今週の店頭試飲: ダヴィデ・スピッラレ・ビアンコ・ルーゴリ 13 白 と ドメイヌ・ソガ・メルロー・サンシミ・プルミエ・ムラサキ第一東農場 12 赤




*----* お店で試飲販売しています。 そのワインの御紹介です *----*




うわーん、めちゃめちゃカッコ良いんですけど!!

私はこういう何度でも見たくなる、
思わずリピートしまくってしまう心奪われる美しい演技が見たいんですよね。

別にに特別4回転が見たいわけでもないんですよ。
そろそろ宗旨替えしようかしら。

これはフィギュアスケートのアイスダンスの演技(SD ショートダンス)。
SDでは途中皆決まったステップを踏むのですが、
今年は課題がパソドブレなので、
どのチームもスパニッシュなテイストの
振付になっています。

この超絶美しくかわいい女性のロシア人選手はエレーナ・イリニフ。
ソチ五輪で躍進を遂げ銅メダルに輝いたものの、
世界選手権の後、パートナーのカツァラポフに
コンビを一方的に解消されてしまいました。
そして、その時既にカツァラポフはエレーナには秘密で
新しい女性(シニツィナ)とコンビを組む準備をしてたという・・・・。
失意のエレーナでしたが、
結局シニツィナの元パートナーであったジガンシン(やはり捨てられた形)と
新しいペアを結成し競技を続けることになりました。

(間違っていたらすみません)

今回のロシア大会には、
この因縁のイリニフ・ジガンシン組とシニツィナ・カツァラポフ組の
二組両方が出場するということで、
スケオタさんたちの間ではちょっと興味津々だったんです。

そしてこのイリニフ・ジガンシン組の情熱的な演技!!!

惚れてまうやないかー!

エレーナ01


フィギュアスケートはこんな美しいスポーツなんですのよ。




そしてワインもため息が出るほど美しい!!!

今週の店頭試飲ワインはコチラです!!

週末試飲141115_1

ダヴィデ・スピッラレ・ビアンコ・ルーゴリ 13 (左)

産地:イタリア/ヴェネト
品種:ガルガーネガ100% 有機栽培


相変わらず飛ぶ鳥を落とす勢いで
快進撃を続けるヴィナイオータさん!!!

(太田社長がグルナッシュのワイン会に来てくれた日が
懐かしいですねー。)

そんなヴィナイオータさんの中でも
最年少の造り手がこのダヴィデ・スピッラレ。

私がイタリアでお会いした時は23歳とおっしゃっていましたから、
今もまだ30歳前だと思います。
それでも既に7年キャリア!

クオリティもドンドン高くなってきています!

太田さんも

「2011年ヴィンテージで、
ステージ的に何段か上った感のあるダヴィデ スピッラレ」

とおっしゃっていましたね。

2013は前のヴィンテージに比べるとよりフレッシュな印象です!

ビアンコ・ ルーゴリは収穫、除梗、圧搾後、
果皮と一緒に18時間静置した後に
使い古しのバリックへと移されアルコール発酵、熟成を行ないます。

レモン、ライム、グレープルーツ、レモンキャンディ、ハーブ、
白い花などのしっかりとした果実の香り。
フレッシュで豊かな酸味と
レモン、ライム、グレープルーツ、レモンキャンディ、
微かに桃や洋梨を感じる熟した柑橘系の果実味が
調和した味わい。
ほのかに爽やかな苦味を感じます。
中心にはナチュラルな旨みも感じられ、
雑味なくピュア。

フレッシュで爽やかな果実味ですが、
しっかりと目の詰まった味わい!!

余韻にじんわり広がるナチュラルな旨みも良いですね!!

柑橘系の味わいは、様々な魚介の料理に合うでしょう!

マリアージュ: 白身魚やホタテのカルパッチョ、お寿司、生ガキ、寄せ鍋、天ぷら、
ボンゴレのパスタ、生春巻き

詳しくはコチラから!!




ドメイヌ・ソガ(小布施ワイナリー)・メルロー・サンシミ・
プルミエ・ムラサキ第一東農場 12 赤 (¥150/25mlの有料試飲) (右)


産地:日本/長野
品種: メルロー 100% 有機栽培

昨日のブログでご紹介したように、グルナッシュ初めての試み、
有料試飲を実施しています!!

なかなか評判良いですよ!!

11/19(水)までやっておりますので、
ご興味のある方はお気軽にお立ち寄りくださいませ!

7月に初めて入荷した時にご紹介した
メルロー・サンシミ・レゼルヴ・プリヴェ・ムラサキ第一農場。
曽我さんがドメイヌ・ソガの中でも最も美しく最上のメルローを
生み出す畑と絶賛する畑です。

そしてこのムラサキ第一東農場は、
その第一農場と道を挟んで東にある畑。

曽我さん曰く、ドメイヌ・ソガでは
ロマネ・サンヴィヴァンのような存在なのだそうです。

(ロマネ・サンヴィヴァンはかのロマネ・コンティの
隣の畑です。)

第一のメルローとは対照的で、
ピノ・ノワール的な要素を持ち合わせ、
複雑でしなやかな味わいですとのこと!!

以前ドメイヌ・ソガのワインをお買い上げいただいた
お客さまがこんなことをおっしゃっていました。

「ワインのことは詳しくないけれど、
とても丁寧に作ってあることはわかります。
ワインに限らず何でも丁寧に作ってあるものはわかりますよね。
とても美味しかったです。」

嬉しいお言葉ですね!

私もこのワインから同じ印象を受けました。

とても とても とても 丁寧に造ってある

という印象。

決して丁寧=色々手を加えたという意味じゃないですよ。


カシス、ダークチェリー、樽、ミネラル、スパイス、微かにミントなどの
リッチでう品のある香り。
口に含むと滑らかなタンニンを持った素晴らしくバランスの良い味わいが
広がります。
カシス、ダークチェリーなどの柔らかくエレガントな果実味。
酸味はフレッシュで若さは感じますが、肌理の細かいタンニン。
今はまだ少しミルキーなニュアンスもあり、
ナチュラルさが強調される感じ。
とてもバランスよく品のある構成です。
樽、リコリス、タバコ、土などの要素が複雑さを生み、
繊細な印象もあります。
重々しさは無くミディアム~フルボディ。
余韻は長い。

全ての要素が、この上なく上質で品のあるメルロー。

すごく厳しいスタンダードを課して造り上げた味わいだと思います。

こういう言い方は良くないのかもしれませんが、
あまり日本のワインという感じがしません。
かなり良い造り手のクラッシーなボルドーワインのようです。

マリアージュ: 和風ステーキ、鴨のロースト、ローストビーフ、ローストチキン、
チンジャオロース、フォアグラ、牛肉とキノコの中華炒め

(小布施ワイナリーのワインは店頭のみの販売となります。ご了承くださいませ。
お電話でのお問い合わせは受け付けております。)

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)