ち帰る」つもりだったそうです。

しかし、そんな彼らの計画を、ロワール地方アンジュの有名な自然派生産者マルク・アンジェリ氏との出会いが大きく変えることとなりました。

2010年が初のヴィンテージとなり、2011年には畑を拡大して現在は3haをビオディナミを実践しながら栽培しています。


周りの先輩生産者たちにサポートを受け、試行錯誤を重ねながら

「テロワール、品種、ミレジム、人」

の自然な表現を目指していらっしゃるそうです。

シュナン・ブランを用い昔ながらの手法「メトード・アンセストラル」によって造られました。ドサージュ、SO2の添加はしていません。

明るいレモンイエロー。泡はペティアンとしてはしっかりあります。
上品なイーストの香りに、レモン、レモンの皮、青リンゴ、洋ナシ、ミネラルなどのすっきりとした爽やかな香り。
口に含むと、柔らかい泡と共に、きりっとした酸味が効いたフレッシュな味わいが広がります。
レモン、リンゴ、微かにオレンジなどのフレッシュで骨のある果実味。豊かな酸味はシャープできりっとキレが良く、全体を輪郭をクリアに引き締め、中心には清冽なミネラルが感じられます。
余韻にかけてはシュナンらしく微かにハチミツや飴のようなニュアンスがあり、透明感あるピュアなボディに奥行きを与えます。余韻は雑味なく美しい。

活き活きとフレッシュであると同時に、美しいピュアでクリアな造りが非常に印象的!また、出過ぎず引き過ぎずちょうど良いイーストの香りが上品な雰囲気を醸しています。

ひんやりとするミネラルが後味に残りテロワールの素晴らしさが感じられます!美しく造られたワインです!

マリアージュ: シェーブチーズのサラダ、ホタテのカルパッチョ、魚介や野菜のフリット、ほうれん草のキッシュ、寄せ鍋

詳しくはコチラから!!








スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)