今週の店頭試飲: ステーファノ・レニャーニ・ポンテ・ディ・トイ 13 白 と ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチ・ラ・グロース・ナディーヌ 13 ロゼ




*----* お店で試飲販売しています。 そのワインの御紹介です *----*


3月は静かな雨の日からのスタートとなりました~。
桜はいつくらいに咲くんでしょうか?
今年の冬 関東は暖かかったから、咲くのも早いかもしれませんね。


お雛祭り用にロゼワイン仕入れました~♡

でもこのラベルだということをすっかり忘れていて、なんだか

『大人の雛祭り』

的な雰囲気を醸し出しております~! (///∇//)

写真だと色がめっちゃ濃いですが・・・
実際も濃いめでですw

でも飲むととても柔らかくて優しい
ナチュラルなロゼらしい味わい!!
春らしい味わいでと~っても美味しいですよ!!

ちなみにキュヴェの名前 La Grosse Nadine は
「太っちょのナディーヌ」って感じでしょうか。。(;´∀`)

vini viti vinci



それから、お店のFBでご紹介したので、すっかりブログでも紹介した気になってましたが、
まだでしたね!

the far east

志賀高原ビール/THE FAR EAST Barrel Aged Imperial House IPA

志賀高原ビールさんの本気、野望、そういうものがギュッギュッと詰まった1本!!!
果たしてどこまで行くのか!?無限大のビールの可能性を感じます。

個人的にはあと1,2年熟成させても面白いじゃないかな~と思います!!
残り2本です!ご興味のある方はお早目に~!!



今週の店頭試飲ワインはコチラです!!

週末試飲150301_1

ステーファノ・レニャーニ・ポンテ・ディ・トイ 13 白 (左)

産地:イタリア/リグーリア
品種:ヴェルメンティーノ100% 有機栽培

大人気でもうとにかくすごい勢いのインポーターさん、
ヴィナイオータさんの新しい白の造り手の登場です!

先日行われたヴィナイオータさん主催の大々的なイベント、
ヴィナイオッティマーナにも来日されたこの造り手さん。

お会いになられた方はいらっしゃいますか?

最近リグーリア州のワインをよく目にするようになった気がします。
リグーリア州はイタリアのブーツの付け根の
左側(西側)の部分にある州で、
州とはジェノヴァです。

元々ビジネスマンとして成功を収めていらっしゃった方ですが、
ラ・ビアンカーラやラディコンなどの強力な洗礼を受け、
ついには自分でワインを造っていらっしゃるという方です。

このお値段のワインとしては非常に高い凝縮感を持ったワインですね!

醸造は、5日間皮ごと一緒に醗酵しています。

明るいレモンイエロー。
レッグスも長くアルコール度数高いのかと思ったら12.5%でした。
よく熟したレモン、リンゴ、洋梨のコンポート、白い花、
海のニュアンス、ほのかにみかんなどのナチュラルな旨みを感じる香り。
よく熟したレモン、リンゴ、洋梨のコンポート、みかんなどのリッチな果実味。
酸味は柔らかく、海のっぽいミネラル感も感じられます。
ナチュラルな旨み感と凝縮感の高さがとても印象的。
マセラシオンのニュアンスはあまり強くありませんが、
仄かなタンニンがリッチな果実味とバランスするのに
一役買っていて、軽く苦味も感じられます。
余韻は長くピュア。

魅力あふれるナチュラルな旨みと高い凝縮感を持った力強い白!!

酸味は柔らかく、ボリュームあるリッチかつ華やかな果実味が
滑らかに舌の上に広がります。

サッサイアなどがお好きな方は絶対見逃せないと思いますよ~!

ボリュームありますが、海の幸にもよく合いそうです!

マリアージュ: 魚介や野菜のフリット、ジェノヴェーゼのパスタ、蒸し鶏のサラダ、ニース風サラダ、
アクアパッツァ、ラタトゥイユ、

詳しくはコチラから!



ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチ・ラ・グロース・ナディーヌ 13 ロゼ (右)

産地:フランス/ブルゴーニュ
品種:ピノ・ノワール70%、ガメ・ド・ショドネ30% 有機栽培

12月に店頭試飲でご紹介したヴィニ・ヴィティ・ヴィンチのピノ・ノワール。
とても好評でした!

でも、味わい以上にちょっと変わった
エロティックな漫画のラベルの印象の方が
強く残っていらっしゃる方も多いかもしれません。

まぁラベルばかり先行して味が付いていかなかったら、
それはどうかと思いますが、
ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチは味わいも完璧に美味しいんだから
何の問題もありません!!


春~~!!。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀‘)ノ


やや赤の濃いピンク色。
イチゴ、イチゴキャンディ、梅、プラム、赤い花、樽、スパイスなどの
活き活きとフルーティな香り。
口に含むと美しい果実味が軽やかに広がります。
イチゴ、イチゴキャンディ、梅、プラムなどの爽やかな果実味。
酸味はフレッシュでタンニンはほのかに感じる程度。
ピノの力強さとガメイの柔らかさがそれぞれ感じられ、ある意味楽しい構成です。
甘い樽の味わいがアクセント。
余韻はすっきり。

春のお花が開いたようなフレッシュな果実味が口に広がる爽快感!

ピノの旨みとガメイの優しくチャーミングな果実味と
両方が楽しめる美味しいナチュラルワインです!!

これからお花見の季節まで活躍してくれそうですね!

マリアージュ: ちらし寿司、菜の花の辛し和え、ほうれん草のお浸し、豚しゃぶ、湯豆腐、タケノコご飯、
若竹煮、ミネストローネ

詳しくはコチラから!



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)