今週の店頭試飲: ル・マス・ダガリ・ル・グラン・カレ 10 白 と ル・マス・ダガリ・キュヴェ・ヨ・ノ・プエド・マス 09 赤

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ



*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*



皆さん、昨日の皆既月食はご覧になりましたか? 

すっごい幻想的でキレイでしたね~~。

月食


こちら千葉では、雲のひとつ無い澄んだ夜空でしたので、本当によく見えました。オレンジがかった黒色に月の色が変わっていって、まるでアートのようでした。夜中に近いというのに、何度も外に見に行ってしまいました。


見逃した方はこちらをどうぞ。

「月食」 赤く染まった神秘の月 写真特集
http://www.jiji.com/jc/d4?p=lec211&d=d4_museum





本日からの店頭試飲ワインはこちらです!すごく評判良いですよ~!


週末試飲111211_1

実は、このワインが出されたインポーターさんの試飲会には、世界ソムリエコンクールで優勝したという世界一ソムリエのジェラール・バッセ氏がいらしていたのですが、このル・マス・ダガリのワインを非常に高く評価していらっしゃったそうですよ!!

ル・マス・ダガリは、レオン・バラルを始め素晴らしい自然派生産者さんたちの下で修行を積んだラングドックの若き生産者リオネル・モレルのドメーヌです。


ル・マス・ダガリ・ル・グラン・カレ 10 白 (左)

産地:フランス/ラングドック
品種:ロール40%、シュナン40%、クレレット20% 有機栽培

ル・マス・ダガリ初の白ワイン!!

ワイン名「ル・グラン・カレ」は区画名で、リオネルの祖父が最も大切にしていた区画なんだそうです!

一時、彼の父の代に、当時の流行だったシャルドネやソーヴィニヨンなどのメジャー品種に植え替えられましたが、2007年に彼がそれらを一掃!!!

メジャー品種に代わり、ロール(ヴェルメンティーノ)、シュナン、クレレットの土着の品種に植樹し直した!(シュナンって南仏でも昔から育てられてるのかしら?)

収穫日は8月27日。そして収量はなんと《10hl》!!!酸化防止剤無添加で造られました。

しっかりめのレモンイエロー。
熟したレモン、パイナップル、洋梨、バナナ、ハーブ、ミネラルなどの良く熟した果実の力強い香り。
口に含むと、豊かなミネラルを持った南仏らしい果実味が広がります。
熟したレモン、パイナップル、洋梨、リンゴ、微かにバナナなどのフレッシュな果実味。活き活きとした酸味は豊かでフレッシュ。ミネラルと豊かな酸味が骨格を造り、豊かな果実味をすっきりとまとめています。
まったくの辛口ですが、砂糖漬けの果物のようなクリスタルな味わいがあります。雑味なく非常にキレイな仕上がり。余韻はすっきりとドライ。

程よくパワフル、程よくトロピカル! 

これで酸化防止剤無添加とは思えない非常にキレイに造られたワインです!

ちょっとニースの海辺でワインを飲んでる気分になります!そんな潮風の似合うワインです!

(季節外れ、かつ ニースにも行ったことないけどー!!

マリアージュ: 生牡蠣、蛸のカルパッチョ、魚介のフリット、カプレーゼ、タブレ、ペスカトーレ、ムール貝のワイン蒸し、生春巻き、香菜のサラダ

詳しくはコチラから!




ル・マス・ダガリ・キュヴェ・ヨ・ノ・プエド・マス 09 赤 (右)

産地:フランス/ルーション
品種:カリニャン50%、シラー40%、ムールヴェードル10%有機栽培

今週もカリニャン主体!!

カリニャン、ブームなのかしら???

「ヨ・ノ・プエド・マス」はオック語で「これ以上できない!」という意味で、VdF(テーブルワイン)に格下された事を皮肉って付けた名前だそうです。

収穫日は8月21日~9月10日。収量は27hl!酸化防止剤無添加で造られました。

面白いのは、ピーチネクターや杏のような香りと味わいがあること。普通赤ワインって、チェリーやベリーなどの赤や青紫色の果実じゃないですか。桃や杏は白ワインには良く出てきますけど、赤ワインにって珍しいと思います!!

軽く濁った濃い赤紫。
ブドウ、プルーン、ドライプルーン、ダークチェリー、ピーチネクター、杏、カカオ、コーヒー、甘いリキュール、ミネラルなどのリッチで官能的な香り。
口に含むと、素晴らしくスパイシーでリッチな果実味が広がります。
ダークチェリー、プルーン、桃、杏などの凝縮感溢れる果実味。酸味はフレッシュでよくバランスがとれています。豊かなタンニンは若々しくはありますが、滑らかで上質。たくさんのスパイシーな味わいがあり、口の中で様々なスパイスが踊っているようです!
さらにそれらを、豊かなミネラルがクールダウンし、支えています。余韻は長く力強い。ミネラルが残ります。

楽しくなるほど美味しくスパイシーでエキゾチック!  

しかし同時に、しっかりと非常に「上質さ」を感じるクラッシーな構成を持ったワイン!やはりどこかレオン・バラル的な精巧さを感じます。

いや、お見事です!さらにこのお値段とは!!!

マリアージュ: カスレ、スペアリブ、ステーキ、ラムの香草焼き、ラムのクスクス、酢豚、煮豚、牛肉のワイン煮込み、鴨のグリル


詳しくはコチラから!





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)