FC2ブログ

ジュラ & シラー !!

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ



昨日 お店で飲み会をしました。

そして飲み過ぎました・・・・・。 

でも、久々に”いっぺんに沢山”ワインを飲んでとっても楽しかったです。 


テーマ(?)は、ジュラ & シラー 

突拍子もない組み合わせですね。
自分が飲み比べたいワインを揃えただけなんですけど。えへへ。



091217 お店飲み会

- Apéritif -

1. La Grand Colline VdT Le Canon Rosé Primeur N.V
ラ・グランド・コリーヌ VdT ル・カノン・ロゼ・プリムール
品種:ミュスカダンブール100%

- Wines From Jura -

2. Philippe Bornard Arbois Pupillin Le Rouge-queue Cuvée Special 2006
フィリップ・ボールナール・アルボワ・ピュピラン・ル・ルージュ・クー・キュヴェ・スペシャル
品種:ムロン・ダルボワ(シャルドネ) 100%

3. Pierre Overnoy Arbois Puillin Chardonnay 02
ピエール・オヴェルノワ・アルボワ・ピュピラン・シャルドネ
品種: シャルドネ 100%

4. Philippe Bornard Côtes du Jura Les Chassagnes 2006
フィリップ・ボールナール・コート・デュ・ジュラ・レ・シャサーニュ
品種:サヴァニャン100%

5. Tournelle Arbois Fleur de Savagnin 2006
トゥルネル・アルボワ・ フルール・ド・サヴァニャン
品種:サヴァニャン100%


2番のボールナールのシャルドネ。出席者の方から「これは若いムルソーみたい」という感想をいただきました。実は私も「若い上等なブルゴーニュのシャルドネ」みたいだなぁと思っていたので、「おぉー、やはりそう思いますか!」という感じで嬉しかったです。確かにピュリニーみたいに硬質ではないので、ムルソーかな。

残念ながら、3番のオヴェルノワはブショネでした・・・・。

4番と5番のサヴァニャン飲み比べ。予想以上に「似・て・い・た!!」のが面白かったですね。
微かな差ですが、ボールナールの方がよりミネラリーで清冽、トゥルネルの方がふくよかな感じでした。両方とも残糖と言うほどの残糖はない辛口ですが、alcがトゥルネルの方が1%低かったので、その分果実のふくよかさを感じたのかもしれません。
好みも皆「強いて言えばこっちかな~?」位でしたね。とにかく、サヴァニャンは美味しい!!!  ってことは確かです!!!

(でも、高いけど・・・。)

一番左のラベル無しのボトルは、飛び入り参加してくれたボールナールのヴァン・ド・パイユ。ドメーヌを訪問した友人のお土産です。これまた、美味しかったです!!素晴らしいワインを持ってきてくれてありがとう、○○さん!!! 



091217 お店飲み会2


- Wines From Rhône -

6. Hervé Souhaut (Romaneaux Destezet) Syrah 2006
エルヴェ・スオー(ロマノー・デストゥゼ)・シラー
品種: シラー100%

7. La Grand Colline Cuvée SC 07
ラ・グランド・コリーヌ・キュヴェ・SC
品種: シラー80% 、カベルネ・ソーヴィニヨン20%

8. La Tache Saint-Joseph Cuvée Guillamy 07
ラ・ターシュ・サン・ジョセフ・キュヴェ・ギアミ
品種: シラー100%

みんな、それぞれ美味しかったですねぇ。「みんな違って、みんないい」です!! 

6番は可憐で旨み系なシラー、7番はジューシーでエレガントなシラー、8番は力強く男性的なシラーでございました。
好みも分かれましたが、一番人気は7番クンでした!


この後、さらにルメール・フルニエ・コント・マール03を開けました。
これまた皆声を揃えて「めっちゃウマーーーー!!!」な1本でした。あの味で、あの値段は反則です!!! 

で、今日気がついたのですが、あのコント・マール、最後の1本でした。悲しい・・・・。 



とにかく、軽く記憶無くすぐらい飲んじゃったけど(  )、とっても楽しい飲み会でした!!!
また企画しよーーーっと!!!




スポンサーサイト



Comment

No title
> issey3 さま

こんにちは!!コメントありがとうございます!!

>記憶をなくすくらい楽しい! 身をもって体験しました(笑)

私もです~~!!(汗)(笑)

>今 ボールナールさんのヴァン・ド・パ(ガ)イユが
>売られてるみたいなんですけど 入らないでしょうか?。

もう無いかもしれませんが、インポーターさんに聞いてみますね。

>コント・マールもおいしかったです。

あれー、覚えてらっしゃったんですかぁ?(笑)

>次回もよろしくお願いします!

次回はイタリアの会かな!! それは何故かと申しますと・・・・、うふふふ

また是非参加してくださいね!!!


No title
記憶をなくすくらい楽しい! 身をもって体験しました(笑)

ヴァン・ド・パイユもボールナールさんだったんですね、官能的でした。
これで一気にテンションが上がったような気がします(笑)
今 ボールナールさんのヴァン・ド・パ(ガ)イユが
売られてるみたいなんですけど 入らないでしょうか?。

コント・マールもおいしかったです。
次回もよろしくお願いします!



No title
> まる探 さま

こんにちは!!!コメントありがとうございます!!
(お返事遅くなってすみません・・・・。)

>"さばにゃん"と言えば...こんなの↓思い出しました。(^^

さばにゃん、かわいいーーー!頭にブドウ付けてるしぃ、ワイングラス持ってるしぃ、首にタストヴァン下げてるしぃ。
そういえば、うちのネコはさばトラなので、ひょっとして”さばにゃん”の一種なのかな!!

>とあるブロガーさんが↓こんな実験さてれました。

す、すごい・・・。ラップやビニール袋でコルク臭が消えるんですか!?やっぱりワインも化学物質(?? 理系オンチの発言?)なんですね。まぁ、臭いだけでなく、ワイン本体も傷んでいると思うので、臭いだけがとれても「???」な気がしますが・・・。

化学と言えば、急逝されてしまわれたボルドー大学の富永教授のセミナーに出席した時、おもしろい実験を教えていただきました。
SB独特のパッションフルーツの香りがあるじゃないですか、あの香りの物質は銅イオンと結合(?)する性質があるそうで、SBのワインが入ったグラスに10円玉を入れると、アラ不思議、SBの香りが無くなってしまうんですよ。

これはホントなので、是非実験してみてくださいませ!!!

No title
こんXXは、まる探です。
楽しそうな会やなぁ...

"さばにゃん"と言えば...こんなの↓思い出しました。(^^
http://plaza.rakuten.co.jp/grandvinnet/diary/200910170000/

オヴェルノワのプールサールはσ(^^)がこっち系の道に迷い込む?原因になったワインのひとつ...
もちろんサヴァニャンも好きです♪

にしても、コルクダメージには心が痛みますね。
(必ずしもコルクだけが原因ではないのでしょうけど...コルクにとっては不名誉な称号ですね(^^;)

とあるブロガーさんが↓こんな実験さてれました。
http://wine-cho.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-e404.html
σ(^^)追実験はしてません。幸いなことにブショネにあたってません。
(↑気づいてないだけかもしれませんけど)
コルキーだけでなく他の香り成分も持ってかれるとも聞きますが、知ってて損はないかなぁ...とも。

では、また。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)