ストラスブールでふつーのハイネケンを飲むの巻!?アルザス旅行 第一日目

JUGEMテーマ:日記・一般


080717 alsace cat
↑アルザス・コルマールの猫ちゃん [:おてんき:]


7月4日金曜日、いよいよ2年ぶりのフランス旅行へ旅立つ日がやってきました。
ウチのネコちゃんには可哀相だけれど1週間のホテル暮らしをお願いしました。「ちゃんとご飯食べて元気にしてるんだよ~~」と涙の別れ。[:悲しい:] [:悲しい:]
そんなこんなしているうちに(?)成田を飛び立ち一路シャルル・ド・ゴールへ。


さて、何故今回 アルザスを旅の地に選んだかといいますと・・・

(1)以前に何かで見たストラスブールの街がとても美しかったから
(2)ビオディナミ生産者の多いアルザスの畑、テロワールを見てみたかったから
(3)リースリングという品種をもっと知りたかったから
(周りに居るワイン道の先輩諸氏が「最も偉大な白ブドウ品種はリースリングだ!」と仰っているのを時折耳にしていて、きっとリースリングには私の知らない何かがあるに違いない!と思っていたから)

です。



では、旅行記に戻りましょう!!

無事シャルル・ド・ゴールへ到着。パリ観光なんてしません!![:猫2:] 空港から直接TGVに乗り込みストラスブールへ向かいました。
TGV.jpg
フランスでは昨年ストラスブールへTGVが通うようになりました。空港内の駅から2時間強でストラスブールに到着します。便利ですねー。[:ラッキー:] TGVは席も広々としていて、ゆったりできます。一人往復100ユーロ位かな。パリ-ストラスブール間は500km位あるので、ユーロ高とは言いながら新幹線に比べたら安いのかもしれませんね。
フランス語の本を開いてみるも、案の定爆睡いたしました・・・。トホホ。[:がく~:]
ストラスブール駅
夜10時15分ストラスブール駅に到着。といってもこの時期フランスではやっと暗くなったかなという時間帯です。[:たらーっ:] ストラスブール駅は古い駅舎をそのままガラスで覆った珍しい構造をしています。東京駅をガラスで覆ったら・・・なんて想像してみると、ちょっと面白いかも。[:わーい:]

さーて、ストラスブール名物のトラム(路面電車) [:でんしゃ:] に乗ってホテルに向かおう!!ルンルン♪と案内どおりに進んでいくと・・・・、えっ!?駅(らしきもの)が閉まっている。[:びっくり:] 通りがかりのお姉さんに聞いてみるも、返ってきた答えはフランス語。なんか他の場所から乗れと言って下さっているようですが、よくわからなーーい。[:悲しい:] もういいや、トラムを探してウロウロするより、どうせ10分位だしホテルまで歩いちゃえ!ということで徒歩でホテルに向かいました。
まだ通りのテーブルでは沢山の人がワインやビールを飲んでワイワイやってます。その横を「はいはい、ごめんなすって~」と石畳の上をガラガラと騒々しく進んでいく私たちなのでした。[:たらーっ:]

チェックインしたのは”ETC....HOTEL”という不思議な名前のホテル。キレイに改装されていますが、エレベーターもエアコンもありません。しまった~。エアコンは予約の時にちゃんとチェックしておくんだったー。[:がく~:]

荷物を置いて、とりあえず街をプラプラしてみることに。地図も見ないで、とりあえず人混みの方へ向かって歩いていくと、おー!目の前にこんなものが!![:拍手:]
alsace ストラスブール カテドラル
ストラスブールのカテドラルです。6月末からイルミネーションをしているようです。刻々と色が変わっていって、なかなか見応えがありました![:ラッキー:]

さーて、じゃあ一杯いきますか~♪♪

ワインを頼んでも、こういう観光地では [:がく~:] なワインが出てくることが予想されるため、ビールを飲むことに。喉も渇いたしね!美しいカテドラルが見える席に坐り、お店の方に「ビールください!」
alsace ストラスブール ハイネケン
出てきたビールはハイネケンでした [:汗:] 以前どこかの街でハイネケンを飲んだ時はかなり美味しくて、「フランスではハイネケンも美味しいんだねーー!」なんて感動したこともあったのですが、ここのはふつーー [:ふぅ~ん:] でした。
アルザスはビールも有名と聞いていたので、「さー、アルザス初ビール!!」なんてちょっと盛り上がっていたのですが・・・。残念。

今日の教訓:
ビールはちゃんと銘柄を聞いて、銘柄指定で注文しましょう!![:悲しい:] [:悲しい:]


次回はストラスブール観光です!![:わーい:]



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)