夏の終わりの ロゼと赤・・・・???

夏の終わりって"いつ"なんでしょう??[:猫2:]
8月?9月?
なんか9月は夏っていうよりは秋の始まりって感じがするんですよね。。。
まぁ昨今は9月も真夏のように暑い[:おてんき:]ことが多いですが。

子供の頃はもちろん"夏の終わり=夏休みの終わり"でしたよね。
あー、いいなー、あの頃は悩みの無い明るい人生でした。。。[:ニコニコ:]
いやいや、それなりに悩んでいたのかな?(全然書かなかった絵日記や手をつけてない自由研究のこととか!?)

まぁ、「夏の終わりはいつだろう?」なーんて悩んでいても仕方ないので、とりあえず夏の終わりのロゼと赤を紹介しまーす!
(↑意味不明・・[:たらーっ:] )


週末試飲8月25日_1

ティエリー・ピュズラ・ヴァンクゥール・ロゼ 06 (左)
イチゴやウメの香りと共に・・・なんだかトマトの香りがします。
まぁ、夏らしくいいかー。 [:イヒヒ:] えーっ。[:汗:]
先日のティエリー・ピュズラ来日試飲会でも、「おぉー美味しいなー [:ニコニコ:] 」とツボにはまったこのロゼワイン
秋になるとあんまりロゼという雰囲気でもなくなるので、夏の終わりに紹介しましたんですけど、結構まったり~しているので、温度上げ目で秋に飲んでも美味しそうです!!

ティエリー・ピュズラ氏は御存知の通りイケメン醸造家、あっ、いや違った、自然派の大人気生産者として有名です。私は、良い意味で「どーだ、俺様のワインを飲んでみろ!」みたいな激しい個性があるわけでもなく、「ニューラルかつ自然体でなんとなくそこにいます」みたいな彼のワインの風情が好きなんです。癒されるワインであります。

イチゴ、ウメ、トマトの香り。口に含むとトロッとした凝縮感と鰹節的な旨みを感じます。余韻には爽やかな酸味。トマト系料理に合いそうだし、和食もよさそうですねー。サーモンとキノコ、トマトのホイル焼きなんて美味しそう・・・[:あせあせ:] ←ヨダレ


エスピエ・コート・デュ・ローヌ・ルージュ 06 (右)
イケメン醸造家(←コレばっかり・・)フィリップ・カートゥックスの造るコート・デュ・ローヌはいつでも私の大好きなワイン!!
週末試飲8月25日_3
ほら、やっぱイケメンでしょ!

エスピエはジゴンダスの小さな生産者。だからこのコート・デュ・ローヌもジゴンダスの周りの畑から造られています。(○ガ○みたいに、広大なコート・デュ・ローヌのどこで造られたかわからないというものではありません。)ジゴンダスならでは豊かなミネラルの片鱗も感じるこのワインなのです~。
彼のワインの特徴は、その美し~い香りとピュアな味わい! [:ラブラブ:] デイリーなコート・デュ・ローヌクラスで、これだけピュアで美しい香りと味わいを持ったワインはなかなかありませんゾ!!

気軽に家庭料理と合わせられるワインです。豚のローズマリー風味のグリルとか、焼きソバとかも良さそうですねー。


週末試飲8月25日_2
(左)ティエリー・ピュズラ・ヴァンクゥール・ロゼ 06
(右)エスピエ・コート・デュ・ローヌ・ルージュ 06

美しいサーモンピンクでございますっ!




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)