今週の店頭試飲: レ・ヴァン・コンテ・フェルマンタシオン・イン・ヴィトロ13 白泡 と シャトー・ラ・バロンヌ・グルナッシュ 13 赤





*----* お店で試飲販売しています。 そのワインの御紹介です *----*



デゴルジュマン。

ワイン通の方ならご存知だと思いますが、
デゴルジュマンとはスパークリングワインの製造工程の一つで
瓶内発酵が終わった後、瓶の中の澱を取り除く作業のことです。

日本語では「澱抜き」と言われます。

ボトルを口を下に斜めに置いて、時間を掛けて少しずつ回しながら
澱をボトルの口に集めるルミアージュ(動瓶)という作業をの後、
ガス圧を利用して抜栓した瞬間に澱を飛ばすという作業。

とても分かりやすい動画を発見しましたよ。

なんと実演者はアンセルム・セロス!!!



フランス語が分かればもっと楽しく見られるのになぁ・・・。(´・ω・`)

ワインスクールではデゴルジュマンの時は、ボトルの口を凍らせてからやるって
教わったような気がしますが、そんなことはしていないようですね。


なんでいきなりデゴルジュマンの話をしているかといいますと、
昨日から店頭試飲ワインとして紹介しているレ・ヴァン・コンテの
フェルマンタシオン・イン・ヴィトロ 13 白泡なのですが、
どのボトルも表面が汚いww

きっとデゴルジュマンの時に汚れちゃったんだろな。
そしてそれをそのまま・・・・なんて考えてたから。

そういえばあるインポーターさんがおっしゃってたけど、
造り手さんによってデゴルジュマンが上手い下手があるんですって。


まぁこちらとしては、別にボトルがちょっとくらい汚くたって美味しければ全然構いません!!

美味しいワインは造れないけど、ボトルを拭くことくらいは私にだってできますからね!

そんな仕事は私に任せてくださいませ!(`・ω・´)



今週の店頭試飲ワインはコチラです!!


週末試飲150111_1

レ・ヴァン・コンテ・フェルマンタシオン・イン・ヴィトロ13 白泡 (左)

産地:フランス/ロワール
品種:ムニュ・ピノ100% 有機栽培

レ・ヴァン・コンテを店頭試飲でやるのは、ちょっと久しぶりな気がします!

12月の試飲会でこれは良いな!!と思ったのですが、
12月は白が豊作過ぎて、
他のワインとのバランスとかの関係でご紹介が1月にずれこんでしまいました!!

ペティアン的には泡はかなりしっかりある方だと思います!!
SO2無添加。

微かに濁ったレモン色。豊かな泡が広がります。
レモン、グレープフルーツ、みかん、白い花、酵母などに
優しい旨みのニュアンスが加わった香り。
口に含むと細かく元気な泡と共にフレッシュな果実味が広がります。
レモン、グレープフルーツ、リンゴジュース、みかんなどのドライで
とてもナチュラルな果実味。
爽やかな酸味と舌の上ではじける細かな泡がフレッシュなスタイルを作ります。
酵母のニュアンスと共にナチュラルな旨みがたっぷり。
余韻は予想以上に長い。

皆さんの大好きなとってもナチュラルなペティアンです!!

優しい泡の広がる爽やかなアタックに続く
ナチュラルな旨みが広がる中間部。

骨太な味わいなことも多いムニュ・ピノとしては、
優しく癒し系、フェミニンな仕上がりです!

開けたては酵母の香りが強いですが、
時間と共に馴染んできます!

マリアージュ: ニース風サラダ、クレソンのサラダ、シェーブルチーズのサラダ、
カルパッチョ、トマトのパスタ、アボガドと豆腐の和え物、ほうれん草の白和え

詳しくはコチラから!



シャトー・ラ・バロンヌ・グルナッシュ 13 赤 (右)

産地:フランス/ラングドック
品種:グルナッシュ100% 有機栽培

ご存知の通りシャトー・ラ・バロンヌは、
ブルーノ・デュシェンとのコラボレーションで生まれるワイン。

カリニャンでお馴染みのシャトー・ラ・バロンヌの赤ですが、
今回はグルナッシュ100%です。

皆さんお気づきの通り、
ブルーノ・デュシェンと言えば
元来はグルナッシュの最高の造り手の一人なのですから、
グルナッシュが美味しくないわけないですよね!!!

なかなかエロティックなグルナッシュでございます!!

美しいルビー色。
プルーン、チェリー、イチジク、レーズン、バラ、赤い花、
八角、スパイス、ミネラルなどの複雑さを感じるエレガントな香り。
口に含むと滑らかな舌触りの妖艶な味わいが広がります。
プルーン、チェリー、イチジク、レーズン、熟した柿などの凝縮感高い果実味。
酸味は程よく、シルキーなタンニン上質な口当たりを生み、
ミネラルが豊かな果実味をクールダウン。
エキゾチックなスパイスの要素が余韻へと誘います。
雑味なく非常にピュア。
余韻も長い。

エキゾチックで妖艶な大人のグルナッシュ!

エキス感の高さとシルキーなタンニンが生み出す
官能的な舌触り。

既に美しく溶け合った果実とスパイス、そして
ミネラルの上質なハーモニーが見事です!!

ストレートでジューシーなバロンヌのカリニャンのスタイルとは
全く違った美味しさがある意味嬉しい驚きですね!


マリアージュ: 焼き鳥、ローストチキン、唐揚げ、豚の炭火焼き、カスレ、バーニャ・カウダ、
生姜焼き、酢豚、クスクス

詳しくはコチラから!



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)