アルザス料理と言えば?



またお昼にバゲット1本食べてしまった・・・。ヤバイ。( ̄◇ ̄;)

っていうか、まぁ全部食べるだろうことをわかって買ってるんだから、確信犯ですよね。

残りがちょっとになると、これだけ残しても仕方ないし!美味しい時に食べとかないと!という意味不明にポジティブな気持ちが湧いてきて、それに抵抗できないのですw

今晩はカラオケでエネルギーを発散しようっと~~!!



今日からの店頭試飲はこちらの2本!!

リエッシュ・ ピノ・グリ・ナチュール 12 白
レミ・プジョル・ル・トン・フェ・トゥー・ルージュ 12 赤


レミ・プジョルたんはちょっと還元中です。。。 (´・ω・`)



さて、私はワインの試飲コメントを書く時、マリアージュと称してそのワインに合いそうなお料理を紹介しています。目的はワインに合いそうな料理の提案なんてたいそうなものではなく、なかなか味を文章で伝えるのは難しいので、逆にこういう料理に合いそうなワインならきっとこんな味わいかな!って味のイメージが浮かびやすいかなと思ってやっています。

また小難しい料理よりは家庭料理の中から選ぼうと思ってやっています。でも料理するのは大好きですが、全然プロじゃないのでレパートリーが限られるの苦しいですねw


ご存知の方は多いと思いますが、ワインと料理のマリージュには「土地のものを合わせる」という鉄壁のマリアージュ法があります。

同じ土地のワインはその土地の料理に合うようになり、また逆にその土地のワインに合う料理が発達するというのは、至極納得できる話ですよね。

さて、ここで本日からご紹介中のリエッシュ。やっぱりマリアージュにはアルザスの名物料理を書きたくなります。アルザスには有名な名物料理が多いですが、皆さんはどんなのをご存知ですか?

前にアルザスに行った時に食べた名物料理の写真を引っ張り出してきました!!アルザスワインと一緒に食べるお料理の参考にしてください!


多分一番有名なのはシュークルートかな!2回食べてました。

alsace 02

alsace 03

シュークルートは塩漬けのキャベツ(ザワークラウト、シュークルート)と豚肉やソーセージを煮込んだ料理。これがアルザスのしっかりめの白と合うんだなぁ~~。じゅるじゅる。


一方一番日本の家庭の食卓に入り込んでいるのがキッシュでしょう。

alsace 01

タルト・フランベはピザみたいな料理。

alsace 04

(このお店のはまるでピザだった・・)


ベッコフは専用の陶器の鍋で野菜、肉、白ワインを入れて煮込む料理。私が頼んだのはマンステール入りのベッコフでした!

alsace 05

取り分けるとこんな感じです。

alsace 06



おまけに可愛いアルザスの街。この街はどの街か忘れてしまいました・・。どの街も可愛いんですよ~。

alsace 07

こんな小さな街が街道沿いに点在しています。

alsace 08






長い長い間 同じテーブルで食されてきた名物ワインと、名物料理はが合わないわけありませんよね!!


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)