父の日特集!!ビートルズが好きだったお父様にホワイトアルバムなワイン!とボルドー好きなお父様にはモダンスパニッシュなしっかり赤!

JUGEMテーマ:グルメ

昨日はupできなくて申し訳ありませんでした。 
もう父の日終わってますが、一応父の日特集だったので・・・・。



*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*



昨日は父の日。今年は6月が月曜から始まったので、ちょっと遅い父の日(6月第三日曜)でしたね。


そして、グルナッシュも父の日にピッタリのスペシャルなワインをご用意し、お客様に試飲していただきました。

ズバリ

”青春時代、ビートルズが大好きだったお父さんへ”


ふふふ、どうですかぁ?



私もビートルズ大好きです。
一昔前、・・・・いや二昔前かな・・・(汗)(汗)、洋楽好きの若いもんは皆、ビートルズ熱に罹る一時があったものです。

あれから早ウン十年が過ぎたわけですが、私は今だにBritish Rock 一筋です!!(ちょっと浮気をした時期もありましたが~)



そうそう、ビートルズファンという方に出会った時、絶対言ってはいけない言葉があります。それは、

「ビートルズがお好きなんですか?私もイエスタデーとか好きですよ。」

この台詞の後には、必ず微妙な沈黙が続くはず・・・・・。  



そういう時はせめて、

「ビートルズがお好きなんですか?私もレット・イット・ビーとか好きですよ。」

くらい言ってあげましょう。


(しかし、前にRCサクセションの古井戸さんが(←確か・・)、ラジオで「イエスタデーはすごい曲。あのコード進行はすごい!」(←さらにウロ覚え~)みたいなことを仰っているのを聞いたことがありますので、ひょっとしたら、最高レベルのマニアの間はイエスタデーもOKな回答なのかもしれません。)



ちなみに模範的な回答はというと・・・・

「ビートルズがお好きなんですか?やっぱりアビー・ロードのB面は最高ですよね。」

かな!!
その後、熱い語りを聞かされる危険性がありますが・・・。  




さて、ビートルズファンだったお父さんが喜ぶワインってどんなワインでしょうか!?



今週のワインはこちらでーす!!

週末試飲0906021_1

↑ ↑
プリントミスで真っ白になっちゃったラベルじゃありませんよー!


ラ・ボエム・ザ・ブラン 07 白 (左)
産地:フランス/オーベルニュ
品種:シャルドネ100% 有機栽培


相変わらずヘタクソな写真でスミマセン。肝心なものが映っていない・・・。 

左の真っ白のように見えるラベルは、The Beatles のホワイトアルバムのジャケットを模してデザインされたもので、白地に浮き彫りされた文字で『The BLANC』と書いてあるものです。(ホワイトアルバムは浮き彫り文字で”The Beatles”と入っています。)

ビートルズファンだったお父様がご覧になったら、一瞬にして「こ、これはホワイトアルバム!!!」と判っていただけるはずです! 

父の日のプレゼントにご購入いただいたお客様から、「この白いラベルにメッセージを書き込んでプレゼントするわ」とステキなアイデアもいただきました。とってもオシャレなプレゼントじゃありませんか!! 


2004年1.5haの畑から始まったラ・ボエーム。最近購入したわずか1haのシャルドネから造られたパトリック・ブーシェの初めての白ワインなのです。
きっと満足の行く白ワインが出来て嬉しかったんでしょうね。パトリックいわく、出来上がったワインの味わいがまっすぐで、ごまかしが一切ない!まさに「THE 白ワイン!」という気持ちがエチケットに込められているとのことです。

実は2007年は、彼にとってとても難しい年だったそうです。周辺の生産者が収穫を始める中、ブドウの成熟を待つために収穫を遅らせて彼でしたが、結局収穫量が50%も減ってしまったそうです!
しかしそのお陰か、醸造の方は逆に全く問題なく、全てにおいてエレガントでバランスのとれた素晴らしいワインが出来上がった!そうです。

畑は有機栽培を実践。醗酵は自然酵母で12ヶ月!!熟成は古樽で15ヶ月行ないました。

輝きのあるレモンイエロー。
ハチミツ、レモン、リンゴ、パイナップル、スモーキーなミネラル、焦がしたバター、ナッツ、飴などのリッチでフレッシュな香り。
口に含むと、微かに甘さの残るとてもリッチな果実味が広がります。ハチミツ、レモン、パイナップルなどの果実味に豊富なミネラル、凝縮感もバッチリ。微かにヴァニラなどスパイシーな感じもあります。
見事なのは、ボリューム溢れる果実味とバランスする活き活きとした豊かな口当たりの良い酸味。この酸味が全てを美しくまとめています。余韻はピュアで長い。スモーキーなミネラルフレッシュな酸味が残ります。

いやー、パンチ力のあるシャルドネです!美味しいですねー!
アタックは爽やかとも言えるのですが、余韻に長く広がる果実味から、元のブドウの素晴らしい力強さを感じることができます。
ブルゴーニュの美味しい上質な白と比べたら洗練とは言えないかもしれませんが、自然体でありながら力強いシャルドネのパワーが味わえるワインだと思います!!

いやー、すごいんじゃありませんか!!


マリアージュ:ホタテのバターソテー、ホタテのクリーム煮、チキンのブランケットソース、お寿司、チーズ

詳しくはコチラから!



カプサネス・マス・コレット 05 赤 (右)
産地:スペイン/カタルーニャ(モンサン)
品種:ガルナッチャ35%、 カリニェナ25%、テンプラニーニョ25%、カベルネソーヴィニヨン15%

しっかりした赤ワインが好き!というお父様へのプレゼントにはピッタリのスペインワイン!
ラベルもとてもオシャレでしょー!! 

弊店のワインにしてはとっても珍しく  ラベルに”barrica”とか書いてありますが、今は樽も良く溶け込んでいて、果実味たっぷり&上品な味わいです!


カプサネスはスペイン第二のDOCとなったプリオラートのすぐ近くにある小さな村の協同組合。カプサネスがあるDOモンサンは、元々DOタラゴナの一部だったのですが、プリオラートと同様に急な山の斜面に広がる特別なテロワールを持っており、それが評価され一般的なタラゴナから独立を果たしたDO。

今や超高級ワインとなってしまったプリオラートに対し、リーズナブルな価格でプリオラートのエッセンスを楽しめる貴重なワインであると言えます。

マス・コレットに使われるフドウは、村の近くの標高150-450メートルの畑から選ばれたもの。標高の低い畑の土壌は、沖積土ですが、標高の高いところにある畑や傾斜地の畑は花崗岩や粘板岩の上にある痩せた鉱山性の石の多い土壌。
9月初旬から10月中旬までかけて手摘みで収穫。(多分、標高150mの畑と450mの畑では、収穫に1ヶ月のタイムラグがあるってことでしょうねぇ。ナルホド~。)除梗後、ステンレススチールタンクに入れて、果実の新鮮さと香りを維持するために比較的低温に保って発酵させます。ワインは均等に5年使用したフレンチオークとアメリカンオークの小樽で9ヶ月間熟成された後、コンクリートタンクで6ヶ月間熟成。


濃い紫色。
カシス、ブルーベリー、ミント、タバコ、枯葉、干し肉、スパイス、ミネラルなどの華やかで妖艶な香り。
口に含むと、豊かなタンニンを持った豊かな果実味が広がります。ブラックチェリー、カシスの果実味に、タバコやカカオ、キノコ、鉄分、ミネラルなどの要素が複雑さをワインに与えています。タンニンは豊か。酸味はしっかりありますが、ワインによく溶け込んでいます。樽のニュアンスは控え目ですが感じます。余韻は力強い。

ボルドーが好きな方は是非!!
ガルナッチャよりも、テンプラニーニョ、カベルネの個性が強く出ています。でもカベルネの青臭さが押さえられているのは、やはりガルナッチャの果実味のお陰でしょうか。

しっかりと果実味がありながら、骨太なニュアンスも残し、さらに飲み頃!!!! 
このお値段のボルドーでは、あり得ない上質な味わいです!!

うーん、赤い色したお肉が食べたくなるぅ~~!!



マリアージュ:ステーキ、焼肉、牛肉のシチュー、カスレ、BBQ、ビーフジャーキー


詳しくはコチラから!




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)