イタリア旅行記 Day1-2: 事件発生!!

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:旅行



なんか午後から、すっごいクシャミの発作に襲われ、鼻水がブーブー出ているんですけど・・・・・
(もう、200回くらい鼻をかんでいる・・・・)

ひょ、ひょっとしてとうとう 花粉症発症 !?

あぅぅぅ、いやだよー、いやだよー、いやだよー!!!(花粉症の方、すみません。)

でも、こんな雨の日に発症しないですよね。
 きっと気のせい、 きっと気のせい、 きっと気のせい・・・・。





さて、前回の旅行記はこんな風に終わったわけです。

---------------------------------

実はこのレオナルド・エキスプレスに乗車中に、私、日本に

ある重大な忘れ物

をしたことを気付きました。。。。  
マジにヤバイ忘れ物です。。。。   

---------------------------------

さて、私は何を忘れたのでしょう?



ローマ空港に着いたのが午後9時半頃。空港と市内のローマ・テルミネ駅を直行で結ぶレオナルド・エクスプレスという電車に乗り、「あー、疲れた~~。早くホテルで休みたいー!」などと思っていた時、ふと嫌な予感が私の胸をよぎったのです。

「あれ、私、スーツケースの鍵持ってきたっけ???」

一生懸命思い出してみますが、鍵を掛けた後、その鍵をしまった記憶が全くありません。リュックの中もかき回してみましたが、やっぱり無い・・・。

「げー、あたし鍵を日本に置いてきた!!!ど、どーしよー、スーツケースが開けられない!!!」

大ショックです。

でも、きっとこんなうっかり者の旅行者は私だけではないはず!きっとホテルの人が「良い鍵開け職人」を知ってたり、魔法のような「鍵開けグッズ」が用意されていたり、何か解決策を持ってるに違いない!!

と無意味にポジティブというか楽観的な希望を抱きつつホテルに向かいました。そしてホテルの受付の方達に

「あの、私スーツケースの鍵を置いてきてしまって・・・、in Japan に」

ここで、ホテルの皆さん思わず失笑・・・。

「何か、鍵を開けてくれるサービスとかお店とかありませんか??」

皆さん一様に顔を見合わせた後、男性の方が一言。

「鍵を壊すしかないと思います」


そ、そーですよねー。
ここで私の微かな希望はついえたのでした・・・。  


「えっと、では、何か鍵を壊す道具をお借りできないでしょうか?」

親切なホテルマンさんが、しばらく道具を探し廻ってくださり1本のドライバーを手に戻ってきました。
 
密かに ”バールのようなもの” が出てくるのを期待していたのですが、さすがに置いてないですよね。
お兄さんの手にするか細い頼りなげなドライバーを眺めつつ、「こんなドライバーで壊せるのかなぁ」とまた不安が溢れます。

フロントのお兄さんがボーイさんにそのドライバーを渡し、試してみろと言って下さったようです。

ガキッ、ガキッ、ガキッ

とホテルのフロントで音を鳴り響かせながら、スーツケースの鍵を壊すホテルのボーイさん。

なんかシュールです。。。


無理かと思っていたのですが、なんと見事に第一の鍵の破壊に成功!!!満足そうに仕事を終えるボーイさんに

「ノー、ノー!もう一個あります!!」

とお願いする私。「オー!?」とか言いながら(そりゃ一個壊しただけじゃダメでしょ!  )、親切にももう一個の鍵に取り掛かる彼。

固唾を飲みながら見守る私達の前で彼は見事にもう一個の鍵の破壊にも成功したのでした!!   思わず出た言葉は、

「Thank you so much for breaking the keys!!!
鍵を壊してくれて、サンキュー、ソーーーーーーーマッチ!!」

あははは。
For your great job!!とか言いながら、薄謝(つまりチップ)を彼に渡しました。

あーーー、良かった。

一時はどうなることかと思いましたが、これでお風呂にも入れるし、パジャマにも着替えられる!!


皆さん、スーツケースの鍵はとても大切です。絶対忘れないように注意しましょうねっ!!

ちなみに破壊後のスーツケースはこんな感じ。

1001 Italy day1-5


さて、飛行機の遅れ、スーツケース事件と重なり、部屋に着いたら既に夜の11時を回ってしまいました。「近くにこの時間でもやってる良いレストランはありますか?」とホテルのお兄さんに聞いてみましたが、タクシーで行かないと無いとのこと。それも もう面倒なので、近場のスナックスタンドみたいなところで、こんな夕食で済ませました。

1001 Italy day1-4

美食の国、イタリアでの初の食事がこんなんなって、うぅっ ちょっと悲しい・・・・。



私のイタリア訪問はこれで3回目。最初は遥か遥か昔に卒業旅行でローマに、その後、2005年にトスカーナを旅行しました。

遥か昔に訪れたローマでの朝食は、コーヒーと(硬い)パンだけの超コンチネンタルブレックファストで、2005年の時はアグリツーリズモに泊まったりしたためか、朝がついてない宿ばかりだったんですよね。
というか、海外旅行の時、有/無が選べるのであれば朝食無しのパッケージを選ぶようにしています。理由は朝からちゃんと食べていると、夕食が食べれなくなってしまうから。だいたい旅行中は、朝も昼も抑えて、夜だけしっかり食べるという風にしています。そうしないと、日本人の胃では海外旅行をサーバイブできません。
あと、結構ホテルの朝食って高いんですよね。10ユーロ位したりして!!カフェでコーヒーで済ませば、1ユーロで済ませられるのに!

しかし、今回はホテルブッキングサイトで予約したのですが、朝食無しのパッケージが殆どなく、どのホテルも朝食付きでした。久しぶりにホテルで朝食をいただきました。

いやー、今やヨーロッパのホテルの朝食もアメリカンになってるんですねー。ちょっと驚きました。  (←いつの時代の人?って感じかもしれませんが。結構行ってるんですけどね。)

ローマのホテルの朝食はこんな感じでした。

1001 Italy day1-6

カプチーノもちゃんと淹れてくれます。お替わりもお願いすれば、OK。

1001 Italy day1-8

1001 Italy day1-7

UNA HOTEL ROMA

スーツケースの鍵を壊してくれる親切なボーイさんもいるし(そして、その壊れたスーツケースを「ごめんなさい。捨て置いてください!!」と書き置きを残し、部屋に放置してきた私・・・・・  )、清潔で快適なホテルでした。 テルミニ駅にも近くて便利です!!


朝食の後は、ローマ観光に行ってきます!!  







スポンサーサイト

Comment

No title
> イッキー さま

こんにちは!!コメントありがとうございます!!


>どうも~(~o~)/根っからの花粉症野郎です。

ご苦労、心よりお察しいたします。。。
私は無事(ごめんなさい)、あれからおさまりました。突如 ひどい鼻風邪を引いたということだったのかな。翌日にはケロッと治ったんですよね。なんか未知なるもののアレルギーなのでしょうか?

>そっちにも黄砂って行くんですかねぇ~?

ニュースとか見ると来るみたいです。洗濯物が弱冠 「砂っぽい」 くらいな感じだと思います。さすがに煙って見えるとかはないですねー。

>っていうか、おめでとうございます!
>金メダルとりましたね!!ちょうど朝TVつけたらやってました(笑)

ありがとうございます!!!
昨日は朝から飛び跳ね回って、大騒ぎ。(そして、ちょっと泣きました。 (≧o≦) )
女子もガンバレ!!!

>このネタでしかコメント送ってないような・・・まっいいか(;一_一)v

えっと、これから「このネタ」系の記事を投稿する予定です。まっいいか(;一_一)

では~~ (⌒ー⌒)ノ~~~
No title
どうも~(~o~)/根っからの花粉症野郎です。
こっちでは黄砂というとんでもない粉まで飛びまくってます。先日は今までで最大の黄砂がやってきて、霧がかかっているみたいになってました(ToT)
そっちにも黄砂って行くんですかねぇ~?

っていうか、おめでとうございます!
金メダルとりましたね!!ちょうど朝TVつけたらやってました(笑)
次は女子。楽しみですね!

このネタでしかコメント送ってないような・・・まっいいか(;一_一)v
  • 2010/03/26 21:06
  • イッキー
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)