今週の店頭試飲: アルベルト・テデスキ・ピニョレット・フリッザンテ 10 白微泡 と ピエール・ルス・ココリコ! 09 赤

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ




*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


今日から7月!2012年の半分が終わってしまいました~!!ひょー!!


いよいよ7/1からアメリカ・カルフォルニア州でフォワグラの販売が禁止になるそうです。理由は無理矢理エサを食べさせて、つまり動物を虐待して生産された食べ物だから。

フォワグラ、ものすごく美味しいんですけどね・・・・。

でも、フォアグラの生産者を見学に行った人は、大抵「もう2度と食べない」って言ってるような気がします。それほど悲惨なものかもしれません。

そう考えると私も食べるの止めようかなとも思ったりして。

グリーンピースが闇雲に「捕鯨反対」とか言ってるのみると、ヒトの国の食文化に口出しすんな!!って思っちゃうんですが(もちろん絶滅は危惧しないといけないですが)、それとこれは別でしょうか。


皆さんはどう思いますか??まぁ、フォアグラよりももっともっと重大なテーマが今の日本にはあると思いますが。



今週の店頭試飲ワインはこちらです! 

週末試飲120701_1

昨日も書きましたが、今週は弊店では初お取引をさせていただいたインポーターさんのワインです。前からしようしようと思いつつ、伸び伸びになっていました。

ワイン業界には、大手ではないこういう小さな情熱溢れるインポーターさんが沢山出来ていてとても頼もしいです!!

15年前とは全く業界の状況が違います、ホントに。昔はワインを屋外に積んで保存してるような大手企業のインポーターが殆どを占めていましたからね。

皆さんは、こういう熱い熱いインポーターさんが仕入れてくる、小規模な生産者の手による個性豊かなナチュラルワインが、それも良い状態で飲める時代にワインを飲めて本当に本当にラッキーだと思いますよ!!



アルベルト・テデスキ・ピニョレット・フリッザンテ 10 白微泡 (左)

産地:イタリア/エミリア=ロマーニャ
品種:ピニョレット100% 有機栽培

皆さんの大好きな

(((( ナチュラルな白の微発泡 ))))

でーす!!

でも、ナチュラルな微発泡というとスルスル飲める爽やかワインというイメージですが、こちらは凝縮感の高ーーーい気合の入ったワインです!自然なブドウの濃厚なエキスと旨みがたまりません!! 

このインポーターさんとお取引を始めたら、絶対やろうと心に決めていたワインです。

アルベルト・テデスキは、歴史ある古都市 ボローニャの南西、モンテヴェーリオ地区でたった2haの畑を
大事に手入れしている造り手です。

彼が造るワインのこのボローニャの丘陵地帯特有の地品種、ピニョレット(Pignoletto)のみ!!

輝きのある濃い目のレモンイエロー。泡は少しだけ見えます。
熟したレモン、リンゴの甘露煮、洋梨、パイナップル、海草、樽、ミネラルなどのナチュラルでリッチな香り。少しだけ還元が感じられます。
口に含むと優しい泡を持った非常に凝縮感高い果実味が広がります。
レモン、リンゴ、洋梨、パイナップル、グレープフルーツなどの少し甘さを感じる良く熟した果実味。酸味は口当たり良くフレッシュ。泡が細かで優しく口の中に広がります。
非常に凝縮感高く、豊かなミネラル、樽、海草のニュアンスも感じられナチュラルな微発泡というだけでは終わらない、リッチで奥行きのある味わい。軽いほろ苦さがあり、爽やかさを演出。余韻は長く非常にピュア。

自然なブドウの旨みがギュギューっと詰ってます!! 

ナチュラルな微発泡でありながら、その高い凝縮感により飲み応えも感じる味わい!!

こういう言い方はとても失礼かもしれませんが、ビアンカーラを思い起こさせる味わいです。

マリアージュ: 魚介のフリット、天ぷら、アクアパッツァ、トマトの冷製パスタ、生ハム、ベトナム風サラダ、生春巻き、サティ、バンバンジー

詳しくはコチラから!!



ピエール・ルス・ココリコ! 09 赤 (右)

産地:フランス/ルーション
品種:メルロー100% 有機栽培

えー、別に同名のお笑い芸人さんに捧げたワインとかじゃないですよ。でも、さっきお客さまにそのギャグを話したら「?」でした。 遠藤、田中、ガンバレー!!

ちばみにココリコは、フランス語では「コケコッコー」的な意味です。

ピエール・ルスはルーション地方のマルペール~リムーの造り手です。ヨーロッパ最大の城塞都市であり古都であるカルカッソンヌの近くです。(行ったことないけど、行ってみたいです。)

ピエール・ルス氏、お写真を拝見すると、かなーりエキセントリックで超自然派な風貌の方!ふふふ。このワインも、メルローだの何だの言う前に 「ピエール・ルス」 のワインということなんでしょう!!

酸化防止剤無添加です。

美しいガーネット色。
イチゴ、チェリー、プラム、イチジク、スパイス、ミネラルなどのナチュラルな甘い果実の香り。
口に含むとミネラルと凝縮感を感じる果実味が広がります。微かにガスを感じます。
イチゴ、チェリー、プラム、イチジクのよく熟した果実味。酸味はフレッシュに残っており、丁度良いバランス。エレガントなタンニンは細かく中程度。
凝縮感の非常に高いナチュラルな果実味にミネラルが輪郭を与え、フォーカスした味わいが生まれています。後半にかけてはボリュームがぐんとUPし凝縮した果実のパワーが本領を発揮してきます。スパイス、漢方、干し肉などのニュアンスも感じられます。余韻は長くピュア。

エキス分高いっ!!見事な凝縮感をもった円やかーな味わい! 

そして、ミネラルに支えられた自然の絶妙なバランスが良いですね!!スルっと入ってくるけど、口の中でポテンシャルの高さを見事に披露してくれます!!

開けたては少し還元していますが、すぐに抜けますので早めの抜栓をおススメします。

マリアージュ: ラムのクスクス、カスレ、焼き鳥(タレ)、チンジャオロース、ホイコーロー、チキンのバスク風煮込み、鶏肉のパエリア

詳しくはコチラから!!





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)