2017年 お正月の思ひ出 in スペイン バスク その5





急に思い出したように再開する私w


なんと2ヶ月もほっぽらかししてしまいましたね。えへへ。すみません。

以前の記事はこちらの旅行のカテゴリをご参照くださいませ。
http://grenache.blog.fc2.com/blog-category-13.html

ビルバオの夜のお話で終わってましたね。
翌日は昼過ぎにはサン セバスチャンに出発する予定。

旦那さまと相談した結果、出発の時間までの間に昨日死ぬほど美味しかった
ホセリートの生ハムとラムの串焼きピンチョ モルーノを食べにいこうということになりました。

ビルバオ市内は乗り物使わずに歩けます。(#^.^#)
お散歩がてら歩いていくことにしました。

1701 Spain 61

1701 Spain 62
こちらは有名な流線型の美しいデザインのスビスリ橋。

1701 Spain 64
このクラシックな建物の裏にあの美味しい生ハムの店、
ラ・ビーニャ・デル・エンサンチェがあります。

でも、行ったら閉まってたんですー。。゜(゜´Д`゜)゜。
そう、この日はスペインの祝日だったのです。

もう1回食べたかった。。。(´・ω・‘)ショボーン

ま、祝日だから仕方ないよね。
気を取り直してピンチョ モルーノのお店を目指して歩きました。

ピンチョ モルーノのお店ことカフェ・イルーニャは営業していましたε-(´∀`*)ホッ

の で す が、ラムを焼いているおじさまがいなーーーーい!!。゜(゜´Д`゜)゜。

確かに朝からラムの串焼きを食べようというお客さんは少ないか。。
残念ですが、お腹も空いたので普通のピンチョスをいただきました。

1701 Spain 65

1701 Spain 66

でも、やっぱりもう1回食べたかったなぁ。。。。゜(゜´Д`゜)゜。



名残惜しいですが、もうサン セバスチャンに向かう時間です。

ホテルに預けてあった荷物をピックアップし、トラムに乗りました。
トラムは街の周囲を囲むように走っています。
切符は乗り場の自動券売機で簡単に買えます。

1701 Spain 67

名前はすっかり忘れてしまったけどw、ナントカという駅で降りれば、
サン セバスチャンへのバスが出るバスターミナルはすぐ目の前です。

1701 Spain 68

電光掲示板みたいなのに出発予定のバスの行先が表示されています。
切符の販売窓口はバス会社ごと。
クレジットカードで買いたい場合は、券売機を使ってくれと言われたな。



そ し て・・・

1701 Spain 69

快適なバスの旅で、ピューッとサン セバスチャンに到着しました!
ついたらいきなりこんな美しい風景!!


今回の旅では、賛否両論色々あるみたいですが、初めてAirbnbを利用してみました。

借りたのはサン セバスチャンを流れる川沿いのアパートの1室。
とても素敵なお部屋でした!!

ただ、もし滞在中にアパートが火事になったらちゃんと逃げられたかしら?とか、
泥棒に入られたら?とか、色々考えると不安な点があるのもわかります。

ホテル業界の方たちには大きな打撃だろうしなぁ。。。


でも、今回の滞在に関して言えば、
とても気持ちよく快適なものでした!!

こちらが借りたお部屋です!!

1701 Spain 01
めっちゃステキなリビング その1!!

1701 Spain 02
めっちゃステキなリビング その2!!

1701 Spain 03
めっちゃステキなリビング その3!!

1701 Spain 04
こちらは寝室~。

1701 Spain 05
キッチンも快適です!

1701 Spain 06

1701 Spain 07
パンやおやつ、牛乳にワインまでも用意してくれていました。
コーヒーはネスプレッソのようなマシン完備。

お風呂もバスタブ付きでした。(#^.^#)


でも、なんといってもこのお部屋の一番は、
最高の眺めのベランダです!!

1701 Spain 09
向こうに見える小さな山の手前がサン セバスチャンの中心街。
歩いても10分くらいです。

1701 Spain 08
1月でしたが、バルコニーのテーブルでお茶を飲めるくらいの暖かさでした。(#^.^#)

オーナーさんはとても親切な方で、
帰りの日はビアリッツ空港の朝とても早い便に乗らなければならないので、
タクシーのことを相談したら、
予約してくださった上に、値段交渉までしておいてくれました!!

ありがたいー。 ヾ(〃^∇^)ノ

その方が「冬に来てよかったですよ。夏は物凄い人であふれてるから」と。

しかし、この晩のバルの混み方は尋常じゃなかったんですけど。。

じゃあ、夏ってどんだけ・・・・。|ω・`)



つづく~~。




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)