2017年 お正月の思ひ出 in スペイン バスク その3



その1とその2をご覧になりたい方は、右のカテゴリ一覧の
「トラベル」をクリックしてくださいね!!

(写真を貼るだけの手抜きな旅行記になりさがってすみません。。。|ω・`) )



グッゲンハイム美術館は内部も建築としてすごく凝っていたし、
ちょうど私の好きな画家さんたちの時代の展示をしていたので、
楽しく見学することができました。

さて、お腹も空いたので次に向かったのは、
美味しい羊の串焼き、ピンチョ モルーノで有名らしいこちらのバル。

カフェ・イルーニャ
Café IRUÑA

http://www.cafeirunabilbao.net/

1701 Spain 31
グッゲンハイム美術館から歩いて20分くらいかなぁ。

1701 Spain 26
レストランスペースとバルスペースに分かれていて、
さらにピンチョ モルーノは他のピンチョスをは別で
この焼き手のおじさまの前に並んで購入します。

横の窓のポスターに書いてあるとおり1本 2.5ユーロです。

1701 Spain 27
お昼過ぎくらいに行ったと思いますが、5,6人並んでいました。
超元気なスペインのお姉さんがやってきて、たぶん
「並んで買うの?あなた並んでるの?
じゃああなたの後ろ私だからとっておいてね!すぐもどるから!!!」
というようなことをまくしたててお店を出て行ったんだけど、
結局戻ってきませんでしたw

別に全然いいんだけど、少しは気になるから
あまり適当なことお願いしないでくださいw

焼きあがった串をこのソース?お汁?にいったん浸してから
パンと一緒にお皿にのせてくれます。

1701 Spain 28
めっちゃ柔らかくてめっちゃ美味しかったー!!
味付けはお塩とクミンとターメリックとかそんな感じです。(#^.^#)

焼き手のおじさまも面白い方で、
焼いてる途中で暇な時には、パンをこういう風に肉になでつけて食べるんだ とか
こっちのテーブルが空いたからこっちに座れ とか
FBで写真アップしてたら、そんなもの(スマホ)を見てないで二人で会話しろ とか (全部多分w)
色々絡んできてくれて楽しかったです。( *´艸‘)´艸‘)クスクス

そうそう、ここはこのカフェの無料wifiがあります。
だから美味しい写真はあげ放題!!賢い戦略ですね。

1701 Spain 29
店内も雰囲気があって良い感じです~。

1701 Spain 30
生ハムと生ハムとキノコのピンチョスを追加。
でも、ピンチョ モルーノをお代わりしておけばよかった。(´;ω;‘)
翌日の午前中に食べに来たらおじさんいなくて、焼いてなかったんですもの。

その2に書いたラ・ビーニャ・デル・エンサンチェの生ハムと、
このカフェ イルーニャのピンチョ モルーノを食べるために
もう1回ビルバオに行きたいって思うほど美味しかったです。(((o(*゚▽゚*)o)))

この2軒は本当におススメです!!(*´∀`)b

おじさんありがとう!!!



1701 Spain 32
これもビルバオの名物現代建築の一つのナントカ図書館。
全面ガラス張りで各国の言葉が書いてあるんですが

雪のあかるさ家いつばいのしづけさ

ってちょっと微妙な日本語・・・ |ω・`) ショボーーン


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)