FC2ブログ

今週の店頭試飲: カール・シェーファー・ヴァッヘンハイマー・ゲルンペル 09 白 と シャトー・ラ・バロンヌ・ヴィニフィエ・パ・ブルーノ・デュシェン・コルビエール・ル・ノワール・キューブ 10 赤

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ
 


ナチュラルで美味しいヌーヴォーご予約承り中です!!

201109 beaujolais nouveau small

 皆さんのご予約お待ちしております!
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
まだ間に合います!!予約完売したアイテムもありますので、お早めに~~!!




*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*



ヌーヴォー明けたら自然派ワインのイベントが続きます!!

行ける方うらやましいです・・・・。

うちはこのお店を私一人でやっているので、絶対土曜日とか日曜日に出掛けられないんですよ・・・。クスンクスン。

是非是非行って、生産者さんたちに会ってきてください!!


まずは、ヴィナイオータさん主催のイベント

ヴィナイオッティマーナ2011
(11/26 京都、11/27 大阪 11/29 仙台 12/2 鎌倉 12/3 東京)

vinaiottimana

15人もの生産者さんが来日されるそうですよ!!ラ・ビアンカーラのちょっとスティング似のアンジョリーノ・マウレさん  や、あのイケメン生産者ダニエーレ・ピッチニンくん  にも会えるんですよ~~。

行ける方、本当にうらやましい~。

詳しくはコチラから!



それから、Festivinも!これから秋の恒例イベントになるのかな?

11/27(日) 11:00-15:00 / 16:00 - 20:00

festivin


200種類  の自然派ワインが飲めるそうですよ~!!!

詳しくはこちらから!!




そしてウチのお店で今週試飲できるのはこちらのワインです!!

週末試飲1111013_1


カール・シェーファー・ヴァッヘンハイマー・ゲルンペル 09 白 (左)

産地:ドイツ/ファルツ 
品種:リースリング 100% 有機栽培

私、今後ドイツが来るんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか?

ドイツ最南産地ファルツはライン河を挟んでアルザスとほぼ向かい合っている産地です。

だから、フランスワインを飲み慣れた私たちにも入りやすいバランス感なのかもしれません。

設立は1843年という歴史の古い生産者ヴァイングード・カール・シェーファー。現在は有機栽培を実践しており、2010年より認証が有効になります。

ゲルンペルと呼ばれる評価の高い畑の樹齢40年のブドウ。ステンレススティールタンクで30日間かけて醸造。生産量はわずか2000本!

輝きのある明るいレモンイエロー。
レモン、リンゴ、桃、ミネラル、ハーブ、白い花、石油、微かにスパイスなどの非常に活き活きとした香り。
口に含むと結構な量のガスがあり、香りと同様に活き活きとした果実味が広がります。
レモン、リンゴ、桃などのjほぼ残糖のないフレッシュな果実味。酸味は非常に豊かでガスと共にワインに弾けるような活力を与えています。ミネラル、レモンの皮ような苦味など。余韻はドライで酸味が残ります。

非常に元気いっぱいの弾けるリースリングです!!

どんなお料理ともマッチするクセのない味わい。ラベルもカワイイです。

マリアージュ: グリーンサラダ、生春巻き、香菜のサラダ、シンプルな鶏の塩味のソテー、トマトのパスタ

詳しくはコチラから!!



シャトー・ラ・バロンヌ・ヴィニフィエ・パ・ブルーノ・デュシェン・コルビエール・ル・ノワール・キューブ 10 赤 (右)

産地:フランス/ルーション
品種:カリニャン100% 有機栽培

名前長っ!!

店頭試飲していただいたお客様100%「美味しい!」っておっしゃいます。皆さん、さすがですねー!!

今やルーションの伝説的醸造家とも言えるブルーノ・デュシェン。彼のワインを広く皆さんに知っていただきたいというインポーター兼友人の新井順子さんの思いから生まれたプロジェクト。

ラングドックの有機栽培の生産者シャトー・ラ・バロンヌの樹齢50年のカリニャンを使って、ブルーノ・デュシェンが栽培・醸造責任者として造ったワインです。

カリニャンはラングドック・ルーションの土着の品種でありながら近年栽培面積をものすごいスピードで減らしていってる品種です。

でも、最近はそんなかわいそうな土着品種カリニャンを大事にして素晴らしいワインを造る生産者が増えてきました。

結構ブームかもしれません。

弊店でも現在人気のラ・ソルガ・コルビエール09はカリニャン主体のワインですね。

1960年に植えられた樹齢50年のカリニャンをステンレススティールタンクで醸造しました。収穫は9月29日。生産量はわずか312本です!!!(タンクのものとと樽を使ったもののブレンドキュヴェが別にありますが。)

濃い不透明な紫色。
ブドウ、プラム、ダークチェリー、プルーン、酵母、スパイス、赤い花などの非常にナチュラルでフルーティな香り。
口に含むとスパイシーで旨みタップリの果実味が広がります。少しガスがあります。
ブドウ、プラム、ダークチェリーなどのナチュラルでドライな果実味。酸味はしっかりと存在感あります。タンニンも豊かですがとても滑らかで口当たり良い。ナチュラルな旨みがたっぷりで、ワインに優しいニュアンスを与えています。ちょっとエキゾチックなスパイスの風味が魅力。余韻はナチュラルで、スパイスとミネラルが残ります。

美 味 し い !! 

カリニャンならではの垢抜けなさ(笑)をそこはかとなく残しつつ、非常に優しくピュアに造っています。

実は2009年から造っているんですが、2009はちょっとヘビーかなと思ったのだけれど、2010はバランス的にも若いうちから楽しめて素晴らしいと思います。

本当にこの値段でいいんですか???


マリアージュ: ラムのクスクス、ラタトゥイユ、ナスとトマトのパスタ、バーニャカウダ、キャベツとアンチョビのパスタ、豚ばら肉の炭火焼

詳しくはコチラから!!





スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)