FC2ブログ

今週の店頭試飲: クルール・クレマン・ド・クレモン サン・スーフル 白泡 と ポッシブル・ル・フリュイ・デュ・アザール 07 赤

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ




*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


昨日は深夜までみんなで楽しくおしゃべりしちゃった~!!うふふ。



今日はアルザスのワインをご紹介しているので、2008年の旅行からちょっと写真を抜粋してみました。

まず地図!

alsace06

 
A地点のカッツェンタールが、今日のワインを造ったクルールさんのあるところ。上のアンマーシュヴィア(AMMERSCHWIHR) がビネールさんがある村ですので、クルールさんとビネールさんは隣村同士って感じでしょうか。シュレールさん、ガングランジェさんは南、テンペさんやマルセル・ダイスは北になります。クライデンヴァイスさんなどはもっともっとずっと北です。

また、右下のコルマールがこの辺では一番大きな街で、一番上にあるリクヴィールや左中段のケセルスベール(カイザースベルクって読むのかと思ってた・・・・)は観光地としても有名です。


では、写真。

alsace01

リクヴィルの街並み。かわいいーー。

alsace02

街の看板。ワインの造り手さんのようです。かわいいーー。

alsace03

街で売ってたお菓子。かわいいーー。

alsace05

コルマールにあるマルク・テンペさん経営のワインショップ。かわいいーー。

引き出しを使ったディスプレイがお洒落でステキですねー!! ウチももっとディスプレイに気を使わないと・・・。5年間全く変化のないディスプレイだもんなぁ。




そんなアルザスから届いたスパークリングとルーションの赤をご紹介しています!!

今週の店頭試飲ワインはコチラです!


週末試飲120304_1


クルール・クレマン・ド・クレモン サン・スーフル 白泡 (左)

産地:フランス/アルザス
品種: ピノ・ブラン、ピノブラン・オーセロワ ビオディナミ

年明け以来、スパークリング陳列棚が物置になっていました。

先週は美味しいロゼをずっと探していたんですって書きましたが、スパークリングもずっと探していたんですよね・・・。

泡好きお客様からは、「何でも良いからとりあえず入れて」なんてプレッシャーを掛けられつつ、「何でもいいって言われてもぉ・・・」とうじうじ悩んできました。

そんなこんなで、ボトルもめっちゃ可愛いし、酸化防止剤無添加だし、ビオディナミだしいいんじゃない!?ってことで入荷したアルザス生まれのスパークリング!!

Cremant de Clement というネーミングが楽しいですが、造り手さんのお名前がクレモン・クルールとおっしゃるみたいなので、クレモンの(造った)クレマンってことですね。

豊かに泡が立ち上がる薄いレモンイエロー。
イースト、レモン、リンゴ、洋梨、ハチミツ、ミネラルなどのフレッシュで活き活きした香り。
口に含むと軽やかな泡と爽やかな果実味が口一杯に広がります。
レモン、リンゴ、微かにパイナップルや洋梨などのドライな果実味。酸味は活き活きとフレッシュで、豊かなミネラルがクールな骨格を造っています。香ばしいイーストのフレーバーがしっかり感じられ、爽やかな果実味に奥行きを与えながら、リッチな余韻へと導きます。

爽やかで溌剌さに満ち溢れたスパークリング!でも、しっかりミネラルやイーストなどの要素が含まれているので、フレッシュなだけでは終わりません! 

自然派でSO2無添加というと濁り系を連想するかもしれませんが、アタックはクリーンで爽やか、余韻にアルザスらしい果実の力強さが顔を出す正統派クレマンです!春にピッタリのスパークリング!!

マリアージュ: タラの芽の天ぷら、ふきのとうの天ぷら、アスパラのグリル、そら豆のスープ、カプレーゼ、焼きハマグリ、ホタテのカルパッチョ

詳しくはコチラから!!




ポッシブル・ル・フリュイ・デュ・アザール 07 赤 (右)

産地:フランス/ルーション
品種: カリニャン47.5%、シラー47.5%、グルナッシュ5% 有機栽培

先日のジャン-フランソワ・ニックさんの自然派ワインのセミナーでも、ルーションやラングドックの自然派ワインの生産者の間ではカリニャンが非常に注目されているというお話しでした。

以前ワインスペクテーターのこんな記事をこのブログで紹介したことがあります。

変わりゆく仏ブドウ畑の表情(Winespctator.comより)
http://grenache.jugem.jp/?day=20090917

記事によればここ30年でカリニャンの栽培面積は

71%!!!!

も減っているのだそうです。皆さん、カリニャンをよろしくね!!


このワインって日本に入ってちょっと時間が経ってるんですよね。先日インポーターさんに、「ポッシブルのル・フリュイ・デュ・アザールが とっても美味しいです!!」と言われて飲んでみたら、本当にとっても美味しかったんです!! 

ポッシブルのルイック・ルールは、ワインが大好きでワイン造りを始めた人物で、元々畑を所有していたわけではなく、自らカリニャンの古樹が植わっているこの畑を購入しました。

しかし、畑を購入したのは良かったのですが、最初は、醸造が出来るカーブもなければ住む家も無い!状態だったそうで、仕方なく車内で睡眠を取り、近くの川で体を洗う生活を送っていましたそうです。すごーい!!!

ドメーヌ名の「ポッシブル」。やれば出来る!!ってことなのかな!


透明感ある美しい赤紫色。
甘い赤い花、チェリー、イチゴ、プラム、イチジク、甘いチェリーリキュール、スパイス、ハーブ、コーヒー、ミネラルなどの美しく複雑な香り。
口に含むと美しいバランスを持ったピュアでエレガントな果実味が広がります。
チェリー、プラム、イチジクなどの凝縮感高い果実味。酸味は豊かで、滑らかで上質なタンニンは中程度。豊かなミネラルが涼しげな骨格を造っており、非常に凝縮感も高く、リッチなエキスとミネラルが見事なハーモニーを奏で奥行きのある味わいを構成。ややエキゾチックなスパイス、コーヒーなどが味わいに活き活きとしたアクセントを与えています。余韻は長く、ピュア、ミネラル。

エキスの高さ、ミネラルの豊かさがとても印象的な、素晴らしくピュアなワインです! 

古典的とさえ感じる美しさのある味わい!飲み頃のポッシブルは、やっぱり美味しいです!


マリアージュ: カスレ、ローストチキン、バスク風のチキン煮込み、パエリア、ラムの香草焼き、豚スペアリブ香草焼き

詳しくはコチラから!!






スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)