fc2ブログ

リーズナブルなのが嬉しい凝縮感溢れるソーヴィニヨン・ブラン と クリュ・ボジョレーの奥深さを堪能できる1本 デコンブ・レニエVV06

JUGEMテーマ:グルメ


*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


今日は、お花見 [:桜:] には絶好の暖かい一日でしたね~。[:おてんき:] (←まぁ晴天と言うわけではありませんでしたが・・・[:たらーっ:] )
皆さんはお花見行かれましたか? 人気スポットはすごい人混みだったんではないでしょうか?
私も帰りに近所の桜スポットをお散歩して帰ろうかしら。[:楽しい:]

今年は、色んなお花がいっぺんに咲いているような気がするのですが、そう感じるのは私だけ??[:見る:]
お庭ではムスカリが咲いていますが、ムスカリって桜より前だったような。水仙も咲いてますしね~。大して花をつけないウチのダメ枝垂桜も咲き始めましたけど、これは例年は普通の桜より後に咲いていたのに・・・。
3月の低温のせいでしょうか?

私などの一般人は花を眺めながら「変なの~」ですみますが、農家の方などはやはり色々ご苦労がおありになるのでしょうねぇ。[:がく~:]
フランスの気候はどうなのかなぁ。2009年は良いヴィンテージになると良いですねー!![:わーい:]


それでは、今週の試飲ワインのご紹介です!!

週末試飲090405_1

ヴェイユー・ヴェイユー・ブラン 06 白 (左)
産地:フランス/ロワール
品種:ソーヴィニヨン・ブラン75% ムニュ・ピノ25% ビオディナミ

ヴェイユーはロワールのビオディナミを実践する生産者。(認証は有機)でも、ただのビオディナミ生産者ではありません。

コストパフォーマンスを追及するビオディナミスト

なのです。素晴らしーーー!![:拍手:] [:拍手:]
基本、有機栽培、ビオディナミは手間がかかる農法です。なのでコストが高くなり、ワインのお値段も・・・・。 しかし、このヴェイユーの当主 ミシェル・ケニオには

「健康的なブドウを使って、味わい豊かでコストパフォーマンスの高いワインを作る」

という理念があるのです。なので、機械なども使いながら効率良くワイン造りをなさっています。[:ラッキー:]

輝きのあるレモンイエロー。
レモン、洋梨、グレープフルーツ、メロン、オイル、ハチミツ、ミネラルなどのしっかりした香り。
口に含むと凝縮感を感じる完熟した果実味が広がります。良く熟したレモン、グレープフルーツ、メロンの果実味とハチミツ、オイル、ミネラルの味わい。酸味はフレッシュですが、口当たりは柔らかく、余韻にかけて力強く現れます。余韻は微かに苦味を伴ったボリューム感じる、素朴ですが力強いフィニッシュ。

トロトロと凝縮感を溢れる濃厚な果実味が魅力。ピュアで雑味は全く無くというスタイルではないかもしれませんが、とーーってもフレンドリーであったかい味わいの完熟ソーヴィニヨン・ブランです!でも酸味とミネラルがしっかりなのでバランスもGood。[:わーい:] [:わーい:]
やっぱりすっごいコストパフォーマンス!!デイリーなソーヴィニヨンブランとして是非!!

マリアージュ:チキンのワイン煮込み、フレッシュトマトのパスタ、キッシュ、ハム

詳しくはコチラから!!



ジョルジュ・デコンブ・レニエ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 06
産地:フランス/ボジョレー
品種:ガメイ 減農薬栽培

ジョルジュ・デコンブはボジョレー地区モルゴンにドメーヌを構える自然派生産者。
モルゴンと言えば、自然派の巨匠と呼ばれるマルセル・ラピエールのドメーヌがあるところ。ジョルジュ・デコンブもマルセル・ラピエール氏の元で多くを学び、共に試飲をすることなどでも多くの影響を受け、自身のワインスタイルを造り上げてきました。

このワインはクリュ・ボジョレー(単独AOCとして認められいるボジョレーの村)であるレニエ村の花崗岩土壌の1.8haの畑から造られました。樹齢は45年。
天然酵母で自然発酵。発酵~熟成中は酸化防止剤は添加せず、豊かなアロマをワインに与えるように努めます。無清澄、無ろ過でボトリング。ボトリング時に極々少量の酸化防止剤を添加。


自然派ガメイとしては比較的濃い紫。
抜栓直後は還元していますが、すぐに抜けます。
イチゴ、イチゴキャンディ、チェリー、スミレ、ヨーグルト、獣、ミネラルの爽やかさも感じるフルーティな香り。
口に含むと、しっかりとしたタンニンとミネラルの構成を感じるさすがクリュ・ボジョレー!という力強い味わいです。[:拍手:] イチゴ、ウメ、スパイスなどの豊かかつピュアな果実味、スモークした肉のような獣のニュアンス、フレッシュで活き活きした酸味、開けたては少し荒々しさも感じる力強いタンニン。そしてその奥に感じるエレガントな花崗岩のミネラルが非常に印象的![:ラブラブ:]
まだ少し若いかもしれませんが、返ってそのことがそれぞれの要素のクオリティの高さを際立たせているかもしれません。余韻は長め、ピュアでエレガント。

さすがクリュ・ボジョレーのヴィエイユ・ヴィーニュ(古樹)!と思わせる1本。
それぞれの要素がとっても上質という味わい!!! [:ラブラブ:] [:ラブラブ:]
無理に濃いというのではなく、とても質の良い力強さを秘めているというか・・・。いやー、美味しいです!チャーミングなボジョレーというイメージとは一線を画すワインです。

マリアージュ: ローストチキン、鴨のスモーク、豚と豆の煮込み、シュークルート

詳しくはコチラから!!

スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)