FC2ブログ

2011.6.11 一品持ち寄りワイン会@グルナッシュ その2

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ


朝おウチでパソコンしてて、「さー、そろそろお店に行こう」と思ってパソコン落とそうと思ったら、終了するのボタンが「アップデートをインストールして終了する(みたいな)」になってて、ちょっと嫌な予感があったけど、昨日お店のデスクトップが同じ状態でアップデートが4個で割りとすぐに終わったからまっいっかとインストールして終了すると選んだら、こっちはアップデートが15種類!!もあって20分くらいかかったんです・・・・。 お陰で遅刻したし・・・。

あれって「アップデートが○○個ありますが、今インストールしますか?」って聞いてくれればいいのに~っていつも思う。さらに言えば、何分くらいかかりますって教えてくれればいいのに!!




さて、前回の続きのワイン会のレポ。

こちらがお持ち寄りいただいたおつまみの数々!!美味しそうでしょーーーー!!  

110611 Wine Party 05

110611 Wine Party 06

パンもグリッシーニも手作りですよ!どれもみんな本当に美味しかったです!!
ありがとうございました~~!!超幸せ! 


さて、ワインの方を簡単に。(えっ 

チャリティワインのフィリップ・バリヴェ・ビュジェイ・セルドンは、とっても爽やかでチャーミング!本当に絶妙に程良い甘みで、非常にクリアな透き通るようなビュジェイ・セルドンでした。日の長いこの季節の夕方に飲むにはピッタリ!

パパ・プロヴァンサル・ラ・キュヴェ・プロヴァンサル・ミュスカ・セック10 はコスパ抜群、なかなか良かったですよ!仕入れようっと!ミュスカらしい甘い香りとすっきりとした辛口な味わい。品種飲み比べにもピッタリでした。

ヴァンサン・トリコ・エスカルゴ 09。とってあった最後の1本。微かに濁った外観。私的には、強いて言うならシャルドネはリンゴの要素が強いと思うのですが、そんなリンゴ風味、そしてこのワインの場合はすりおろしたリンゴのような素朴な風味が生きていました。 (もうちょっと寝かせてから飲めばよかったかなぁ。)

一方、レモンやグレープフルーツの柑橘系風味がより強くなるのがソーヴィニヨン・ブランです。
大好きなヴァンサン・ゴードリー・サンセール・ラ・トゥルヌブリッド08は、この日も輝いておりました~!!だってソーヴィニヨン・ブランかくあるべしっていうワインなんだもん! 柑橘系の香りプラス、刈りたての芝生のような、いや草原を渡る風のような爽やかなグリーンな香りがしますね!って言ったのですが、皆さんちょっと?な感じだったかも。


白のトリは、ラ・グランド・コリーヌ・ヴィオニエ10。 一番 人気でございました~!! 「これ欲しい!」という方がたくさんいらっしゃいましたが、少量入荷でもう無いのです・・・・。
ヴィオニエらしいとからしくない以前に、そんなことどーでもいいから、とにかく美味しいってワインです!!ピュアでナチュラルなのはご存知の通りですが、何気にバランス良いんですよね。シャルドネの入荷をお楽しみに!



赤は次回に続く~~。




スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)