Songbird Beer 訪問♪♪ その1




8/8(土)18:00~ 【木更津 ソングバードビールの中島さんご夫妻をお招きして】の会を開催します!
皆様さのご参加をお待ちしています!!(*´∀`)b
http://grenache.blog.fc2.com/blog-entry-1377.html
ご参加を希望のお客様は弊店までご連絡ください。

Facebookのイベントページもあります!
https://www.facebook.com/events/704844972978677/
FBのアカウントをお持ちのお客様は、
こちらから参加のお申込みをお願いします!



さて、イベントの開催の前に、ちょっと予習をしておきましょうね!!(*^^*)

ということで、6月にソングバードビールさんを訪問させていただいた時の
レポをお届けします!

※※ ビールに関しては、知識がまだまだ足りないので
もしも間違ったことを書いていたら、本当に申し訳ありません。
さらに、訪問から日が経ってしまったので、かなり怪しいです。( ;∀;)
ノートを見返しても意味がわからなかったり。。。(;^_^A アセアセ


ソングバードビールさんは、
この4月に醸造免許を取得し、木更津でブリュワリーを開いた生まれたての
クラフトビールの造り手さんです。


1506 songbird beer 01

クラフトビールの聖地と言われる両国のポパイで働いていた時に
知り合ったという中島さんご夫妻が営まれています。
ビール無しでは語れない二人のご縁ですね!

ポパイさんでは毎日厳しいテイスティングの修業が
行われているのですって!
そういう経験って本当に自分の為になる
何物にも代えがたい貴重な財産ですよね。

その後、カナダとアメリカへもビールの勉強と修行に
行かれたそうです。

そして満を持して、ソングバードビールを開業されました。


1506 songbird beer 02

中は本当に小さな手作りの醸造所です。
こちらは加熱処理をするタンク。

1506 songbird beer 03

こちらは発酵熟成するタンク。
ソングバードビールさんでは、開放タンクを使っていらっしゃるのですが、
開放タンクで発酵を行うブリュワリーはあまり多くないそうです。

利点としては、
酵母が自由に動き回れることや、
元気の良い酵母を上からすくうことができることなど。

元気の良い酵母を上からすくって、
またその酵母を発酵に使うのだそうです。

この方法は富士桜高原ビールさんがやられているのが有名だそうで、
中島さんも何回くらい使い回しできるか興味深く様子を
見ていらっしゃるようでした。

何回も使っているうちに、ソングバードビールさん
独自の酵母に変化するかもしれないですね!!(*´∀`)b


さて、皆さんはブレタノミセスという
名前をお聞きになったことがありますか?

ワイン業界ではこのブレタノミセスという菌は
非常に忌み嫌われる存在なのですが、
ビール業界ではそうじゃないんですよねー。

ワインだとあんなに臭い香りを出すのに
ビールではそうならないんだから本当に不思議です。

ベルギー辺りではブレタノミセスを使った
有名なビールがあったりするんですよ。

中島さんもブレタノミセス(ランビカスとブリュッセンシス)を使った
ビール造りをされています。

さらにこちらは、それぞれのブレットに乳酸菌を
加えて熟成させてみているところ。

1506 songbird beer 04

探究心旺盛です!
しかし、ビールって本当に色んな可能性がありますよね!

今回の8/8(土)のイベントには、こうやって熟成した
ランビカス と ブリュッセレンシス+乳酸菌 という2種類のブレタノミセス
を用いたビールを持ってきてくださいます!

ちょっと飲み比べが興味津々丸じゃないですか~~!! ヾ(〃^∇^)ノ


またこんな風にご自宅の近所に植わっている
自然のままの果物を収穫してフルーツビールも仕込んでいます。

(ソングバードビールさんのブログ)
http://songbirdbeer.blogspot.jp/2015/06/blog-post_7.html

こちらが仕込み中のフルーツビール。

1506 songbird beer 05

1506 songbird beer 07

1506 songbird beer 06

それぞれ小さなタンクで大事に育てられているんですが、
だから生産量も極僅か。(;´∀`)

イベントには、上の3つとは違いますが
夏ミカン&ジンジャー というフルーツビールを持ってきてくださいます!!

うーん、こちらもめっちゃめちゃ楽しみでです!(*´∀`)b


<続く>





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)