1℃の違い

JUGEMテーマ:日記・一般


いやー、すっかり秋の気配の関東地方です。[:もみじ:]
涼しくなりました~。

この間まで「暑い!暑い!アツイーーー!!」と文句タレ蔵だったのに、「もう、夏も終わりか~」なんだかちょっと寂しい気分。現金な私です。[:ひやひや:]

そうそう、秋になる前に書いておこうと思っていたネタがあるのを忘れてました。なので、今回は旅行記をお休みして、ちょっと真面目なお話しをしたいと思います。


例えばその日の最高気温29℃と30℃の日があったとします。皆さんはその差を体感できますか??

28℃と29℃ならいかがでしょうか?

普通に暮らしていると、1℃の気温差なんて誤差の範囲。暑いものは暑い!!って感じですよね。

実は、最近 寝室に温度計を置きました。温度計を置いたというよりは、正しくは新しく買った目覚まし時計に温度計が付いていたんですけど。で、なんとなく寝る時に気温をチェックするようになりました。

フランスから帰ってきて、急に日本が暑くなり寝苦しい夜が続くようになった頃、ある発見をしたんです。

その発見とは、寝る時の温度が、

28℃ → 眠れる
29℃ → 寝苦しさはありますが、なんとか眠れる
30℃ → 暑くて眠れない


ということです。
これはなんとくなくではなく、確実にそうだったのです。
(ウチはちょっと風が通らないというのもありますが。)

1℃の温度変化に、自分の体がこんなにもしっかり反応をするとは思ってもいませんでした。
1℃の差なんて誤差の範囲だと思っていたので、すごくビックリ!![:びっくり:]


私はエアコンがあります。「夜眠れないと明日が大変だから、エアコン入れちゃおうっと!」と28℃に設定してオンすれば、朝までスヤスヤと眠れます。

でも、野生の生き物達はそういうわけにはいきません。[:悲しい:] [:悲しい:]

さすがに、シロクマが睡眠不足で絶滅するというわけではないでしょうが、「気温1℃の上昇」の意味を痛感しました。

1℃の気温上昇に対応するためには、同じ標高なら150km北へ(高緯度の方向へ)、同じ緯度なら150m標高の高い場所へ移動しなければならないと書いてあるのを見ました。

そして、地球の温暖化のスピードは野生の動植物がそのような地理的な移動を含めて対応できるスピード以上の速さで進んでいるそうです。[:悲しい:]


先日のアルザス訪問でも、温暖化を考えさせる話がいくつかありましたが、それはまた後程。

コツコツと一人一人が努力していかなければいけませんね。(`・ω・´)




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)