今週の店頭試飲: クロ・デュ・テュ=ブッフ・ル・プティ・ブラン・デュ・テュ=ブッフ 08 白 と アンドレア・カレク・ル・プティ・シャポトン・ルージュ 08 赤

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ



*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


ボジョレー・ヌーヴォーのコメントをブログに書くとか言ってたような気もするけど、とりあえず今日は 忘 れ た ことにしようっと。 


フィギュアスケート前半戦もいよいよ佳境に入ってまいりました。一昨日は、あのパトリック・チャン選手が、いきなり超ふぁびゅらすな4回転-3回転のコンビネーションを跳んで、私 マジに腰を抜かしました。 

12月に行なわれるグランプリファイナルでの高橋選手とのガチンコ対決が楽しみです。まー、最終目標は3月の世界選手権なので、どこまでガチンコモードになるかはわかりませんが、とにかく楽しみです。 
 
高橋選手といえば、最近すっかり有名になっちゃって、「高橋選手を応援してます」というのもミーハーっぽくって恥ずかしいような状況です。

彼って、髪型をしょっちゅう変えるんですよね。(それも結構奇抜な、いや印象的な髪型。 ) 試合でも、演技に合わせて髪型を変えてくるんですよねー。髪型も彼の大切な自己表現なんでしょうね。


人の目を引く髪型な人って、やはり 何か表現したい、主張したいという強い自己表現欲があるってことがあるんだと思います。


では、こんな髪型の、生産者さんはいかがですか?



ステキー!!

私は、ご存知のようにロックファンなので、こんな髪型の人は大好物です。欲を言えば、ピアスくらいしてるともっとカッコいいのに~っていうくらい。  (きっと、反対の耳にしてるんだわ~!!)


実は、この方 本日からご紹介しているワインの造り手さん、アンドレア・カレク氏のようです。

インポーターさんにいただいた情報が、とっても普通でつまらなかったので(  )ネットで検索したらこんな動画が出てきたというわけ。

こんな風に自己主張のある方は、絶対ワインにもこだわりがあって、面白い仕事してそうですよね!! 

私的には、一気に好感度UPです!!


(と言いつつ、私なんて 何十年も何の変哲もない髪型だったりしちゃうので、高橋選手やカレク氏のような方々からするとツマンナイ人間なんでしょうね。死ぬまでに一回、 金髪にしてみたいという気持ちはあるんですけどなー!



ということで、今週の店頭試飲ワインはコチラです!!

週末試飲101121_1


クロ・デュ・テュ=ブッフ・ル・プティ・ブラン・デュ・テュ=ブッフ 08 白 (左)
産地:フランス/ロワール
品種:ソーヴィニヨン・ブラン100% 有機栽培

今年のル・プティ・ブラン・デュ・テュ=ブッフ (名前が長い!)は、ソーヴィニヨン・ブラン100%になりました。今までは、ムニュ・ピノというロワール特有の品種と50/50だったんですけど、どんな味わいになってるかな~。

印象は、「おー!」とか「ひゃー!」とかそういう特別なインパクトみたいなのは無いかもしれませんが、どんな時も安心して美味しく飲める爽やかなソーヴィニヨン・ブラーン♪ って感じです!!

ご存知の通り クロ・デュ・テュ=ブッフは、ティエリー・ピュズラがお兄様と営むドメーヌです。

薄いレモンイエロー。
レモン、グレープフルーツ、青リンゴ、ハチミツ、白い花、スパイス、ハーブなどの爽やかな香り。
口に含むと活き活きとした果実味が広がります。
レモン、グレープフルーツなどの柑橘系の果実味。酸味は豊かでフレッシュ。ハチミツやスパイス、海草のニュアンスもあります。
非常にピュアで雑味のない、フレッシュな味わい。果実味も十分にあり、ミネラルも感じるバランスの良い構成。微かに苦味。余韻は爽やかで酸味が残ります。

ソーヴィニヨン・ブラン好きの方!是非 デイリーワインにどうぞ!クセも無く、とてもニュートラルでピュアなハチミツレモン系の味わいです。

マリアージュ: 寄せ鍋、生牡蠣、白身魚のカルパッチョ、舌平目のムニエル、チキンの白ワイン煮

詳しくはコチラから!




アンドレア・カレク・ル・プティ・シャポトン・ルージュ 08 赤 (右)
産地:フランス/ローヌ
品種:カリニャン80% グルナッシュ20% 有機栽培

上の写真の右の赤いラベル。皆さん、何の絵に見えますか?

私ったらすっかり「馬」だと思い込んでいたのですが、お客様が「馬じゃなくて、狐か狼じゃないですか?爪も生えてるし」と。確かに、そっちが正しい気がします。

ヴィヌメンティスのヤン・ロエル氏が、彼は他の自然派生産者のコンサルタントとしても活躍されていたのですが、残念ながら体調不良のためヴィヌメンティスをたたんでしまいました。

このワインは、そのヴィヌメンティスでヤン・ロエルと一緒に働いていたアンドレア・カレクが、ヴィヌメンティスのレッド・ピフの畑のブドウを引継ぎ造ったワインです。実は、アンドレアさんは2005年からヴィヌメンティスでヤン・ロエルと一緒にワインを造っていたのだそうです。

ル・プティ・シャポトンのシャポトンは、畑を所有するドメーヌの名前。なんか聞いたことあるなーと思いつつ、ドメーヌHPを見て思い出しました。私が前に勤めていたインポーターで、シャポトンのヴィオニエを輸入したことがあったんだった!!そーかあのシャポトンか。ま、別にだからどうっていう話しなんですけど。

ローヌでカリニャン80%って珍しいです。実際、ローヌにカリニャンって、あんまり見かけません。ラングドック&ルーションの品種なのです。ローヌとラングドックやルーションなんて同じじゃないの?と思っている方も多いかもしれませんが、結構違うんですよ!


軽く黒みがかった赤。
レッドチェリー、イチゴ、プラム、ローズマリー、フェンネル、コショウ、八角などのエキゾチックなスパイス、赤い花などの果実味豊かなナチュラルな香り。
口に含むとスパイシーな果実味が広がります。
レッドチェリー、イチゴ、プラムなどの程良い果実味。酸味は中程度でフレッシュ。タンニンも中程度。ミネラルも豊かに感じられます。
八角などのエキゾチックにスパイシーな味わいがナチュラルなボディに個性を与えています。旨みを感じるボディの重さも程よく、飲み易い。余韻はピュアでナチュラル。

ミネラルの効いた果実味が良いですねー。スパイシーなニュアンスがナチュラルな味わいを個性的なものにしています。 

これまた、ヴァン・ナチュール好きのデイリーにはピッタリの1本!!程良い重さが、毎日のお料理によく合います。

マリアージュ:焼きそば、豚カツ、豚肉の生姜焼き、ラタトゥイユ、クスクス、チキンのハーブ焼き

詳しくはコチラから!






スポンサーサイト

Comment

No title
>えむたん さま

こんにちは~!コメントありがとうございます!!

>"カリニャン"...ドコゾのゆるキャラとソラ耳しそうな麗しいお名前♪

ウ・ケ・ル~~!! サバにゃん&カリにゃん♪ですか!
ついでに ガルナっちゃん はいかがでしょうか?(笑)

>以前、WINOさんのブログでは(07でしたが)「グルナッシュにカリニャン」と
>あったのですが、だいぶスタイルが変わってきたのかな?

インポーターさんからいただいた資料には変わったみたいに書いてありましたよ。(今手元にないので、水曜にちゃんとチェックしてご回答しますね・・・)

>ますます滋味に富んだ味わいのものが増えてくるこの時期、
>こういうワインを体が欲するのよねぇ...

うむうむ、ITAです!!
  • 2010/11/23 00:00
  • grenache
  • URL
  • Edit
No title
こんXXは
"カリニャン"...ドコゾのゆるキャラとソラ耳しそうな麗しいお名前♪
(そういえばどこかのブログで某ゆるキャラをパロった”サバにゃん”キャラを見たような...)
生産者はなかなかにユニークな風貌ですが、ヤンとワイン造りをしていたとなれば、これはかなり琴線に響きまくり♪♪
以前、WINOさんのブログでは(07でしたが)「グルナッシュにカリニャン」とあったのですが、だいぶスタイルが変わってきたのかな?
http://wino.exblog.jp/12103063/
ますます滋味に富んだ味わいのものが増えてくるこの時期、こういうワインを体が欲するのよねぇ...
  • 2010/11/22 10:47
  • えむたん
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)