結構楽しかったかも

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ


定休日の昨日は雨の関東地方でした。でも、午後から変に暑くなったんですよね。出掛けた先で、ずっとダウンのロングコートを持ち歩く羽目になってウザかったです。 

さて、どこに出掛けたのかと言うと、またまた試飲会でした。 昨日は私が前に働いていた小さなインポーターの試飲会だったのですが、人が足りずにでひどくテンテコ舞いな様子だったので、ちょうど他に用事もなかったし、ちょっと手伝ってきちゃいました。

基本空瓶片付けて、ワイン注いでただけでしたが結構面白かったです。自分ってこういう仕事嫌いじゃないんだなぁって思ったりして。



さて今週は、四大陸選手権がありますねー。 
今年は開催地が、アメリカのコロラドスプリングス。コロラドスプリングスの標高は1,800mなんですよ。 他競技では心肺能力を高めるための高地合宿も行なわれる場所みたいで、ずい分酸素が薄いらしいです。試合ではキス&クライには酸素ボンベが置いてあるのだとか・・・・。

ちなみに、高橋君のライバル、パトリック・チャン選手はこのコロラドスプリングスが練習拠点の一つです。

厳しい戦いになりそうですが、みんな力を出せるといいですね!!健闘を祈ってます!



週末試飲120205_1

さて、日曜日にUPまでいたらなかった右端のワインをご紹介します!!

モナルディエール・ヴォークリューズ 10 赤 (右奥)

産地:フランス/ラングドック
品種:グルナッシュ80%、シラー20% 有機栽培


モナルディエールはヴァケラスに本拠地を置く、ローヌでは定評のある生産者。高級レストラン御用達の生産者らしい整った王道ローヌワインのスタイルです!


濃い不透明な紫色。
カシス、プルーン、プラム、ダークチェリー、スミレの花、リコリス、スパイス、コーヒーなどの果実味豊かで濃厚な香り。
口に含むと、噛み応えのあるタンニンと共に、濃密な果実味が口に広がります。
カシス、プルーン、プラム、ダークチェリーなどのボリュームがありつつも活き活きした果実味。酸味はフレッシュで中程度。噛み応えのあるような若々しいタンニンが存在感を放っています。しかし、決してギシギシするような悪いタンニンではありません。ミネラルも感じられ、肉厚な味わいを、クールなフィニッシュへと導きます。余韻はドライですっきり。

モナルディエール・ヴォークリューズ、2010年は力強いですね!! 

肉厚な果実味ですが、フレッシュな酸味とミネラルのお陰で余韻はスッキリ!

今日はがっつり赤ワインを飲むぞ!という日にはオススメです!

マリアージュ: 焼肉、ステーキ、BBQ、ラムの香草焼き、ラムのクスクス、お好み焼き、もんじゃ焼き、ピザ、鶏の唐揚げ、とんかつ

詳しくはコチラから!



って書いてたら大きな地震が佐渡であったみたいです・・・。被害などありませんように。







スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)