ナイーブ




立春過ぎたら日が長くなりましたね~!

って別に急に長くなったわけではないと思うのですが、
今日ふと気が付いてびっくりしてしまいました。

前回のブログでも書きましたが
こういう感じに、2月ってすっごく寒いけど
既にそこはかとなく春の気配を感じるるんですよね。

まぁ花粉症の皆様はそんな感傷的なこと言ってる余裕もなく、
「気配」を感じてしまうのでしょうね。。。

ご苦労お察し申し上げます。



さて、ちょっと前に「ユニーク」という言葉について
お話したことがありました。

http://grenache.blog.fc2.com/blog-entry-1289.html


個性を大切にする西洋の文化では褒め言葉の一つである
「ユニーク」と言う言葉。

でも、日本でユニークって聞くと
「ちょっと変わってる」っというふうにネガティブな言葉として
感じる人が多いんじゃないかと思います。

だから英語のワインの説明の中に「ユニーク」って言葉があっても、
それをユニーク自体は良く知られた外来語にもかかわらず、
そのままユニークとだけ使うのはちょっと考えてしまうんですよね。

(なんか日本語分かりづらいかな?(汗))

ユニークは良い言葉なのにとても残念。

で、そんな話を昨日友人としてた時に、彼女が

「まだ「ナイーブ」の方がいいよね。
もう意味が全然違うからバッサリ変えらればいいから。」

と。

そうそう!ナイーブは全然違うんですよね!

皆さんご存知でしたか?


日本語で

「彼はナイーブだね。」

っていうと、
彼は繊細な心を持った純粋な青年ってイメージですよね。

でも英語で

「He is naïve.」

っていうと、
彼は頭良くない甘ちゃんだよねってみたいなイメージになるんです。

(私の英語力は怪しいので、間違ってたらごめんなさい)


だから、すごく繊細で思わず守ってあげたくなるような
イケメン青年と出会っても

「You are so naïve.」

なんて絶対に言ってはいけないのですよ。

お勉強になりましたね!!



今日からの店頭試飲ワインもちょっとナイーブ(日本語的な意味で)な
イケメン(もらった写真を見ると)、
いやいやナイーブっていうかかなりの頑固者のイケメンさんが造る初登場の白!!

ちょっとまだ硬い感じですが、和食なんかには合いそうな感じです!!


今日からの店頭試飲ワイン!
・ピアーナ・デイ・カステッリ・ラツィオ・ビアンコ 13 白
・ドゥー・テール・シレーヌ・シレーヌ 12 赤


皆様のご来店お待ちしております!!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)