ゼップ・ムスター氏



いよいよ明日はル ヴァン ナチュールの新澤さんをお招きしてのワイン会です!!
まだ、1,2名は定員に余裕がございますので、
急に時間が空いたので参加できます!
という方はお気軽にご連絡くださいね!(*´∀`)b

今回はスペインのワイン中心のリストになりました。

ご参加くださる皆様は予習にスペインの地図を見てきてください!
マドリッドはどこだっけ?バルセロナは?バレンシア・・???
スペインはとっても広いのですよー!(*^◯^*)



今週は試飲会ラッシュでバタバタしておりましたー。(;´∀`)

でも、田舎者の私にとっては、同じ日に2,3の試飲会があるととても効率的。
なにせ「東京に出て」いかなければならないですからね。

でも、4つは頭も舌も死亡しちゃうから無理です。(ヾノ・∀・`)ムリムリ


26日の水曜日も3カ所頑張って回ってきました!

その中の一つ、ラシーヌさんの試飲会はオーストリアの造り手、
ゼップ・ムスター氏を迎えての試飲会でした。

もう、オーストリアに行きたくなっちゃったなー!!
ゼップさんの畑が見てみたいなー!( *´艸`)´艸`)


161026 ゼップムスター

161026.jpg

161026 ゼップムスター 04
ゼップ・ムスターさんのワインはこんなラベルです。
きっと皆さんもご覧になったことがあるはず!


日本へは初めていらしたという
ゼップ・ムスターさんは落ち着いた話し方がステキな
とても穏やかで知的なジェントルマンでした。

畑のことやビオディナミのことなど、
興味深いお話をたくさん聞くことができました!


何度もおっしゃっていた核となる思いは、
畑の生命力を高め、それをブドウの中に集約し、
醸造所ではそれをそのまま活かすことが大切ということ。

畑の生命力を高めるのにビオディナミが効果的なのだそうです。

天体の配置や月の潮汐力のお話もされていましたが、
長くなるのでw

へぇそうなのかーと思ったのが、
ビオディナミってプレパラートをすごく希釈して撒くじゃないですか、
あれは「撒く物質に含まれている情報」を植物に伝えるのが
目的だからなんだそうです。

その物質が直接働くんじゃなくて、何かトリガーになるってことなのかなー。
なるほどー。


その中で司会の方が「その生命力というのはどういうものなんですか」
というような質問をされたのですが、
ゼップさんはそれに対し
「言葉で説明するよりも感じることが大事。言葉の解釈は人によって異なるから。
ワインを飲んでいけば、自然とそれが何なのか感覚的にわかってくる」
とおっしゃっていました。

まるでジェダイの騎士のようですがw、
でも本当にそうだと思います。

最後にちょっと質問させていただいた時に、
「今日はどのワインも飲みこんだ後も香りが長くずっと口の中に残っていました。
これも生命力の現れ方の一つなんですね。」って言ったら
「その通りだよ」と嬉しそうにおっしゃっていました。


あと、もう一つだけ興味深かったお話をご紹介します。

一番大切なのはワインを飲んで良い気持ちになること。
香りがどうとか味わいがどうとかではなく、
人の内面から楽しい気持ちが湧き上がってくることが大切。

その話の例えとして、
彼のワインが大好きなエジプト人医師のお話で、
彼のワインを飲み続けて3年目にしてなんでこんなに気持ち良いのかわかったと、
それは子供の頃の庭で濡れていた草花の香りがこのワインにあったからだったからなのだ
というお話をされていました。

勝手な解釈かもしれませんが、多分、だから、
ワインには単にフルーツの香だけでなく
色々な香りが含まれていなければならなくて、
認識するかしないかは別としてそれが人の過去の色々な記憶を刺激して、
味わいの中に生命力を感じるようになるのかなと思いました。

そういえば今週の始め、北の方で同じような話を聞いた記憶がありますw

きっと素晴らしい生産者さんたちの感覚には共通するものがあるんですね。

ゼップ・ムスターさんのワインは来月入荷予定です!(*´∀`)b


そうそう!

その複雑な香りには自然酵母が重要ってお話を
日曜日のサイエンスZEROでやっててとても面白かったです!

見逃した方は、
明日土曜日の午後12:30からNHK Eテレで再放送
がありますので、絶対見てくださいね!!



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)