ワインの温度

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ



昨日は定休日でしたが、試飲会があったりして東京にお出掛け。夜は旦那さまとお食事に行ってまいりました。


そうそう、すごい偶然があったんです! 

試飲会の後 ちょっと聞きたい事があったので、友人のワインショップにちょっと顔を出してみました。聞きたいことのあった当の友人 店長のKさんは昨日はお休みだったのですが、こちらもまた友人の店員のOさんとお話しをしてたら、「これからKさん達と○○○○に飲みに行くんです」って言うんですよ。

「えぇー、マジで!? 私もこれから○○○○に行くんですけど~!」

びっくりしちゃった~。 すごい偶然ですよえn!!
同じ日に同じお店に行く私たちに、なんか運命を感じちゃいました!!あはは。 



さてさて、本題はそのお店での出来事です。

イタリアンのカジュアルなお店だったのですが、色々お店の方と相談させていただいて(きっとウザイお客だと思われたんじゃないかと思います・・・  ) 赤ワインを1本頼みました。

オススメの通り、凝縮感も高く、飲み頃の美味しい赤ワイン  だったんですけど、ちょっとだけ酸味がぬるい感じ。

そこでお店の方に 「すみません、ちょっとワインの温度を下げたいので・・・」 とワインクーラーを持ってきていただきました。


ちょっと冷やして一口 → 「うんうん、いい感じ。絞まってきましたねー。」

ベラベラしゃべってたら →  「あっ、冷やしすぎ・・・。冷やし過ぎてとシンプルになっちゃった。」

クーラーから出してちょっと置いたら → 「おぉー、最高!この温度が一番良いね~!!」


と、とても美味しくいただくことができました!!   ワインって、1℃くらい違っても、結構味が変わるんですよね~。



赤ワインはよく 「室温で」 と言われていますが、実は室温では高過ぎるんです。

「じゃあ、適温は何度ですか?」とよく聞かれますが、自分はイチイチ美味しいと思った温度を測ってるわけじゃないし、ワインによっても適温は異なるので、正確に答えようと思うとちょっと困ります。

まぁ 大体15-18℃くらいなんじゃないでしょうか? (本当に自分で温度測ったことないのでよくわからないんです。)


一方 ご家庭の室温はというと、夏でも冬でも25℃前後ありますよね。
正直 25℃の赤ワインは生温いです。

もちろん、自分が美味しいと思う温度が適温なので、何も全部セオリー通りにすることはないのですけれど、なんかちょっと違うな~と思った時 ワインの温度を少し下げてみるor上げてみるといいと思います。

例えば、ちょっと酸味が少なくて、全体的に絞まりが足りないかなぁなんて思ったら、少しだけワインの温度を下げてみてください。絶対良い感じになると思います!!








スポンサーサイト

Comment

No title
突然のご連絡失礼いたします。
“My”アフィリエイト スカウト事務局の松嶋と申します。

私はNTTコミュニケーションズが運営する“My”アフィリエイトの広告プログラムを優良サイト様へご紹介する活動をしております。

貴サイトを拝見し、買い物の情報に関して、色々と話題が充実しているサイトと感じました。
ぜひオススメの商品・サービスに関連する広告バナーの掲載にご協力いただけないでしょうか。
詳細をご覧いただいてからご判断いただいて構いません。
特典もありますので、ご興味がございましたら以下のURLから詳細をご確認いただければ幸いです。

http://www.affiliate.ntt.com/topics/scout/
※申込フォームには下記の情報をご入力ください。
エントリーコード『167』 、サイトURL『http://grenache.jugem.jp/
※10/29までに広告掲載にご協力いただいた方が特典対象となります。

この度の連絡で不快な思いをされた方には大変申し訳ございません。お詫び申し上げます。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)