FC2ブログ

今週の店頭試飲:

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ


ネットショップで4周年記念キャンペーンをやっておりますので、よろしかったらご利用くださいませ。  

↓クリック
1012 4th anniversary_small



*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


今週はコレを聞いております。

chemical brothers come with us

The Chemical Brothers: Come With Us 

多分Star Guitarとかが有名なアルバム。どれもノリノリ(← 死語?)で、じ、じ、じっとしているのがツライです。



コレ↑↑↑ とかねー。やばいよねー。 あと、コレとかねー。

でも、今年出たアルバム買ってないし・・・。早く買わないとっ!!




今週の試飲ワインはこちらです!!

スキップして、バック転して、さらにトリプルアクセル跳んじゃうくらい旨い  ワインだよん!!


週末試飲101219_1


ガングランジェ・アルザス・リースリング 09 白 (左)

産地:フランス/アルザス
品種:リースリング100% ビオディナミ

ガングランジェのリースリング09が到着しました!!

今年のアルザス・リースリングには、どこか風格さえも感じる出来栄え!!
とってもミネラリーで飲み応えある1本です。


輝きのある微かに緑がかったレモンイエロー。
リンゴ、レモン、オレンジ、白い花、ミネラル、白コショウ、スパイス、微かにオークを感じる豊かな香り。
口に含むとキリッとした酸味を持った凝縮感の高いしっかりとした果実味が広がります。
レモン、グレープフルーツ、リンゴなどの活き活きとした果実味。
キリッとした豊かな酸味と豊かなミネラルが骨格を成しています。凝縮感も高く、力強さを感じる果実味。それを引き立てる酸味のバランスも良いですね。
若々しい味わいですが、リースリングらしさもしっかりと出ています。シャープな酸味の活きるドライなアタックから、微かに甘みを感じるボリュームの余韻へと変化していきます。微かに苦味。余韻は雑味なく力強い。

さすがリースリング大賞受賞のワインですね!!(このヴィンテージじゃないけど)

09ならではの凝縮感!ミネラル!構成!非常に力強く、ボリューム溢れる味わい。

ACアルザス・リースリングとしては文句無い出来栄えだと思います!!それでこの価格は嬉しい!!  

ガングランジェ、洗練されてきた?!

マリアージュ: 天ぷら、アサリの酒蒸し、お刺身、キッシュロレーヌ、イカの中華風炒め、白身魚のバターソテー、ポトフ

詳しくはコチラから!!




フォール・マネル・シードル・ブリュット・パー・ナチュール 09 白泡 (右) 
産地:フランス/ノルマンディ
品種:リンゴ100% 有機栽培


皆さん、今年も

★例のヤツ★

あのシードルが入ってきました!!フォール・マネルのシードルは、根強いファンは多いんですよ!!まぁ、私もその一人なんですよねーーー!!

インポーターさんでの試飲会でも、「すごい!これチーズの味があする!!」と皆で盛り上がりました。

不思議ですけど、チーズの味がします。(笑) チーズの旨みといったほうが正確かな。

チーズの名産地(カマンベール村やリヴァロ村の近く)で造られるワインだから、チーズとの相性が抜群なのは重々承知しているのですが、それでもすごいです。

絶対チーズが食べたくなりますよ!!!

ちょっと田舎臭いのダメと言う方には合わないかもしれませんが、私的にはトリプルアクセル級、いやクワドフリップ級の美味しいさです!!

濁った濃い黄色。発泡はあまり強くありません。
リンゴ、リンゴジャム、リンゴの皮、杏ジャム、白い花、ベッコウ飴、酵母などのナチュラルで豊かな香り。
口に含むと濃厚な旨みを持ったリンゴの味わいが広がります。
泡は控え目、微発泡。
リンゴ、リンゴジャム、リンゴの皮、杏などの微かに甘みの残るナチュラルな果実味。柔らかい酸味は程良い。凝縮感が非常に高く、見た目にもトロっとしているのが判ります。
まるでチーズを口に含んでいるような爆発的な旨み感が最大の魅力。シードルとしては、驚くほどに濃い味わいです。余韻はナチュラルでスッキリ。

この 『 旨 み 』 が、とにかくすごいです!!ありえない位すごいかも~~。  

こんなシードル、他に絶対無いです!!絶対お見逃し無く!!

マリアージュ: チーズ(リヴァロ、カマンベール、マンステール、ブリー)、そば粉のガレット、ポトフ、鶏のシードル煮込み、カマンベールのフライ

詳しくはコチラから!!






スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)