ムロン・ダルボワって??

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ


<attention!!>

コメントをいただいたmicaさまのご親切なご指摘により、こちらの記事で書いております「カリニャン・グリ」の情報が、間違いである可能性が非常に高くなりました。
こちらがそのワインの生産者さんのHPです。当該のワインの品種は「グルナッシュ・グリ」と記載されています。一応当日のインポーターさん資料にはカリニャン・グリと記載されていましたので確認をしてみます。
十分な確認をせず、ブログに誤った情報を記載しまったことを心よりお詫び申し上げます。




本日とあるインポーターさんの試飲会に行ってまいりました。
沢山のワインが出展されていて、ターボ全開での試飲。ちょっと疲れましたが、美味しいワインも色々発見しました。
あっ、それから完熟マンゴーの国のステキなワイン青年クンとも再会しましたよ~!!


そうそう、面白いワインがありました。なんと『カリニャン・グリ』100%のワイン!!
カリニャン・グリなんて品種があるんですねーー!!

ピノ・グリやグルナッシュ・グリがあるから、カリニャン・グリがあってもおかしくないわけですが、初めて見ました!

ちなみに「Grisグリ=灰色」という意味。ピノ・ノワールやグルナッシュ・ノワール(通常グルナッシュと呼ばれますが)のNoirノワール=黒ほど果皮の色の濃くない、でもその系統に属する亜種的なブドウ品種をグリと呼びます。(どっちが亜種なのかよく知りませんが。)日本のブドウでも甲州には、巨峰みたいに真っ黒じゃないけど軽く色が付いていますよね。そんなイメージです。
ピノやグルナッシュにはブラン=白もあるから、探せばカリニャン・ブランなんていうのもあるのかなー??



さてさて、品種と言えば、
先日フィリップ・ボールナールのアルボワ・ピュピラン・ル・ルージュ・クーの説明を書いている時、そう言えばムロン・ダルボワ(Melon d'Arbois)ってどんな品種なんだろうと思いちょっと調べてみました。

調べてすぐ判ったのが、「ムロン・ダルボワは、シャルドネの別名」ということ。そう言えば、ソムリエ試験の時に勉強したような気がします。ギクッ、すっかり忘れてました・・・。


でも、ですね。。。。
なんとなーーく、『ムロン・ダルボワ=シャルドネ説』にしっくりこない私。 (←すぐにヘリクツを捏ねたくなるへそ曲がり)

ボールナールは、「シャルドネ」と明記してあるキュヴェと、「ムロン・ダルボワ」としているキュヴェが両方あるんですよね。で、味もなんか違うような気もするしぃ・・・・。(いや、なんとなくですよ・・


と思いつつ、ネットをさ迷っているうちに、Juraワイン委員会のオフィシャルサイトに行き着きました。
http://www.jura-vins.com/

その中のAOCの規定
Chardonnay (appelé localement melon d'Arbois ou gamay blanc)
シャルドネ(地元ではムロン・ダルボワやガメイ・ブランと呼ばれる)

また、Chardonnayの説明をみると、10世紀からムロン・ダルボワ、ムラレ・ポリニ(Moularès Poligny)、ガメイ・ブランなどの色々な名前で栽培されてきたと書かれています。


そうなのか~。(でもガメイ・ブランって何!???)

同じブドウなら、同じ地方でそんなに呼び名があるのもなんか変だよな~なんて思いつつ、なんかスッキリしないなぁということで、インポーターさんに聞いてみることにしました。ご親切にも、機会があれば、アチラに聞いてくださるとのこと。お忙しいのにスミマセン。。。


先日、ご回答をいただきました。やはり違うのだそうです。 

ということで、なんとなく亜種的な差異なのかなぁと思う今日この頃。
全然飲みが足りないのですけれど(っていうか違いということで認識あるのはボールナールのみ)、個人的にはムロン・ダルボワの方がツルっとしていて、果実味もフルーティなんですけどシンプル。同時にシンプルな分、ミネラルが際立つという印象でした。澄んだ美味しいお硬水系 


と、経験不足なワイン屋さんの勝手な呟きでした。うーーん、修行が足りないですね!!!

こうなったら、ジュラに行って、突撃クエスチョンしてみますかぁーーー!!  




あっ、でもジュラで英語が通じるのだろうか・・・・。その前にフランス語修行ですね。トホホ。 







スポンサーサイト

Comment

No title
> mica さま

温かいお言葉ありがとうございますー!
まぁ一応、注意喚起ということで、赤字にしました。だって、誤った情報がここから広まったらいけないですから。

>ムロン・ダルボワをスルーしてる自分のほうがお恥ずかしいかぎりです。

そうですよー(笑) 彼にLove Letterでも書くついでに、聞いておいてくださいな。
イメージ的には何百年もアルボワ村で株が受け継がれるうちに、今の標準的なシャルドネとは、ちょっと変わったものなってるのかなぁーと思っているんですが、どうでしょうね??

>しかしキムヨナの流し目&首&手の表現力はハンパないっすね。

ヨナちゃん、ハンパないっす。あの流し目は19歳の女の子のものでしょうか??是非micaさんも、練習してみてください!!!私はもうムリですけど。(爆)

No title
まちがったのツダさんじゃないですから・・・

そんな赤文字にしなくてもいいのではないですか?

むしろ、フィリップファンクラブ会長を名乗っておきながら

ムロン・ダルボワをスルーしてる自分のほうがお恥ずかしいかぎりです。


真央ちゃんのすっぽ抜けジャンプは、1Aって言うんですね~。

しかしキムヨナの流し目&首&手の表現力はハンパないっすね。
  • 2009/10/22 17:51
  • mica
  • URL
  • Edit
No title
> mica さま

こんにちは!!コメント&ご指摘、本当にありがとうございます!!

>カリニャン・グリからではなくて、グルナッシュ・グリ100%でした。。。

あちゃー、グルナッシュ・グリでしたか・・・・・。
ちゃんと裏を取るmicaさん、偉い!!素晴らしい!!(パチパチパチ)
私ったら「カリニャン・グリですって~~!!(嬉)」ってなっちゃいましたよぉ。反省。

>痛恨のミス。

先日の真央ちゃんの1A@SPみたいな感じでしょうか・・・・。

1Aとは、一回転半ジャンプのこと。三回転半が抜けて、一回転半になっちゃいましたね。まー、シーズンはこれから!来年2月にピークを迎えることが一番大事ですから~!!



No title
カリニャン・グリ、やっぱり気になってましたか!

私もとても興味あって、Gさんにドメーヌのついて尋ねました。

曰く、

「今まで見たどのワイナリーよりも田舎にあり、

2003年スタートなのにメチャメチャ腕がある、

でも価格が強気。。。」とのこと。

どんだけ田舎なのかしら・・・?

で、残念なお知らせとしてはドメーヌのHPによると

あのワインは

カリニャン・グリからではなくて、グルナッシュ・グリ100%でした。。。

痛恨のミス。

あのインポーターさんらしくないですねー。
  • 2009/10/22 10:32
  • mica
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)