アルザスの感動を皆さんにも!!アルザスの最高の生産者の一人、ジェラール・シュレール!!

JUGEMテーマ:グルメ


*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


晴天に恵まれた三連休!皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

今日のBGMは、お客様に教えてもらったジャック・ジョンソン。[:波:]
080720 Jack Johnson
アロハでも着て、海辺のデッキでカンパリソーダかピナコラーダを片手にゆるゆるな時間を過ごしている自分を想像して楽しんでます。[:船:][:晴れ:]

実際は、お店は寒いので [:雪:] 夏とは思えないほど着込んでるんですけど。へへ。[:イヒヒ:]



やっぱり、今週はどうしてもアルザスが紹介したい!!
そんな私が選んだワインはジェラール・シュレール・エ・フィス。ジェラール・シュレール・エ・フィスは今回訪問した生産者のうちの一つ、そして最も印象深かった生産者の一つです。[:ラブ:]

週末試飲080720_1

(※大変申し訳ありません、本日システム不調のためこれらのワインをネットにアップすることができません [:汗:] アップ出来次第リンクを貼りますので、より詳しい商品情報はもう少々お待ち下さいませ。[:悲しい:] )

ジェラール・シュレール・エ・フィスはアルザスにおける有機農法の先駆者。
40年以上にわたり有機栽培を実践していますが、何の認証もとらずただひたすら我が道を歩んでいます。現在父上のジェラールとこのドメーヌを支える日本人の鏡氏が畑を担当。息子のブルーノ氏が醸造を担当しています。

醸造は自然に任せ、人為的な介入は行なわれません。酸化防止剤の添加は、基本的に極少量をボトリング時のみ。自然派といわれる生産者の中でも、収穫後添加しないでワイン造りをしているのはごく僅かだそうです。

そして出来上がったワインはというと、力強いミネラルに裏打ちされた、どこまでもどこまでもピュアな素晴らしいワインとなります。

こういうワインを飲むといつも一つの疑問が湧いてきます。

「ただ自然のまま造っているというのに、何でこんなに洗練されたピュアさを持っているんだろう???」

自然派ワインと言われるワインの中にも、もっとワイルドで野生的なワインもあります。

しかし、最上の生産者は洗練と言えるほど美しく純粋なワイン造り出すのです。

この旅の中で私が感じたことは、やはり長期に渡って自然に耕されてきた畑のお陰だということ。限りなく健全な畑に実るブドウは、このようなピュアなワインを生み出すポテンシャルを自分自身の中に内包しているのだと思うのです。


百聞は一見にしかず![:見る:] こちらが今回の旅で見学させていただいた非常に瑞々しくヘルシー、美し過ぎるほど美しいシュレールのブドウ畑です。
080720 Schueller 畑
080720 Schueller 畑2



そして、こちらは除草剤などの化学薬品を撒かれ、カチカチになってしまったカワイソウな他の生産者の畑の土です。こうなると保水力もありませんし、栄養も無いので今度は化学肥料どんどん与えていくという悲惨な負の循環に陥ってしまいます。[:悲しい:]
080720 除草剤等により痛んだ畑

どうですか??シュレールのような健全な畑から造ったワインの方が、絶対美味しいことが容易に理解できると思います。[:ラッキー:]


おおーー!もう既にこんなに長くなってしまいました!!イカン、イカン!


それでは試飲の2種類のワインをご紹介しましょう。

ジェラール・シュレール・エ・フィス・シルヴァネール 06 白 (左)
産地:フランス/アルザス
品種:シルヴァネール 100% 有機栽培

ミネラル、ハチミツレモン、ハーブ、白い花、緑茶などのしっかりした香り。
口に含むとシルヴァネールとしては驚くほどの凝縮感。爽やかな酸味、レモンのすっきりとした味わいの中にミネラルを軸とした骨格があります。
余韻には豊なミネラルを強く感じ、長い。舌先にもしっかりと残る果実の味わいと口の奥にずっしりとくるミネラルが面白いハーモニーです。余韻は超硬質のミネラルウォーターを飲んだ時みたいです!

『シルヴァネールを舐めんなヨ!!』

とワインの声が聞こえてきそう!![:楽しい:] [:楽しい:]
飲み応えあり、でも爽やかさも兼ね備えた素晴らしい白ワインです。

マリアージュ:シュークルート、ハム、キッシュ、お刺身、アクアパッツァ、冷やし豚しゃぶ


ジェラール・シュレール・エ・フィス・ゲヴュルツトラミネール 04 白 (右)
産地:フランス/アルザス
品種:ゲヴュルツトラミネール100% 有機栽培

ゲヴュルツトラミネールはアルザス特有の品種。ソムリエ試験のブラインドテイスティングでも「ゲヴュルツが出ればいいねーー」と受験者が切ない望みを抱くほど強烈な個性を持った品種。(←すぐ判るから)

しかし、その他に類を見ない華やかなキャラクターのせいで、飲む人に時折too muchな印象を与えることもあります。
しかし、このゲヴュルツは違います!!派手な化粧を装わない真の美しさを湛えたゲヴュルツなのです!

きゃー [:てれちゃう:] 、美しい色!!!もう見るからに美味しいそう!!!!(口の奥が刺激されてキュンとしちゃいます! [:ひやひや:] )

甘いリンゴの蜜、白い花、香水、ライチ、ハチミツの華やかな香りにスモーキーなミネラルの上質なシャブリのような香りが相まってスゴイことになってます!!!
口に含むと、ほんの少しだけ甘さを感じますがかなりの辛口、そして素晴らしい凝縮感。香ばしいミネラルとフレッシュな酸、リンゴ、蜜、そして骨格を感じるしっかりとした味わい。
旨ーーーーい!![:楽しい:] 余韻は力強く、この上なくにピュア。海のミネラル。スゴイです!!!

あー、感動のゲヴュルツトラミネール。 [:拍手:] [:拍手:]

多分若い頃は硬かったと思います。今飲み頃です!!


マリアージュ:シュークルート、チーズ、キッシュ、中華風カルパッチョ、八宝菜、エビチリ



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)