祝祝マルク・ペノ復活!!またペノのワインが飲めるなんて!! マルク・ペノ・グロ・プラン&ラ・デジレ 二本立て!!

JUGEMテーマ:グルメ



*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


昨日と打って変わって、今日は良いお天気です~~。[:おてんき:]
昨日はいきなり雪とか降るんですもん [:汗:] すぐ止みましたけど。この冬初めての雪でしたね。[:ゆき:]



「とうとうマルク・ペノが本当に破産したらしい・・」

昨年、私もこのニュースに涙した日本のマルク・ペノファンの一人でした。[:ポロリ:]
採算を度外視したワイン造りのため、かなり経済状態が苦しいとは聞いていたのですが、まさか本当に倒産してしまうなんて。
それから色々なミュスカデの飲む度に、心のどこかでペノさんの面影を追い求めましたが、やはりペノさんは“オンリー・ワン”の造り手だったんだという思いが・・・。

(もちろん、他のミュスカデの生産者さんは、それぞれのその方自身の個性が魅力なのですから、もちろんそれで良いのですし、みんなオンリーワンではあるのですが。[:たらーっ:] )

そんなペノさんファンに2009年素晴らしいニュースが届きました。
マルク・ペノ復活!!! [:ラブラブ:] [:ラブラブ:]
日本のインポーターの援助により、ドメーヌを復活させることができたのです。
やったー!!おめでとうございます![:拍手:] [:拍手:]



ということで、今週はマルク・ペノさんのワイン2本立てで試飲です!

週末試飲010125_1

マルク・ペノ・グロ・プラン 07 白 (左)
産地:フランス/ロワール 
品種:グロ・プラン 100%

こちらのワインは元々コニャック用に使われていたグロ・プランという品種から造られました。樹齢60年~80年という古樹から造られており、酸味のなかにもしっかりとした味わいがあるのが魅力です。

薄いレモンイエロー。イースト、レモン、グレープフルーツ、白い花、ミネラルなどの爽やかな香り。微かに還元しています。
口に含むとフレッシュな酸味が広がります。酸味は豊かですが、決して刺すようにシャープなものでは無く口当たりの良い上質な酸味です。
レモン、ミネラル、イースト、海草などの味わい。微かに苦味。極ドライですが、芯にしっかりと味わいがあります。[:わーい:]
余韻は爽やかでとてもミネラリー。結構しっかり余韻に味わいが残ります。

海のニュアンスバッチリの辛口白。
ワインだけで試飲するとちょっと酸味が気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、お料理と一緒にいただくと良い感じだと思います。生牡蠣やサラダなど、サッパリ系のお料理にはとってもよく合いそうです。[:ラッキー:]
欲を言うなら、夏に飲みたかったワインかな! [:あっかんべー:]

マリアージュ: 生牡蠣、グリーンサラダ、白身魚のカルパッチョ、カプレーゼ、ボンゴレ・ビアンコ

詳しくはコチラから



マルク・ペノ・ラ・デジレ 07 白 (右)
産地:フランス/ロワール 
品種:ミュスカデ 100%

ペノさんをまさに代表するワインがこの”ラ・デジレ”。
収穫量を低く低く抑えたミュスカデを用い、ペノさん特有の醸造法を用い造られた凝縮感溢れる素晴らしきワイン。

薄いレモンイエロー。
リンゴ、アップルタルト、レモン、ミネラル、ハチミツ、白い花、オイルのフレッシュでフルーティな香り。口に含むと、高い凝縮感を持った果実味。酸味は豊かですが、まろやかです。
ミネラルと豊かな凝縮感のしっかりした骨格を感じます。果実味はまだ若く、まだポテンシャルを出し切っていない感じですが、フレッシュで活き活きした果実味を楽しめます。
余韻はしっかりミネラリー、そしてピュア。混じりけの無い、キレイなワインになっています!!

えっと・・・・、
開けてから2-3時間後に劇的に変化します。[:イヒヒ:] [:イヒヒ:]

開けた直後はスルスル飲めるフルーティワイン。
2-3時間で激変して、ぎゅっと閉じます。ポテンシャルの高さ故と思いますが、そうなるとミネラルたっぷりのミネラルウォーター、じゃなかった [:ひやひや:] 骨格のある力強い辛口ワインへ。[:わーい:]
現在二日目、少し果実味がほころんで、戻ってきたところです!![:ラッキー:]
うーん、これからどういう風に変化するんだろう!!ワクワクしてきますね~!
時間を掛けて召し上がってください!!
(私的には一週間後に最高!と予想しましたが、もうちょっと早いかな?[:見る:] )

ペノさんのラ・デジレをまた飲める幸せ~![:ラブラブ:] [:ラブラブ:]
これに尽きます!

マリアージュ: 天ぷら、イカのフリット、シェーブルのサラダ、アクアパッツァ、ホタテのソテーレモン添え


詳しくはコチラから

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)