週末試飲: ル・スカラベ・ラ・フォリ・ジュヴェニル・ロゼ・ペティヤン 08 ロゼ泡 と ヴォルビル08 赤

JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:日記・一般



*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


木、金の平日も挟みましたが、いよいよ大型連休も終わりって感じの日曜日。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私は気持ち悪いです。あはははー。 
昨日、古い友人と会ってカラオケに行って(またか!!! )、ビールをしこたま飲んでしまいました。なので二日酔い気味。ビールを飲んだのは、ずい分久しぶりでしたねー。

私は二日酔いになると、胃が重たくなります。まぁそれは仕方ないからいいのですが、その後ちょっと困った事態なります。
胃が元気を取り戻し、機能が正常化してくると、

物凄い食欲

に襲われるのです。手当たり次第に何か食べたくなります・・・・。 

皆さんはそんなことないですか?

翌朝胃が重たいと言っても、食べ物は一切受け付けません!ってほどではないので、「気持ちわる~~」とか思いながらも朝食、昼食は食べているのに、夕方になって二日酔いが抜けてくると、異常にお腹が空いてくるんですよね。そして、ついついお菓子に手が伸び、ボリボリと・・・・。 (今も昨日お客様にいただいた「柿の種」が食べたくてたまらないのを、むっちゃがまんしてます。)


えっ、人の二日酔いの話しなんて聞きたくない??

そ、そうですよね・・・・。ごめんなさい。



では、とっても美味しいワインのご紹介にまいります!!

今週の試飲ワインはコチラです!!


週末試飲100509_1

↑ えへへ、今日はちょっと写真の撮り方変えてみました~~。

今週はル・スカラベ特集です!!

ル・スカラベ・ラ・フォリ・ジュヴェニル・ロゼ・ペティヤン 08 ロゼ泡 (左)
産地:フランス/ルーション 
品種: シラー 50% グルナッシュ・グリ 50% 有機栽培

母の日の今日にピッタリの爽やかでフルーティ、とってもチャーミングなロゼ・ペティアンです!

暖かくなってくるとこういうロゼをキリッと冷やして飲みたくなります。今日みたいに天気の良い日に、お外で飲んだら最高!!!なんだけどなぁ! 

若き女性醸造家 ル・スカラベのイザベル・フレールのセカンドヴィンテージ、2008!
進化してますね~。特にこのロゼ・ペティアンは昨年は自然派にありがちなモヤモヤっとしたニュアンスが強く感じられましたが、今年は違います!!一口飲んだら、「ウマウマー!」なこと間違い無しです!

このペティアンは面白い製法で造られていて、アルコール発酵を終えたシラーに遅摘みのグルナッシュ・グリのジュースを加えて瓶内2次発酵させて造られたそうです。

でも、実はこれに似た方法を用いた生産者知ってます。アルザスの大御所、シュレールさん。シュレールさんは、瓶内二次醗酵をするのに蔗糖を加えるのが嫌だということで、糖度の高いブドウ果汁を入れたと聞いた覚えがあります。イザベルさんも同じ発想だったのかな?シュレールと若いイザベルが同じ発想とは面白いですね!!!

濃い目のややオレンジがかったピンク色。微かな泡立ち。
イチゴ、イチゴシロップ、レッドチェリー、フルーツトマト、ハーブ、微かにスパイスなどの爽やか甘さを感じる香り。
口に含むと仄かに甘さを感じるとてもフレッシュな果実味が広がります。
新鮮なイチゴ、チェリー、ブドウの活き活きとした果実味。酸味はフレッシュで豊かで、泡は細かく、量は少な目。
紅茶、ハチミツ、甘露飴、スパイス、ハーブ、微かな苦味のニュアンスが彩り豊かな味わいを造り出しています。旨みもしっかりありますね。余韻はフレッシュでピュア。

この、「弾けそうなフレッシュ感」がス・テ・キ!! 

魅力はこの軽やかでフレッシュな果実味なのですが、口の中で転がすと、色々と多彩な顔が出てきて、シンプルではない上手く造られたワインだということを感じさせてくれます。

また、シラーだけでは出てきそうも無い、紅茶とかハチミツ系の味わいが、完熟したグルナッシュ・グリの存在を感じさせます。このグルナッシュ・グリが複雑さを与えているのかもしれません。

なーんて難しいこと書いてますが、最初にも言った通り、一口口に含めば本能的に「ウマッ!」となるワインなので、あまり構えずにエンジョイしていただきたい1本です!!

マリアージュ: ラタトゥイユ、グリルした赤ピーマンのマリネ、トマトのパスタ、カプレーゼ、バスク風チキンの煮込み、スペイン風オムレツ、お豆のサラダ

詳しくはコチラから!!




ル・スカラベ・ヴォルビル 08 赤 (左)
産地:フランス/ルーション
品種:シラー70% カリニャン30%  有機栽培

このヴォルビルは試飲会で飲んで、美味しいなぁと思った1本。

先日、プチ・スカラベをやる時にどっちにしようかなぁとずい分悩んだんですよね!やっぱりご紹介したくて、今回登場していただきました!!

シラー70%を使用し、シラーの個性を表現したワイン。
同時に、30%使用されているカリニャンは樹齢が古く、70年にも達します。プラスチックタンク及びステンレスタンクでマセラシオンカルボニックを採用し発酵、熟成にはステンレスランク及び古樽を使用しています。

やや明るめの紫色。
ダークチェリー、プラム、ブルーベリー、ヨード、スミレ、甘い花の蜜、スパイス、ハーブなどのナチュラルな香り。
口に含むと爽やかな果実味の中に芯を感じるナチュラルな味わいが広がります。
ダークチェリー、プラム、ブルーベリーなどのフレッシュでドライな果実味。
口当たりの良い酸味は豊かでフレッシュ。
滑らかなタンニンは量は多くないですが、力強さも感じます。凝縮感は高い。
微かにコーヒーやカカオのニュアンス。ミネラルがクールな味わいを造っています。
醗酵の名残の酵母感を感じるような、とてもナチュラルな印象ですが、同時にバランスの良さ、まとまり感もありキチンとワインとして出来上がっています。シラーの骨格も感じます。余韻はナチュラルでドライ。

自然派ワイン好きにとっては、ストライクゾーンど真ん中の味わい。 

タンニンは多くはないけれど、非常にエキス分の豊かな高い凝縮感を持った、彼女のワイン全てに通じるスタイルを感じさせます。

成長を見守っていきたい生産者だなーと感じさせるワインですね!!

マリアージュ: 豚やチキンのローズマリー風味のグリル、トマトソースのピザ、ラタトゥイユ、カスレ、タンドリーチキン

詳しくはコチラから!!






スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)