FC2ブログ

大好きな硬水的シャルドネ(笑)の新ヴィンテージ と 07限定のル・カノンP!!こんなワイン飲んだこと無い!日本人醸造家大岡さんが仏で造るで自然派ワイン!

JUGEMテーマ:グルメ


*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*

通勤途中に横を通る田んぼは、まさに「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という感じ。いよいよ秋が来たな~ [:もみじ:] と思う今日この頃でございます。

お米と言えば、悲しい事件がありました。
”絶対やってはいけない事”の一線を踏み越えてしまったほんの一握りの人達の不道徳心が、こんなにも多くの人を不幸にする。
自分が渦中の一人だったら、どんなに辛くても「違う」「No」と言える人間でなければならないと思う。見て見ぬ振りをするのも同じ。
悲しいかな、起きてしまったことは取り戻せないけど、この事件を見て、今を生きる人が一人一人 そういう思いを新たにしてくれたら、明日は少し良い世の中になるのかな。


明日はより良い一日になることを願って、本日の試飲ワインの紹介です!!

週末試飲080913_1
↑ぎゃー。大事な”P”の文字が切れてます・・・[:悲しい:] カノンPのご紹介です!


クロ・ロッシュ・ブランシュ・テール・ブランシュ 07 白 (左)
産地:フランス/ロワール
品種:シャルドネ 100% 有機栽培

いつも大好きなクロ・ロッシュ・ブランシュのテール・ブランシュ。
基本型は岩清水のように超ピュア~~ [:ラブラブ:] なシャルドネ。

それプラス、それぞれのヴィンテージの個性があって、05は硬度50%増みたいな究極なまでに削ぎ落とされた力強いスタイル、06はリッチな果実味の芯が魅力的でした。07はスモーキーで微かにナッティ、ブルゴーニュのシャルドネを思わせるスタイル!と思うのは私だけ?[:楽しい:]

クロ・ロッシュ・ブランシュはロワールで長く有機栽培を続ける生産者。
「畑仕事に馬を使うのは構わないが、それだからワインの価格が高くなるという理由は納得いかない。私は詩人ではなくワイン生産者だ。」
これは、クロ・ロッシュ・ブランシュのディディエさんの言葉。
嬉しいですね!![:拍手:] こだわりにこだわり抜いたワインも意義があるのだと思いますが、私たちが一番嬉しいのは、毎日の食事と一緒に楽しむことができる美味しくて自然なワイン だからです。[:拍手:] [:拍手:]

リンゴ、スモーキーなミネラル、ミネラル、レモンなどの新鮮味溢れる香り。微かにナッツの香りも。
口に含むと、こうばしいミネラルの香りが再び感じられます。活き活きとした酸味と熟したレモンの果実味。ミネラルもた~っぷり。私の大好きな、硬質なミネラルウォーターみたいなニュアンスはそのままですが、07はブルゴーニュ・シャルドネ的な感じです。
こうばしくて、微かにナッティだからかな。余韻には旨みが感じられ、雑味が無くとてもピュア!

抜栓直後は前述の通り岩清水のような清冽な味わいですが、翌日はリッチな果実味が開いてきました。こういうワインを皆さんに飲んでいただきたいな~。


マリアージュ: 天ぷら、かき揚げ、ホタテのカルパッチョ、舌平目のムニエル、チーズ

詳しくはコチラ



ラ・グランド・コリーヌ・ル・カノン P 07 赤 (右)
産地:フランス/ローヌ
品種:グルナッシュ 100% 有機栽培

日本人醸造家大岡弘武さんがフランスはローヌで造る自然派ワイン。
彼の造るル・カノン シリーズは日本でもとても人気が高いですね。[:楽しい:]

しかし07にはちょっとした異変がありました。グルナッシュの収穫が1週間遅れてしまったため、糖度が非常に高くなってしまったのです。その為 2007に限りグルナッシュだけ別のキュヴェとしてボトリングすることにしました。それがこの07限定のル・カノン です。
(Pはポートワインのニュアンスを持っているので、ポートのPをとって名づけられました。)

実はこのワインが到着した時は、ちょっと甘みが立っていて、味わいにもバラツキが見られました。これはちょっと寝かせれば、もっと美味しくなるはず!と思い、セラーで約2ヶ月半ほど置いてみました。結果は大正解!! [:拍手:]
甘さは落ち着きを見せ、バラついていた様々な味わいと共に一つに溶け込んでいます。[:ラッキー:]

それにしてもすっごーーい面白いワインです!!!こんなワイン飲んだこと無い!
エキゾチックパワー満載の他には絶対無いワインですよ~。

07だけのカノンP、是非是非 体験して下さいませ!

しっかりした紫。
抜栓したては、ダークチェリー、カシス、漢方薬、シナモン、クローブ、シャルトリューズなどのとてもエキゾチックで華やかな香りが溢れます。(翌日は薬草っぽい感じは少なくなりました。)
口に含むとと~~ってもスパイシー!はやりシナモン、クローブのようなエキゾチックなスパイスにチェリー、プラムなどの果実がよく溶け合っています。ミネラルもありますね。甘さがありますが、フレッシュな酸味の為に、全くベトツキ感が無く、余韻は爽やかでもあります。
雑味は全く無くとてもピュアな味わい。めっちゃ美味しいです!!!


マリアージュ: 牛肉のワイン煮込み、シチュー、牛肉のオイスターソース炒め、鹿のグリル、猪肉のテリーヌ


詳しくはコチラ





スポンサーサイト



Comment

No title
訂正です(汗) (汗)

間違えました~。金曜日まで試飲しております。(すっかり今日は金曜日だと思ってました・・・。)

大変申し訳ありませんでした。
No title
>徒然わいん さま

コメントありがとうございます!!

徒然わいん さまもクロ・ロッシュ・ブランシュのファンなんですね!
嬉しいです!!
ミネラルフェチな私としては、テール・ブランシュは大好きなアイテムです。

抜栓6日目、香りも大分華やかになってきました。私は開けたての硬い感じも好きですが、やはり開いた方がお客様の評判は良いですね。

ル・カノンPは本当に他には無いワインなので、面白いと思います。
抜栓直後のシャリュトリューズのような香りは圧巻です。

明日までお店で試飲できますので、お時間がありましたら是非お寄りくださいませ。
No title
クロ ロッシュ ブランシュ、大好きな造り手の一人です。
大岡さんのワインも、久しぶりに飲んでみたいな。

こんなのを見せられると、お店につい伺ってしまいそうです(笑)。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)