ペットのこと

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ



今日は、飲料水から放射性物質が見つかったというニュースがありました。ちょっと心配ですが、少なくとも大人には問題ないようですね。とにかく、不必要に不安になることはないと思います。

東大病院放射線治療チームのツイッター
 <医師の他、原子力工学、理論物理、医学物理の専門家がスクラムを組んで、今回の原発事故に関して正しい医学的知識を提供していきます。>とのこと。

全国の放射能濃度一覧のページ
全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能のグラフが随時更新されます。


そういえば、だいぶ改善されましたが、震災後最初の頃は、マイクロシーベルトなどの数値を使う時に、per hour (毎時)なのかそうじゃないのかがすごく曖昧で非常に気になりました。

レントゲン1回の被曝量と毎時の数値を比べて、レントゲン1回より少ないから大丈夫!みたいに盛んに言っていて、正直引きました。正確な情報を正確に伝えて欲しいです。




さて、今日はウチの猫、ティロについて、っていうかペットについて。

今回の地震はウチのティロちゃんもよほど怖かったらしく、地震の後は1日くらいずっとほふく前進して歩いてました。 その後も、地震があるとコタツに駆け込み(コタツが避難所らしい)、私がウチに居る時は、大体ずっと私の傍にいるという生活が続いています。料理している時も、寒いからコタツの中にいればいいのに、キッチンの脇のカウンターの上に座っています。ネコ的PTSDですね。 

今回の震災がきっかけにペットのことを考えました。もし私が避難することになったらペットはどうするか?

家が残っている限り私は家にティロと残り、旦那様には避難所に行ってもらって時折食料を運んでもらうとか・・・。避難命令が出ている中でそんなことしてたら迷惑かなぁ。

もちろん人命が第一というのは判っていますが、今まで可愛いペット達からどんなに幸せをもらったかを思うと絶対に見捨てることはできないと思います。

でも、今回の震災では、多分私と同じ様な思いでいらっしゃったであろう多くの飼い主の方々が、現実としてペットとはぐれてしまったり、まさに断腸の思いで愛するペットを置いて避難せざるをえなかったりという状況に追い込まれてしまいました。   その心的ストレスはいかほどかと思います。


現在 動物愛好家の方達が色々活動してくださっているようです。ありがたいです。

例えば

東北地方太平洋沖地震動物救援活動(事務局:財団法人日本動物愛護協会)
http://www.jpc.or.jp/saigai/index.html

残念ながらウチは昼間人がいないので、一時預かりはできません。ごめんなさい。少しだけれど、明日寄付をしようかと思います。(動物愛護協会だから多分大丈夫だと思うんですけど。)


ペット達の家族への愛、忠誠心ってハンパないです。少しでも多くのペット達が、大好きな家族の下に戻れるよう祈っています。  






スポンサーサイト

Comment

No title
>えむたん さま

こんにちは!コメントありがとうございます。

>毛皮族の皆さんの不安たるや如何ばかりかと...

そうですよね。。
現地で保健所に保護されたペットたちも沢山いるようです。(災害時にはペットを処理することはないそうです。)一旦切れてしまった家族とペットの絆が、再びなと思います。

>総統閣下がご立腹になるのもよぉわかりますな(^^;

あら、私ったら総統閣下と気が合う~~!!っていうか、誰でもそう思いますよね。

この動画ってパロディの定番みたいですよね。
一昨年(?)Oasisがとうとう解散した時にも、総統閣下そうとう怒ってらっしゃいました。

(つまんないこと言ってごめんなさいですが、今日は本当なら男子フリーの日でした。地震のバカバカ。)
No title
そぉねぇ...
何が起きてるか一応わかっている人間様でさえ怖いんだもの
毛皮族の皆さんの不安たるや如何ばかりかと...

ほんと普段お目にかからない訳の解からん単位は出てくるし...
総統閣下がご立腹になるのもよぉわかりますな(^^;
http://www.ゆーちゅーぶ.com/watch?v=2khteQyUVqQ&feature=related
(ゆーちゅーぶ⇒youtube)
※知的財産権やら政治的に問題有りの動画なんで、やばかったらこのコメ削除願います
  • 2011/03/24 18:10
  • えむたん
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)