またまた登場 カミッロ・ドナーティ!カミッロらしいナチュラルさがたまらない素朴なワイン2本立て!

JUGEMテーマ:グルメ


*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*

ちょっと出遅れましたが、入手しました。

viva la vida

Coldplayのニューアルバム 『Viva la Vida』です。
まだそんなに聞き込んでいないのでナントも言えませんが、スケールが大きくなって洗練されたなという気がします。
プロデューサーがブライアン・イーノなんですね。(そういえばプログレの香りがところどころに・・)ブライアン・イーノはきっとすごいミュージシャンなんだと思いますが、素人なロックファンの私にとってはU2の嫌な記憶が甦ります。。。[:ひやひや:]
ま、もうちょっと聞き込んでみますね。

音楽、そしてワインにも言えることですが、”洗練される”って難しいですよね。
”洗練”を得ることによって失うものがあると思うんです。
計算を超えたピュアで荒削りな力強さとか・・・・。
でも、ミュージシャン、そして生産者も、真面目で向上心のある人でばある程、同じところには留まってはいられないのです。さらなる極みを求めるため、初々しい輝きは置いて進むしかないんですよね。

なーーーんて、妙に神妙な雰囲気になってしまいました。[:汗:][:汗:]


それでは、店頭試飲ワインのご紹介です!![:わーい:]
またまた大好きなカミッロ・ドナーティのワインのご紹介です。

週末試飲080621_1

カミッロ・ドナーティはイタリア、パルマ近郊で、今では殆どいなくなってしまった昔ながらに瓶内発酵でランブルスコを造る生産者。ランブルスコ以外にも発泡ワインのレパートリーは沢山あり、どれもナチュラル&個性溢れる味わいです!!!


カミッロ・ドナーティ・マルヴァジア・フリッザンテ・セッコ 05 白微発泡 (左)
産地:イタリア/エミリア-ロマーニャ
品種:マルヴァジア100% 有機栽培

お客様の反応は「不思議~!」です。[:イヒヒ:] [:イヒヒ:]
甘さを予感させるバラ、香水などの香りを裏切るかなり辛口なボディに驚いちゃうんです。
濃い落ち着いた黄色。バラ、香水、紅茶、リンゴ、オレンジなどの爽やかで華やかな香り。口に含むと優しい控え目な泡が心地よく広がります。味わいは予想以上にドライ!!余韻に軽く苦味感じる爽やかな果実味。後口はビールのような印象もあります。
夏って苦いものが欲しくなりませんか?ゴーヤとかカンパリとか。(実は苦いものフェチな私。[:ラッキー:] )このワインも程良い苦味が爽やかな余韻を生む、夏にピッタリの味わいです!!

前のヴィンテージの時も思ったのですが、このマルヴァジア・フリッザンテ・セッコはワイン単体で飲んでいただくよりも、お食事と一緒に楽しんでいただくと本領発揮するワインです!!去年はピザと一緒に飲んだら、もう飛び上がるほど美味しかったんですよねー。[:ラブラブ:] [:ラブラブ:]

マリアージュ: ピザ、枝豆やソラマメ、ゴーヤチャンプルー、生春巻き


詳しくはコチラから!!



カミッロ・ドナーティ・ボナルダ・フリッザンテ・ドルチェ 04 赤微発泡 (右)
産地:イタリア/エミリア-ロマーニャ
品種:ボナルダ100% 有機栽培

ボナルダは春先ご紹介して大人気だったイル・ヴェイの赤に使われていた品種です。私もボナルダの経験はあまり無いので、興味津々で試飲したワイン。[:見る:]

そして感想は、カミッロ・ドナーティらしい旨みたっぷりの自然な癒し系ワイン!!でした。ボナルダっていうのはランブルスコを少し軽やかにしたような品種なんですかね~?

バラ、ブラックチェリー、カシス、香水、キノコ、サラミなどのナチュラルで旨みを感じる香り。フレッシュなイチゴジャムのようなしっかりした甘みを持ったフルーティな味わい。でもナチュラルで爽やかなので、ベトベトする感じは無いですね。イチゴ、カシスの自然な果実味と、素朴な旨みがタップリ詰っています。[:わーい:]

アルコール度数は6%。スイスイ飲めちゃうのでもっと低いかと思いました!!
ちょっとミルキーなイチゴジャム味、やっぱり女性のお客様に人気が高いです。
でも、男性の方もひるまず挑戦してください。とっても美味しいですから!癒されます!![:わーい:] [:わーい:]

マリアージュ: ピザ、プロシュート、トマトスパゲッティ、味噌田楽、焼き鳥


詳しくはコチラから!!



■ グルナッシュ 夏期臨時休業のお知らせ ■
7月4日(金)~7月12日(土)の間 お休みさせていただきます。
7月13日(日)より通常営業いたします。
何卒今後ともよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)