FC2ブログ

ほらねー

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ


デキャンターHPを見ていたら、ローヌの2010年は無茶苦茶素晴らしい!という記事を発見しました。  

ほら、私が言ってた通りでしょー!!!

まぁ、悲しいかな、ローヌ地方のワインの出来に興味がある人がどれだけいるかといえば、ここ日本ではかなり限られているかもしれませんが・・・。



「ローヌの2010年は、この40年でトップ3に入るヴィンテージとなった」 (Decanter.com)
http://www.decanter.com/news/wine-news/529849/rh-ne-2010-in-top-three-vintages-of-last-40-years-says-decanter


ローヌの2010年は、この40年間で最上のヴィンテージの一つとなったとデキャンターのエキスパート、ジョン・リヴィングストーン-リアマンスがデキャンタ最新号で語っている。
 
リヴィングストーン-リアマンスは4月号で北ローヌを賞賛していたが、4月4日発売の5月号では南ローヌも高く評価している。
 
「私は、2010年を私がローヌと関わってきたこの40年間の中で、1978年と1990年と共にトップ3のうちの一つに位置づけている。
 
このヴィンテージはいくつかの点で優れているが、主に醸造の向上とブドウの成熟が素晴らしくハーモニアスにいったという幸運が合わさったことが理由である。」
 
したがってワインは良く熟し調和しており、優しいタンニンと深みのある果実味があり、どのワインも何年にも渡って熟成を続けるだろう。
 
リヴィングストーン-リアマンスによれば、コート・デュ・ローヌやコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュから、シャトーヌフ-デュ-パプ、ジゴンダスにいたるまで全てのレベルにおいて、本当にそうなのだそうである。
 
グルナッシュが6月の寒さに苦戦した一方、シラーとカリニャン、ムールヴェードルが代役を務めることができた。
 
サンソーでさえ素晴らしいのだと彼は言う。「シャトー・ラヤスのエマニュエル・レイノーは、彼の2010年を『リッチで驚嘆に値する』と評している。」





1990年に並ぶほどの出来だなんてすごいわーーー!!  

ウチにも現在ローヌの2010年色々とありますよ!是非お試しになってみてください!!



 

スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)