今週の店頭試飲: ベル・ヴュー・ミャム・ミャム 13 白泡 と シャトー・ド・プラド・カスティヨン 12 赤




*----* お店で試飲販売しています。 そのワインの御紹介です *----*


急なお知らせになってしまい大変申し訳ありません。m(_ _)m

誠に勝手ながら都合により、
明日 1月18日(日)は臨時休業させていただきます。

お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、
何卒ご了承くださいますようお願いいたします。



ということで、いつも1日早い今週の店頭試飲ワインのご紹介となります!

Wow!
先週のレ・ヴァン・コンテのフェルマンタシオン・イン・ヴィトロ も
かなりヤバかったですが、
今週のシャトー・ド・プラドのカスティヨン 12 赤 はヤバイです!!


あっ、ヤバイってすごく美味しいってことですよ!(;・∀・) (←無理して若ぶって不安になってるとこ。)


このシャトー・ド・プラドのベルナール・フルニエさんは、
3代に渡り長年ビオを実践しているだけあって、
あの華やかなボルドーにおいて日常の食べ物で自給できるものは
ほとんど全部自給自足しているそうです。

そして、自給できない必要最低限のものにだけお金を使うのだとか。

そんなシャトーから届いたワインの箱にも
物を大切にする彼らのエスプリをみたような。。。

中敷き

中敷きをガムテープで補修して使っていました。
ワイン屋歴8年ですが初めてみましたw

まぁフルニエさんではなく、日本で検品をした倉庫さんのお仕事かもしれないですけど。


欲を言えば、もうちょっとラベルもヤバイ感じだと良いんだけどな!! (;・∀・)


(今改めてミャム・ミャムを試飲したらこっちもヤバイ!今の気分ならミャム・ミャムかもー!)


今週の店頭試飲ワインはコチラです!!

週末試飲150117_1

ベル・ヴュー・ペティアン・ナチュレル・ミャム・ミャム 13 白泡(左)
産地:フランス/ロワール 
品種:シャルドネ50% ピノ・ノワール50% 有機栽培

夏の定番、爽やかなミュスカデとして
人気のベル・ヴュー。

そんな彼がかねてから

「チャンスがあれば造りたい!」

と希望を温めていたペティアン・ナチュレルが
リリースになりました。

コンセプトは

「余計なものはなにも足さないエレガントな
完全辛口のペティアン」

だそうです!!

私が試飲した時に面白い!と思ったのは
ワインの中にある「塩っぱさ」!!

さすがミュスカデの生まれる地ですね!!

仄かにピンクがかったやや濃いめの黄色。
泡は勢いよく元気がある。
イースト、ブリオッシュ、レモン、ライム、ミネラル、海藻、
などの爽やかで力強い香り。
口に含むと心地良く泡が広がり、潮の旨みを感じる
力強い味わいが広がります。
レモン、ライム、グレープフルーツなどの極辛口の果実味。
骨太な酸味と豊かなミネラルが骨格を造り、
ストレートなパワーを持った果実味をまとめています。
イーストの味わいと共に塩気や海藻などの豊かな潮の旨みが感じられ、
クールでミネラリーな余韻へと導きます。
全体を通してエネルギッシュで力強い味わい。

クールなミネラルと潮の旨みがこのワインのアイデンティティ!!

洗練というよりは素直、ストレートなパワーを持ったスパークリングです!
ピノ・ノワールの生む力強さが、シャンパーニュ的なスタイルを連想させます。

ヴァン・ナチュールなペティアン好きの方だけでなく、
シャンパーニュ好きの方にもお勧めしたい味わいです!!

マリアージュ: 生ガキ、アサリやムール貝のワイン蒸し、握り寿司、天ぷら、魚介のカルパッチョ、しめサバ、
手長エビとトマトのパスタ、蟹



シャトー・ド・プラド・カスティヨン・コート・ド・ボルドー 12 赤 (右)

産地:フランス/ボルドー
品種:メルロー80%、カベルネ・フラン15%、カベルネ・ソーヴィニヨン 5% 有機栽培


久々のボルドーです!!

試飲会でこの2012のカスティヨン
同じ生産者の上のキュヴェの2011が並んでいたのですが、
下のキュヴェであるこちらの方が

美味しい!!

かったんです!

インポーターさんにその理由を尋ねてみたところ、
2011と2012では収穫量がかなり違うので
その差がでたね!とのこと。

2011は50hl/haなのに対し、
2012の収穫量は30hl/ha。

なるほど~!


とっても円やかでエレガントかつ飲み頃、
そして

とーーーってもリーズナブル!!

なボルドーです!!

SO2の添加は極々僅か。


濃い赤紫色。
ダークチェリー、カシス、プルーン、赤い花、スパイス、タバコ、
シダー、ハーブなどのエレガントで複雑な香り。
口に含む滑らかな舌触りを持ったボルドーらしいコクのある味わいが広がります。
ダークチェリー、カシス、プルーンなどのよく熟した凝縮感高い果実味。
十分なタンニンは滑らかで口当たりよく、酸味もしっかりとあり
とてもバランスの良い構成です。
さらにスパイス、シダー、タバコ、ヨードなどの要素が感じられ、
やや落ち着きを感じる果実味とよく溶け合って飲み頃な味わいを作り、
それを酸味が余韻までしっかりと支えていきます。

この価格で力強くでクラッシーなボルドーの味わいを
満喫できるとは!!

複雑な味わいと大人なコク、滑らかで甘美な舌触り。
力強くもあり、柔らかでもあり、
一体感のある味わいは飲み頃であることを表します。

余韻も長くピュアで、丁寧に造られたワインです!

マリアージュ: ステーキ、牛肉の赤ワイン煮、牛タンのシチュー、ゴボウと牛肉の炒め物、
牛肉のオイスターソース炒め、ラムのロースト、スペアリブ、北京ダック


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)