世は遷り変わるもの。。。(遠い目)




ほっと一息つく土曜日です。

何故かよくわからないのですが、
うちのPOSシステムの在庫管理が迷走したっぽくて、
この2,3日ヌーヴォーの在庫がちょくちょく狂って
その度に大慌てしていまいました。

取り消しのタイミングとかの問題だったんだろうか。。。。

さっき合わせたのに、また狂ってる!とかそんな感じだったんですよ。

ポ、ポ、ポ、POSたんどうしちゃったの・・・。

しっかりして~~!!


しっかりして~と言えば、
現在開かれているグランプリシリーズのフランス大会( トロフィー・エリック・ボンパール)
の開催地がボルドーなんですよね!

ボルドー


でも、直前まで氷ができてなかったり、
同じ会場で公式練習の前日までライブやってたり、
キス&クライが3階にあるというい未だかつてない斬新な
会場レイアウトだったりで、
変な意味で注目を浴びていますw

ボルドー、ちゃんとしろ!w ガンバレ!!!


ボルドーに行ったのは10年以上前だっけ。
まだワインの仕事初めて数年って感じの時で、
当時私の前に広がっていたのは今と全く違ったワインの世界。

立ち並ぶゴージャスなシャトーを訪問してあまりの別世界ぶりにホワーッとなった後、
とあるシャトーを訪問したら作業着のおじさんが出てきて、

「今日も奥さんが子供たちを連れて海に行ってるけど、自分は行かない。
畑のことが心配で、畑から離れられないから休みなんかとってらんないから。
収穫前になると雨の音で夜中でも家を飛び出すことしばしば。」

なんて話をしてくれて、
なんかこの人違うけどカッコ良い!!って思ったんだった。


あれがある意味、「会社」で造ってるワインもあるけど、
「個人」が自ら畑で働いてワインまで造ってるワインもあって、
どうもそれらは違うらしいとうことを
初めて肌で感じた経験だったかもしれません。

(だって某シャトーではずらっと並ぶ発酵タンクの温度を
自動管理する大きな制御盤みたいなのを自慢されてたりしたんですよ。)

そのシャトーはシャトー・シャルマイユというシャトーでした。

今もどこかが輸入しているのかな。

思い出に浸りつつネットで検索してみたら、
大層ゴージャスなホームページが出てきてビックリ。

世は遷り変わるもの。。。(遠い目)



今週は残り超僅かなヌーヴォーの試飲に加えて、
こちらの一本をご紹介しております!!

カーサ・コステピアーネ・プロセッコ・シュール・リー 13 白微泡

今年もやっぱり青リンゴ系爽やかシュワシュワです!!
ホント爽やか!!



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)