サッサイアの弟分イ・マシエリ と 素直で正直な大地の味わい!イル・ヴェイ・グットゥルニオ

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ


*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*



昨日の夜、ボケっとテレビを見ていたら、スマステーションで「ハリウッド恋愛映画ベスト15」とかいうのをやっていました。

ツダ的には、(・3・)ブー  って感じだと思っていたのですが、

1位 タイタニック (1997)
2位 ゴースト (1990)
3位 プリティ・ウーマン (1990)
4位 シザーハンズ (1990)
5位 トップ・ガン (1986)

改めて1-5位だけを見てみると、そんなに悪くもないですね。 (1位と2位には (・3・)ブー だけど )
それにしても、1990年はワインだけでなく、映画にとってもグレート・ヴィンテージだったんですねー! 


ところでいきなりですが、 『Hachi 約束の犬』 が気になります。

監督のラッセ・ハルストレムは、大好きな監督さんなんですよね。何故にハチ公物語を~??と思いつつも、彼の作ったハチ公物語、興味があります。
さらに、私の王子様の一人であるギア様がご出演なさっているしぃー。ネット上の感想なども、結構いいみたいですね。
まぁ私の場合、監督がどうの、ギア様がどうのと言う前に「動物モノ」というだけで、とりあえず号泣決定なワケですが・・・。

ご覧になった方がいらっしゃったら、是非感想を教えてください!!!




さて今週の試飲アイテムはコチラです!!


週末試飲090906_1


ラ・ビランカーラ・イ・マシエリ 07 白 (左)
産地:イタリア/ヴェネト 
品種:ガルガーネガ 100% 有機栽培

昨年末にご紹介以来、弊店でも大人気だったビアンカーラ・サッサイア07。今回ご紹介のイ・マシエリはサッサイアの弟分と言えるワインです。

2007のイ・マシエリは最初にボトリングしたロットが、瓶内で醗酵をしてしまったそうです。生産者のアンジョリーノ・マウロはイタリアでの販売は難しいかもと考えていたのですが(実際クレームがあったんですって)、美味しさを気に入った日本のインポーターさんが全量購入することを決定!ということで、この微発泡(?)タイプが日本にやって来ることになったそうです。

だって美味しいんだから、良いですよねーー!!



透明感のあるやや濃い目のレモンイエロー。細かな泡が見えます。(酒石酸の結晶が結構あります。)
レモン、グレープフルーツ、リンゴの蜜、スパイス、ミネラル、白い花、海、しょうが、酵母などの華やかな香り。
口に含むと、ボリュームのある濃厚な果実味が広がります。泡も非常に細かく、心地よい舌触り。良く熟したレモン、グレープフルーツ、リンゴなどの良く熟した果実味に柔らかく豊かな酸味のハーモニー。酵母やショウガ、スパイスなどのニュアンスがアクセントを与えています。余韻はピュアでクリーン。

ボリューム感ある果実味豊かな味わいですねー!そのボリュームにきめ細かな泡が爽やかさを与えていて、パーフェクトなコンビネーション! 
飲み込んだ後、「あれ、今シャンパーニュ飲んでたんだっけ?」と勘違いしてしまいそうになるほど、濃厚なイースト風味が個性を作り出しています。

上キュヴェのサッサイアとの違いを敢えて上げるとすると、ミネラルの構成と、自然なバランスの素晴らしさみたいな感じでしょうか?

でも十二分に美味しい果実味溢れるナチュラルな1本です!!!


マリアージュ: カプレーゼ、水ダコのカルパッチョ、アクアパッツァ、ボンゴレ・ビアンコ、ルッコラと生ハムのサラダ

詳しくはコチラから!!



イル・ヴェイ・グットゥルニオ 08 赤 (右)

産地:イタリア/エミリア・ロマーニャ
品種:バルベーラ65%、ボナルダ35% 有機栽培

その飾らない素朴で正直な味わいが大好きなイル・ヴェイのワイン。

あら不思議!土のついたごっつい農夫の手でブドウをギュッと搾ったら、このワインができちゃいました!!みたいにストレートな味わい。そう、正直なワインという感じなんですよね~。

実際、今も生産量の大半を醸造所で量り売りし、リクエストのあった分だけをボトルに入れて販売しているそうです。ホントに地元の人だけ知っている地酒ならぬ地ワインだったんですね~~。

いやー、こんなワインを日本で飲めるなんて幸せです!

イル・ヴェイの2007にはちょっと面白いストーリーがあります。

2006年の軽く発泡したイル・ヴェイの赤に惚れた私は、06の完売後、2007が入荷した時真っ先に仕入れました。そしたら

発泡していない・・・・

そのことをインポーターさんに言ったら、

「今の時点はそうですが、これから発泡する可能性もあります。」

とのこと。
そんなことも忘れかけた今年の初夏、試飲会でこのワインを飲んだら、予言通り微かに発泡していたんです。ワインは生きてるってわけですね。 

是非そんな生きたワインを召し上がってくださいませ!!  


濃厚な赤紫。
カシス、チェリー、イチゴ、ヨーグルト、セージなどのハーブ、スミレの花、鉄、土などのナチュラルで豊かな香り。
口に含むと微かに発泡を感じます。カシス、チェリーの果実味に、ヨーグルトっぽい乳酸醗酵の名残を残すフレッシュな味わい。フレッシュな酸味を持ち甘みは殆ど感じない辛口な赤。タンニンは素朴な感じですが、決して突出して味わいのバランスを崩すようなものではありません。程良い苦味もあります。余韻はナチュラル、スパイシーでドライ。

うーん、この純朴な感じが大好きです!!
良い意味で力が入ってなくて、素直で正直な大地の味わいです。優しい味わいというのは違うけど、癒されます。

気取らないカジュアルなお肉やチーズを使ったお料理には良く合うと思いまーす!


マリアージュ: セージのミートボール、チーズフォンデュ、ピザ、生ハム、ライスコロッケ

詳しくはコチラから!!









スポンサーサイト

Comment

No title
> イッキー さま

ぼんじょるのー!コメント、ぐらーちぇ!!

イッキーさまの棲家(笑)を発見しましたよ!!後ほどお邪魔させていただきますね~!

>ワタクシも先日ディープなイタリアワインの夜を過ごしました(^_^)v

素晴らしくディープなイタリアワインの夜ですねー!!いいなぁ。

先日某インポーターさんの試飲会に行ったら、妙にイタリア赤が美味しく感じられたんですよね。なんとなく、体が秋を感じて欲しているのかな~~と思いました。これからの季節、イタリア赤の出番ですね!!

No title
こんにちわです!
ワタクシも先日ディープなイタリアワインの夜を過ごしました(^_^)v
2日経ってますが、まだ身体がイタリア~ンな香りが漂ってます(笑)
  • 2009/09/08 19:54
  • イッキー
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)