ぎょえーーーー

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ



土日にNHKBSで放送したオルセー美術館特集をちょっと見ました。

ルーブルとポンピドゥーは行ったことあるんですが、オルセーは行こう行こうと思いつつまだ行った事がありません。全面リニューアルということなので、今度は行きたいなぁ。(と言いつつ、またフランス行ってもパリにはすっ飛ばしそうな予感・・。 パリのワインショップ巡りなどもしたいんですけどね。)


で、その中で天海さんがパリ市内の案内を受けている時のお話し。

ナポレオン3世が大々的にパリを改造する前は、パリは不衛生極まりない都市だったのだそうです。(他の都市も似たようなものかもしれませんが。)

住居にはトイレが無く、排泄物は窓から捨ててたんですって・・・・。アパートの中庭は糞尿の捨て場として使われ、ひどい時には5階の高さまで糞尿が溜まっていたんだそうです。  



ぎょえーーーーーーーーーーーーーっ。
怖いよう、怖いよう、怖いよう・・。


と、ということは、1~4階の人が窓を開けると、窓の外はウ○チの山だったってことですか? きっとすっごくすっごく臭いですよね。 想像しただけで死にそうに気分が悪くなってきました・・。そんなところじゃワインの香りなんてあったもんじゃありませんね。


あー、現代に生まれてよかった~~。

それにしても、2千年前に上下水道完備だったローマ帝国はすごいですね!!



で、散々臭い話しをした後になんですが・・・・。

久々にこのワインが再入荷しました、カトリーヌ・エ・ピエール・ブルトン/ヴーヴレー・ラ・ディレタント・ムスティアン。先日試飲会で飲んで、やっぱり美味しいなぁと仕入れてみました。春の訪れ予感が高まるこの季節、なんかピッタリな感じがします。

上の話しを読んでクサイ臭いを想像してしまった脳を、このワインのフルーティでチャーミングなシュナン・ブランのステキな香りを思い出してファブリーズしてあげてください。






スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)