FC2ブログ

えーっ、生産量たったの1,200本なんだってーっ!!でもとってもカワイイヤツ。

うわぁーっ。遅くなちゃった・・・。
突然襲来した台風20号[:強風:][:強風:]にやられました・・・・。[:冷や汗:][:冷や汗:]
あまりの雨の強さに、お店のドアの下から雨が侵入。置いてあったボロバスタオルをドアの下に置いておいたのですが、あっという間にびしょ濡れ。[:悲しい:]
お店には私一人しかいないし、もう替えのバスタオルも無い・・・。結局10分おきに、バスタオルを掴み流しへ走り、絞って元に戻すという繰返しに追われた一日でした。[:汗:]
トホホホーー[:悲しい:][:悲しい:]

さてさて、ワインの御紹介を!!

週末試飲1027_1
(せっかく可愛いエチケットなのにピンボケ・・・。すみません)

パ・サン・マルタン・ヴァン・ムスー ラ・ヴィ・アン・ローズ 06 (左)
こちらが、"えーっ、生産量たったの1,200本なんだってーっ!!"のヴァン・ムスー!!

"ラ・ヴィ・アン・ローズ"(薔薇色の人生)

名前がいいです。ボトルもとってもチャーミング!!!ラベルはシンプルな手書き風でセンス良いんですよねー!

失礼ながら写真から拝見すると、生産者さんはそんなにファッショナブルな方ではないんですけどねー。アハハハ。[:楽しい:]

生産者のドメーヌ・デュ・パ・サン・マルタンは、ロワール地方アンジュ近郊に畑を所有する小さな生産者。そのブドウの樹齢は35年~82年の古木からなり、このドメーヌのワインの特長にもなっているそうです。その上、有機栽培なんですよねー。

グロロー・ノワールを用い、メトード・アンセストラルという最も古いスパークリングワインの醸造法で造られました。
(メトード・アンセストラルとは、発酵途中のワインをボトルに入れ栓をし、発酵を継続させることにより酵母の出す炭酸ガスをワインの中に溶け込ませる製法。)


美しい薔薇色のローブ(色あい)にウットリ。イーストとチャーミングなイチゴ、さくらんぼ、ラズベリーの香りのハーモニーにまたウットリ。口に含むと、意外にしっかりとしたボディを持ったやや残糖を感じるチャーミングな味わいなんです。なんだか幸せな気分に包まれ、まさに「薔薇色の人生」です!![:ニコニコ:][:ニコニコ:]



クルビサック・ディオニー 06 赤(右)
ドメーヌ・クルビサックは、マルク・テンペが南仏に立ち上げたドメーヌ。

現在 店頭でもクルビサック・ラ・リヴィニエールが大人気です!!!今回 御紹介のディオニーはトップキュヴェの房落ち(ちょっとでも破れたブドウなど)を用いたハイコストパフォーマンスなワイン。

南仏の生産者の話では、06年は非常に香り高いヴィンテージとのことですが、うーん、このワインもその通り!

フレッシュなカシス、ベリーの甘い香りに、ミネラル、ハーブ、スパイスのニュアンス。
口に含むと、甘いタンニンを感じ、渋みのボリュームも結構あるように感じますが、ミネラルが豊富で、酸のバランスも良く、果実味豊かだけどとってもフレッシュなワインという印象です。

とてもバランスの良い、ピュアなミディアムボディです。シンプルなラム料理と食べたら美味しそうだなー。[:楽しい:]


では~~[:パクッ:][:パクッ:]
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)