fc2ブログ

鮮烈なミネラル爆弾!超辛口のパワフルなシュナン・ブラン と いつも癒されたい時飲んでます!ヴァンクゥール・ルージュ08

JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:日記・一般


*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*



すいません、ちょっとご無沙汰してしまいました・・・・・。


土曜日の週末試飲にご来店いただいた皆様、夕方からのテイスティング会にご参加いただいたお客様、ありがとうございました!!!

全国的にほぼ無名のこの白井市(どこだっぺ~~?)にも、ワイン好きの温かいお客様がしっかり生息していることを、都会の社長さんにバッチリお見せすることができて良かったです!!!!
皆様のお気持ちがとっても嬉しかったです!!!ありがとうございました!

ただ今 いい気になって、またワインテイスティング会を計画しようかな~と思案中です。次回はもっとこじんまりしたヤツを!!



さて、なんでご無沙汰してしまったかといいますと、私のエネルギー低下が原因でございます。
夏バテかな~?でも、悲しいことに食欲はバリバリにあるんですよね。トホホ。

土曜のテイスティング会の翌日、臨時休業させていただきました。実は、がんばった自分へのご褒美!ということで(←自分で言うな~~ )、とあるショーに朝から晩まで出かけてきたのですが、ショーがあまりにも素晴らしく、リフレッシュされてピチピチ元気になる予定が、興奮の余り抜け殻のようになってしまった次第です。  

むむ・・・、こんなことではイカンです。がんばらないとー!!

ということで、またテンション上げていきますので、どうかよろしくお願いします。

(お店でボケーッとしてる姿をお見かけになられたら、「おーい、また抜け殻に舞い戻ってるよー」と突っ込んでやってくださいませ。)




ということで、少々遅くなってしまいましたが、週末試飲のアイテムのご紹介です。

週末試飲090822_1



ナナ・ヴァン・エ・カンパニー・ユー・アー・ソー・ファイン 07 白 (左)
産地:フランス/ロワール
品種:シュナン・ブラン 100% 有機栽培

クリスチャン・ショサールのネゴシアン・ブランド、ナナ・ヴァン・エ・カンパニーの1本。ユー・アー・ソー・(ほにゃらら) シリーズでは、珍しくAOCを取っているワイン。AOCヴーヴレーです。
有名生産者の手による ( ←ちょっと嫌らしい言い方ですね・・・  ) AOCヴーヴレーと考えれば、かなりリーズナブルなお値段かもしれません。

クリスチャンにとってシュナンブランは、「テロワールをワインに反映する最も適した品種のひとつ。」なのだそうです。彼曰く、シュナンはソーヴィニヨン・ブランのようにブドウ本来からくる華やかな香りが少ないが、ただ、熟成からくる複雑な香りや味わいはまさにテロワールに由来と呼べるもので、何ものにも変えられない独特の魅力があるとのことです。 

私もシュナン・ブラン好きです!というか、すごいと思います!!


さて、このワイン、注意事項があります。

注意: かなり発泡しています!!

これは意図的なものではなく、ボトルの中で生きていた酵母が再活動したためだそうです。
まぁ、生きたワインって証拠ですね~。

でも、まだまだ暑いこの季節、少し泡があるのもいい感じですし、泡がある時、抜けた時と1本で二度美味しいのも魅力!!泡が抜けた後が、このワインの本領発揮だと思います!!


キレイなレモンイエロー。かなり泡が見れます。
レモン、グレープフルーツ、洋梨、ミネラル、スモーキーなミネラル、ハチミツ、白コショウ、ハーブ、旨みなどの複雑な香り。
口に含むと、スティルワインとしては強い発泡があります。シャープで豊かな酸味、熟したレモン、グレープフルーツ、ハチミツ、ミネラルの爽やかな味わい。豊かな凝縮感とミネラルの骨格を感じ、力強い構成。微かに樽のニュアンスもありますね。余韻は比較的長く、ドライ。酸味とミネラルが残る。

発泡の多さに少々驚きますが、個性豊かな非常にミネラリーな味わい。口の中で転がした時の、スモーキーなミネラルの香りがたまりません!!! 

シュナン・ブランでここまでドライな印象のワインも珍しいかもという程、キリッと辛口。(ボトリングした時はもう少し残糖があったのかもしれませんが・・・・)
しかし芯にある果実の凝縮感は素晴らしいです。まだ若さを感じる、ポテンシャルの高い味わいと言えるでしょう!

マリアージュ: 魚介類の天ぷら、お刺身、ホタテのカルパッチョ、海草サラダ、白身魚のバターソテーレモン添え

詳しくはコチラから!



ティエリー・ピュズラ・ヴァンクゥール・ルージュ 08 赤  (右)
産地:フランス/ロワール
品種:ガメイ90%、グロロー10% 有機栽培

さて、最近 私が癒されたい時にいただくワインの定番となっておりますヴァンクゥール・ルージュが再登場!(だって、ヴァンクゥールの社長がいらっしゃるから、やっぱりヴァンクゥールは外せません!)

ブドウのポテンシャルが高く、何もしないでもすごいワインが出来てしまうという年と比べ、2008年ような年は収穫時期の選定から醸造まで、生産者の勘と腕の確かさがワインに現れる年です。
(と言いつつ、最近2008年って別に悪くないんじゃない?という気もしてきておりますが・・・。 まぁ、良い生産者さんたちのワインを扱っているからかもしれませんが。)

ティエリーも2008年は、果実味をより引き立てるために、ブドウ(果皮)の浸漬期間を短めたり、ワインの味を落着かせるために 50%は古樽で熟成させたりしたそうです。また、途中寒波に襲われ醗酵が止まってしまった時期があったそうで、それが結局澱との長い接触等をもたらし、旨みが増加したそうです。

結果として、とてもナチュラルで優しい旨みを持ったワインになりました!!

実際 私は、今までのヴァンクゥール・ルージュの中でこの08が『一番美味しいかも!!』と思っております!!! 


やや濁りのある明るい赤。
イチゴ、ラズベリー、赤い花、イチゴキャンディ、コショウなどのフルーティな香り。開けたてはやや還元しています。
口に含むと優しい果実味とフレッシュな酸味。イチゴ、ウメのフレッシュな果実味の飲み易く、バランスの良い味わい。タンニンは中程度で若々しく、酸味はフレッシュで豊か。優しい旨みがとっても豊かです。まさにノンフィルター!という旨み感です。余韻はドライでナチュラル。

ナチュラルな旨みが魅力の、飲み易いミディアムボディ。このナチュラル&ニュートラル具合が癒し系なんですよね!!和食などととても良く合いそうですね!偉大なワインという感じでは無いかもしれませんが、こういうワインこそデイリーに飲みたくなるワインです!! 


マリアージュ: チーズフォンデュ、ローストチキン、キッシュ、鶏の唐揚げ、親子丼


詳しくはコチラから!









スポンサーサイト



Comment

No title
> 徒然わいん さま

こんにちは!!コメントありがとうございます!

>ヴァンクゥールの池谷社長を迎えての試飲会行きたかったなあ。

また機会がありましたら是非~~!

>クロ ロッシュ ブランシュのトゥーレーヌ ガメイでした。

ガメイ07、当日久しぶりに飲んだのですが、ちょっと最初より柔らかくなりましたね。でも、もっと驚いたのがテール・ブランシュ07です。知らないうちにすっかり脱皮して、別物?という位変化してました。(笑) 硬さがスルっと取れた感じです。是非お試しになってみてください!

>レポートお待ちしてます。

そ、それがバタバタしてしまって・・・。ちゃんとまとまるか不安ですが、とりあえずレポートする予定です。(汗) 写真撮るのも忘れてしまいました。クスン。



No title
ご無沙汰してます。

ヴァンクゥールの池谷社長を迎えての試飲会行きたかったなあ。

と思いつつ、飲んでいたのは、やはりヴァンクゥール扱いのクロ ロッシュ ブランシュのトゥーレーヌ ガメイでした。

レポートお待ちしてます。

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)