お知らせとお詫び: ボワ・ルカ・VdT ブランプリムール2011の発売中止につきまして

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ
 



ナチュラルで美味しいヌーヴォーご予約承り中です!!

201109 beaujolais nouveau small

 皆さんのご予約お待ちしております!




本日、掲題の件につきましてインポーターさんから連絡がありました。


新井順子さんのドメーヌ・ボワ・ルカからリリース予定だったブラン・プリムール2011が発売中止になりました。ご予約いただいた皆さま、ご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ございません。

ボトリングを終え出荷の準備をすすめていましたが、予想以上に瓶内圧が上がっている様子が見受けられたため、輸送及びフランスより気温の高い日本へ出荷するのは安全でないという判断をされたようです。

新井さんよりのお詫びの言葉です。

********************************
 
11/2に瓶詰めを無事終え、11/3にラベル張り、11/4に出荷の段取りで進んでおりましたが、何本かのワインが吹いてしまいました。
去年より発酵速度が遅く、発酵は完全に終わっていない状態でした。
ペティヤン位の判断でしたが、予想以上にBois Lucasの酵母菌が強く普通のペティヤンの感覚と全く違います。
なのでフランスより温度の高い日本への輸出は急きょ取りやめる決定を致しました。本当に申し訳なく思います。
醸造家として恥ずべきことである事は重々承知しておりますが、総合的に食品の安全を考えての判断です。
でも今も出荷したい気持ちで実は山々です。取り急ぎお詫びまで

***********************************

弊店でも既にご予約で完売しておりました。

ご予約いただいたお客様には、心からお詫びを申し上げます。また後程メールにて個別にご連絡を差し上げます。ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんでした。



と、お詫びを述べたのと同じ口で言うのも心引けますが、自然に造ってるワインなんだからこういうこともありますよね。仕方ないです。

醗酵を早めたければ醗酵温度を調整して培養酵母を添加することだってできますし(多分。間違ってたらごめんね)、瓶内での醗酵を抑えたければ酸化防止剤こと二酸化硫黄を添加して酵母を殺すこともできます。

でも、敢えてそんなことをせずに自然にワインを造る!と自らハードルを上げて自然なワイン造りに取り組んでいらっしゃるのですから。

カミッロの時も思いましたが、こちちはそういう自然なワインが大好きで飲んでいるんだから、飲む側も自然なワイン造りのリスクを理解して、「まぁ、こんなこともあるよねー。」くらいの気持ちでいる必要があるかなと思います。


でも、17日にボワ・ルカのプリムールを飲むのを心待ちにしていらっしゃったお客様。本当に本当に申し訳ありませんでした!! みんなで来年を楽しみにしましょうねーー!!



さきほどインポーターの方とお話ししたのですが、こういう「出来立てホヤホヤの白ワイン!」ってスタイルはとても人気あるのですから、今後は解禁日にこだわらずリリースされたらいいんじゃないでしょうかねぇ。どう思います? (去年もトラブルあったし・・・)




さて、これからご予約いただいたお客さまに連絡しないと~~!!!





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)