今週の店頭試飲: ジュリアン・メイエー・クレマン・ダルザス NV 白泡 と シャトー・デュ・シャン・デ・トレイユ・グラン・ヴァン・ルージュ07 赤

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ




*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*



今日はお知らせです。

7月にこんなに素晴らしいイベントがあるそうです!!


*************************************

『WINE for CHARITY』
http://www.vinnaturedumonde.com/info.html
ツイッター →@wine4charity

日時  :7月10日(日) 11:00~17:00
場所  :工学院大学 新宿キャンパス
入場料  :3,500円

東日本大震災を受け、海外のワイン生産者から「日本のために何かしたい!」という声が多数寄せられています。

『生産者たちのまっすぐな気持ちをカタチにしたい!』

その第一弾として、日本支援のために生産者から寄せられる自然派のワインを一堂に集め、チャリティー・パーティを開催します。
入場料、食事、有料ワインコーナーの費用は、義援金として、しかるべき団体に寄付いたします。
会場となる工学院大学(東京・新宿)は、大学側のご厚意で無料提供され、料理はレストランのシェフ有志がヴォランタリーで参加します。

私たちは、この想いを、東北に、日本に、世界に、つないでいきます。


*************************************

しゅばらしいーーー!! 

グルナッシュで取り扱っているワインの輸入会社さんも沢山参加されます。ご都合がよろしければ是非!!

私も行きたいよーん・・・・・。 



父の日ということで、今日は早く帰らなくちゃだわ!なので、早速本題に入ります!!




週末試飲1106019_1

 
ジュリアン・メイエー・クレマン・ダルザス NV 白泡 (左)

産地:フランス/アルザス
品種:ピノ・ブラン主体 ビオディナミ

ちょっと先週はジトジトと肌寒さが残りましたが、これからはスパークリングの季節!!

アルザスのビオディナミスト、ジュリアン・メイエーの造る本格派スパークリングです。泡がキレイ!!

ラベルもゴージャスでスマートなので、プレゼントにもピッタリですね。お値段も嬉しい感じですよーん。

元々こだわりのヴィンテージ入りの長期熟成のスパークリングのみを造っていたパトリック・メイエー。良い年にしか造らない上、長期熟成。お客様達から、もっとという要望があまりに多いので造り始めたのが、このノンヴィンテージのクレマンです。但し、このクレマンも毎年は造らないそうですが!!

シャンパーニュ製法で造られ、一切ドサージュをしていません。

明るいレモンイエロー。泡はきめ細かく、量は中程度。
リンゴ、リンゴの蜜、レモン、ハチミツ、イースト、ハーブ、微かにマーマレードなどのリッチな香り。
口に含むと柔らかくきめの細かい泡と共に、ミネラリーでドライな味わいが広がります。
レモン、リンゴなどの爽やかで辛口な果実味。キレの良い酸味も豊かに含まれ、ミネラルが骨格を造っています。
すっきりとした構成ですが、旨みやハチミツ、スパイスなどもしっかりと感じられ力強い一面もあります。余韻はドライで爽やか。

爽やかでドライなスパークリング!!

でもすごく繊細なブラン・ド・ブランのようなスパークというよりは、力強さのアピールもある味わい。また、自然派の微発泡系ではなく、シャンパーニュ製法らしい本格派なスタイルです!!

結論は、「美味しい!」です!!  

マリアージュ: 手巻き寿司、お刺身、天ぷら、牡蠣のオーブンン焼き、チーズフォンデュ、白身魚のバターソテー、生ハム&マンゴー、サーモンのマリネ

詳しくはコチラから!!




シャトー・デュ・シャン・デ・トレイユ・グラン・ヴァン・ルージュ07 赤 (右)

産地:フランス/ボルドー(サント・フォワ・ボルドー)
品種:メルロー60%、カベルネ・フラン30% 他 有機栽培

ワインに関しては、昨日は長々とミーハーなことを書いてしまったので、生産者さんの言葉をご紹介します。

彼らのHPには、こんなことが書いてありました。

「私たちは、テロワールを見たり、聞いたりすることはできません。感じるしかないのです!
私たちにとって、最も重要なことは、土壌の構成ではなく、ワインにそれがどうやって現れるかなのです。」

また、時間を掛けて畑やブドウと対話していくことが大切というようなことも書いてありました。自然を大切にしている生産者らしいコメントですね。

美しい赤紫。
樽、プルーン、チェリー、リコリス、タバコ、スパイスなどの深みのる香り。
口に含むと、品の良い構成のボルドーらしい味わいが広がります。
チェリー、プルーン、プラム、イチジクなどの果実味。酸味は柔らかくバランス良い。
タンニンも滑らかですが、余韻にかけて主張が強くなってきます。樽のニュアンスがあり、スパイスやタバコ、さらに微かにミネラルも感じられます。全体的にクラッシーな構成を持ち、要素が調和しています。余韻は雑味なく、タンニンとミネラルが残ります。

品の良いボルドー! 

ジューシーすぎず、アグレッシブすぎず、でもボルドーらしさの主張があり、全てがハーモニアスで、非常に上手い造りだと思います!!


マリアージュ: ステーキ、牛肉のワイン煮込み、豚肉のプラムソース、 筑前煮、ウナギの蒲焼、牛肉のアスパラ巻き

詳しくはコチラから!!






スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)