待望の再入荷!!" 「プティ」と呼ぶのはもったいない!!"の本格派なプティ・シャブリ と 南仏産 カジュアルに飲みたいオーガニックなカベルネ/メルロー

JUGEMテーマ:グルメ


*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*

いやー、いきなり真冬になりまたねー。11月からこんなに寒いのって久しぶりのような気がします。各地で雪も積もったみたいですね。11月にスキーなんで、昔みたいですねぇ。
そういえば、スキーって何年行ってないんだろう・・・・?


さてさて、本日の試飲ワインの御紹介です。

週末試飲1124_1

アニエス・エ・ディディエ・ドーヴィサ・プティ・シャブリ 05 (右)
皆さんお待ちかねのあのプティ・シャブリが再登場です!![:拍手:][:拍手:]
本当とーーーーーっても美味しいんですよー。[:ラブラブ:][:ラブラブ:]

プティ・シャブリなんて名前に惑わされてはいけません。そのへんのシャブリより、ずーっとずーっと凝縮感溢れる力強いワイン。少し貴腐ブドウが入っているのかなーと思う甘く、そしてミネラル溢れる複雑で華やかな香り。口に含むとトロッとするような凝縮感を感じますが、味わいは鮮烈な酸味を持った辛口。
うーん海の味[:船:]がしますねー。海草や微かな塩気を感じるほど。"飲み易い"とは言い難いほどパワフルでございます!!!

このお値段で本格派シャブリを飲める幸せを味わってください!

あっ、言い忘れました!
この生産者の名前、気になりませんか?ドーヴィサって。[:あっかんべー:]
シャブリの二大巨匠と言えば、ラヴノーとドーヴィサ。実はアニエス・エ・ディディエ・ドーヴィサは、この二大巨匠の親戚で、偉大な親戚に刺激を受け、1986年にわずか2haの畑を購入し、ワインを造り始めたそうです。

マリアージュ: お刺身、生牡蠣、白身魚やホタテのバターソテーレモン添え、


※プティ・シャブリはシャブリの一つ下のクラスのAOCです。
シャブリの格付け
プティ・シャブリ→シャブリ→シャブリ1erクリュ→シャブリGC



ジャン-クロード・マス・レ・タンヌ・カベルネ・メルロー 06 (左)
「いやー、たまにはカベルネも仕入れないといかんなー」そんなプレッシャーを感じていました。(ついついグルナッシュばっかり・・・。へへへ。[:たらーっ:])それで、今回選んだのがこちらのワイン。

おっ、結構樽が利いています。樽系のワインは殆ど無いので、そういう意味でもウチのお店では珍しいかもしれません。
飲み易くフルーティなカベルネ/メルローなので、ピザなどのカジュアルなお料理によく合いそうです!![:ラッキー:]

マリアージュ: ピザ、ジンギスカン、鶏の腿のロースト、チンジャオロース



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)