クリスマスにはスパークリングゥ!!ステキに『男前』な自然派スパークリングなビネール・クレマン と ”例”のシードル新ヴィンテージ到着 フォール・マネル

JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:日記・一般


*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*



今日は、午前中に免許の更新に行って来ました。

げ・き・混・み!!!

でした。  申請書をもらうのに30分以上も並んでしまいました。

今日の更新で驚いたのが、いつの間にか私の免許が「中型免許」になっていたこと。

免許制度が変わって、新たに「中型免許」なるものが出来たんですって。昔の普通免許は車両重量8t未満の車まで運転できたそうで、今は普通免許は5t未満、5t以上11t未満は中型免許となるのだそうです。なので昔の普通免許を持っている人は、中型免許+”中型車は中型車(8t)に限る”という但し書き付きの免許になります。

なんだか「中型免許」なんて、”特殊技能”って感じで偉くなった気分です。あははは。 




さて、今週の店頭試飲ワインはこちらです!!
クリスマスに向けて、Let's スパークリングゥー!!

週末試飲091220_1


フォール・マネル・シードル・デュ・フォール・マネル・アルジル 08 白泡 中甘口 (左)

産地:フランス/ノルマンディ
品種:リンゴ100% 有機栽培

このとってもナチュラルで美味しいシードルの根強いファンは結構多いんですよ!!

まぁ、私もその一人なんですよねーーー!! 

昨年は生産量が極端に少なかったため、入荷も極少量。(涙) 週末試飲に出す量も入らなかったので、試飲には登場しませんでした。なので二年ぶりの登場です!!

やっぱりウマー!なのですが、ほんとにキレイになりました。あの田舎の香りが漂いまくっていた2,3年前のフォール・マネルとは別人のようです。(美味しかったけど、かなりのキワ物でしたから・・・)
彼も成長してるんだね!!と上から目線で勝手なことを思ってみたり。生産者さんの進化を感じるのは楽しいです!!

当主ジュリアン・フレモンは、今は彼の他には殆ど見られなくなってしまったという昔ながらの伝統的な製法に頑固なまでに守り続け、瓶内醗酵のシードルを造っている生産者。
牛の飼育をしながら、有機栽培でリンゴを作っています。牛はリンゴ畑に放牧され、牛が雑草を食べ、糞がリンゴの栄養となる、彼曰く「エコサイクル」を実現させてるそうです。酸化防止剤は無添加で造られています。

そしてなんと、シードルのくせ07からフレモン氏は

土壌別

にキュヴェを造ることにしました。(”くせに”なんて言ってたらきっと殴られますね~。 

その名も、SILEX(火打石)と ARGILE(粘土質)。今回登場はこの ARGILE アルジルです。


やや濁った濃い黄色。細かな泡。
リンゴ、リンゴジュース、リンゴの皮、ビール、白い花、黒蜜などのフルーティな香り。
口に含むと、柔らかい泡が広がります。リンゴ、リンゴジュース、黒蜜、ハチミツなどの上品な果実味。甘さは中程度で程良い。(そんなに甘くありません。)酸味はフレッシュで豊か。リンゴの皮の軽い苦味と、緑茶の旨みのような味わいがアクセント。
余韻はナチュラルでピュア。飲み込んだ時、色んな香りが鼻に抜けるのが楽しいです。

アルコール度数は3.5%。アルコールに強い方は、ジュースみたいに飲めちゃうかも!

まさか、フォール・マネルを評するのに、「上品な果実味」なんて言葉を使う日が来るとは!でも本当にピュアで素直で美味しいシードル!なんです。
私的には緑茶風な旨みがツボ!! 


マリアージュ:ローストチキン、チーズ、そば粉のガレット、ソーセージ、八宝菜、シュークルート


詳しくはこちらから!!




ビネール・クレマン・ダルザス・カイザースベルグ・エクストラ・ブリュット 07 白泡 (右)

産地:フランス/アルザス
品種:ピノ・オーセロワ75% ピノ・グリ25% 有機栽培

大好きなビネールの新しいクレマン!!
門出のリキュールを添加しないエクストラ・ブリュット。

『男前』なクレマンです!!! 

このカイザースベルグの畑は、特級畑の延長線に位置し、ボージュ山脈に近い南向きの斜面にあるという素晴らしい畑。2004年以来クリスチャンさんが同じ有機栽培の生産者から借りていたのですが、縁があって2007年に購入する事が出来たのだそうです。

このワインのインポーターさんであり、女性醸造家としてフランスで活躍する新井順子さんは、クリスチャンと一緒にこの畑を見た時に「この畑でスペシャルキュべを作りたい!」と思ったそうです。

そこで、この畑で日本だけに販売するクレマン(スパークリング)を…と彼ににお願いしたところ、

「この畑はクレマンにするのは勿体ないのだけど…」

と言われてしまいました。そこを「名前だけのシャンパンに対抗できるウルトラ拘りのクレマンにしたい!」とお願いを続けて生まれたクレマンなのだそうです。

確かに一口飲むと、そんな気合を感じることができる男性的で力強いクレマンです!!


明るいレモンイエロー。元気な泡が立ち昇ります。
豊かなミネラル、イースト、レモン、レモンキャンディ、ハチミツ、微かにスパイスなどの力強く爽やかな香り。
口に含むと活き活きとした豊かな酸味を持った力強い果実味が広がります。
フレッシュレモン、青リンゴの果実味と、とても豊かなスモーキーなミネラル、イーストの味わいを、このワインの魅力でもあるフレッシュな豊富な酸味が一つにまとめ上げています。凝縮感は非常に高く、男性的な力強さを感じる構成。
余韻も長く、クールなミネラルが長く口に残ります。

若々しいですが、この酸味こそが今の時点での魅力だと思います。太く力強い酸味なのですが、それが全然嫌じゃないんですよね。きっとこのワインの凝縮感の高さが、酸味とバランスしているせいだと思います。 

さすがビネールさん!!高いポテンシャルを感じるクレマンです。


マリアージュ: 天ぷら、刺身、手巻き寿司、おせち、ローストチキン、スモークサーモン、生牡蠣
                  
詳しくはこちらから!!




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)