今週の店頭試飲: ダヴィデ・スピッラレ・ビアンコ・ルーゴリ 12 白 と ラルコ・ロッソ・デル・ヴェロネーゼ 09 赤

JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:日記・一般



*----* お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


暑いくらいの陽気でございます @千葉。

ポール、今日の公演もキャンセルになってしまいました・・。昨日は悪態をついてごめんなさい。ポールががめついんじゃなくて、興行主ががめついんですよね。一日も早い回復を心から祈っています。また、昨日今日の公演を観に行く予定だったファンの皆さんはものすごく落胆してらっしゃるでしょうね。こればっかりは仕方ないですが。。。。

それから、昨日の記事に武道館公演が今日と間違った情報をお伝えしてしまいました。大変申し訳ありませんでした。武道館公演は21日でした。



連日ワインと関係ない話題で申し訳ありませんが、この5月SHIDAXの「1週間以内に来店したら50%引き」キャンペーンにまんまと引っかかって、なんと3週連続カラオケに行ってしまいました。

お蔭様でレリゴー(英語版)は完璧に近い仕上がりになってまいりましたので、お聞きになりたい方がいらっしゃいましたらお気軽にお申し付けくださいませ。(← 冗談です)

やっぱりこういうキャンペーンは有効なのかなぁ。でもワインで「1週間以内に注文したら」っていうのは、あざとい というか何ですよね・・・。1カ月以内のご注文で何パーセントオフ的なものが良いのかな。しかしウチのシステムでどうやったらいいのかな。

暇なので英語版レリゴーを訳してみましたw 松さんのもとても良い歌詞なのですが、英語版もなかなか良い歌詞なので敢えて直訳で。恥ずかしいー。(絶賛ネタ切れ中の捨て身のネタです。笑ってくださいー。)

雪が白々と輝く山の夜
足跡一つも残らない
孤独の王国、どうも私がその女王みたい
私の中で渦巻く嵐のように風が轟々と音を立てる
もう抑えておくことができなかったの
神様はがんばったことを知っているはず
誰も部屋に入れるな、誰にも見られてはいけない
ずっと良い子でいること
隠せ、感じるな、知られるな
でももうみんな知ってしまったわ

Let it go, let it go.
もう隠しておけないわ
Let it go, let it go.
背を向けドアを閉めるのよ
まわりが何を言おうと気にしない
嵐を解き放て

寒さは気にならないからね、とりあえず

面白いね
ちょっと離れただけで
全てがちっぽけに見えるなんて
私を支配していた恐怖も
もう私を縛ることはできない
さあ、今は自分ができることを知り
限界に挑み乗り越える時
良いも悪いも、ルールも関係ない
私は自由!


Let it go, let it go.
風も空も私と共にある
Let it go, let it go.
もう二度と泣き顔は見せないわ
ここに立ち、ここに留まり
嵐を解き放て

私の力が空から大地へと駆け巡り
私の魂は氷塊を従え渦巻くわ
そして一つの思いが爆発し結晶化していくの
二度と後戻りはしない、過去は過去なのだから!

Let it go, let it go.
私は身を起こす、いま夜が明けるように
Let it go, let it go.
あの完璧な少女はもういない
そして私はここに立つ、陽の光を浴びて

寒さは気にならないからね、とりあえず


この歌詞は現在休養中の高橋くんや真央ちゃんのことを思い出させます。ダメダメなISU(国際スケート連盟)の度重なるルール変更、気まぐれな採点偏向に振り回されながらも、試合を投げ出すことなく戦ってきた彼ら。さらに国内では視聴率稼ぎの駒にされ疲弊してしまいました。最近はISUのルールなんて何の実もない空虚なものであると強く感じます。そんな意味不明なまやかしの土俵の上で戦うのは終わりにして、自身の可能性を追求するため自分の翼で飛び立てばいいのになぁと思います。これは勝手な個人の思いで、二人がどんな決断をしようとずっと応援していきますけどね。



今週の店頭試飲はコチラです!!




ダヴィデ・スピッラレ・ビアンコ・ルーゴリ 12 白 (左)

産地:イタリア/ヴェネト
品種:ガルガーネガ100% 有機栽培

久々にイタリア・ヴェネトの期待の若手生産者ダヴィデ・スピッラレの登場です!!

私がイタリアでお会いした時は23歳とおっしゃっていましたから、今もまだ30歳前だと思います。(← イタリアに行ったのが何年前かとっさに思い出せない・・。)それでも既に7年キャリア!

最近はグングンクオリティが高くなってきて、輸入元であるヴィナイオータの太田社長も

「2011年ヴィンテージで、ステージ的に何段か上った感のあるダヴィデ スピッラレ」

とおっしゃっています。
ただ、2012は天候的に難しい年だったという事もあり、生産量が大変少ない年だったそうです。是非お早目にお試しください!!

濃い目のレモンイエロー。
熟したレモン、レモンキャンディ、グレープフルーツ、パイナップル、洋梨、バナナ、ミネラル、イーストのよく熟した香り。少し還元しています。
口に含むと凝縮感を感じるしっかりとした果実味が広がります。
熟したレモン、グレープフルーツ、レモンキャンディー、パイナップル、洋梨などの力強く極ドライな果実味。しっかりとした酸味が全体を支えています。豊かなミネラルも感じられ、凝縮感も高くかなりパワフルな構成です。微かに苦味。微かにハーブやスパイス、旨みもあり予想以上に複雑さも感じます。余韻はナチュラルでドライ。

若々しさと力強さ、そしてエネルギーが詰まった味わい!!

若さのためにちょっと暴れている雰囲気もありますが、構成は非常にしっかりとしており、ポテンシャルは十分!

優しくフェミニンというよりは男性的で骨太、パワフルなスタイルです!

マリアージュ: アクアパッツァ、白身魚のカルパッチョ、トマト風味のペスカトーレ、アサリのワイン蒸、鶏のササミのサラダ、手巻き寿司

詳しくはコチラから!


ラルコ・ロッソ・デル・ヴェロネーゼ 09 赤 (右)

産地:イタリア/ヴェネト
品種:コルヴィーナ50%、ロンディネッラ30%、モリナーラ5%、
カベルネ、サンジョヴェーゼあわせて15% 有機栽培

皆さんの大好きなラルコの新ヴィンテージです!!新ヴィンテージといっても『2009年』!!

しっかりと寝かせて飲み頃になってからリリースするという今ではほとんどみられなくなった奇特な生産者さんだから今2009年なのです!ありがたいですね!

フランスと異なりイタリアの2009は全体的に柔らかい印象があるのですが(一緒くたにするのも何ですが^^;)、ラルコはどんな仕上がりでしょうか。

美しい赤紫。
干しイチジク、レーズン、チェリー、スパイス、漢方、バラの花、土、ヨウドなどの甘美で複雑な香り。
口に含むと凝縮感の高さを感じるスパイシーでリッチな果実味が広がります。
干しイチジク、レーズン、チェリーなどのエキス感たっぷり果実味。酸味はバランスよく、シルキーなタンニンは中程度。透明感ある美しい果実味に土やスパイス、漢方、干し肉、土、バラの花などの要素が複雑味を与えています。ヨードやミント、樽のニュアンスも感じられます。余韻は長く、旨みが残ります。

例年のようにエキス感溢れる豊かな果実味が見事です!

2009は干しイチジクなどのドライフルーツの印象が強く感じられ、よりスパイシーでより円やかな味わい。

しっかり土地の個性を表現しつつ、どんな人も楽しめる美しく上品な味わいに仕上げているところがさすがですね!!

マリアージュ: 鴨のロースト、牛ひれ肉のステーキ、牛肉のオイスターソース炒め、ローストチキン、酢豚、ポルチーニのパスタ、ミートソース、クスクス、モロッコ風串焼き

詳しくはコチラから



 
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)