南ローヌ赤ワイン祭り! 愛するシャルヴァンのコート・デュ・ローヌ06と更に美味しくなったレ・ザミ・ド・ラ・ブイシエール06再登場

JUGEMテーマ:グルメ


*----* 毎週末 お店で試飲販売しています そのワインの御紹介です *----*


大好きなシャルヴァンのコート・デュ・ローヌの新ヴィンテージが到着しました!!!

私的には・・・

キタ━━━ヽ(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)ノ━━━ !!!

って感じです。(汗)


ということで、南ローヌ赤ワイン祭りを開催しました!

(蒸し蒸し暑いけど、強行開催です・・・。[:たらーっ:] [:たらーっ:] )


週末試飲080607_1

ブイシエール・レ・ザミ・ド・ラ・ブイシエール 06 赤 (左)

産地:フランス/ローヌ
品種:メルロー40%、グルナッシュ25%、シラー35% 有機栽培

実は1月に一回試飲で紹介したレ・ザミ・ド・ラ・ブイシール。先日お家で飲んだところ、
「おー、だいぶ柔らかくなったな~~」
って感じで、とても美味しかったので再度ご紹介することにしました!!

ジゴンダスの巨匠の一人、ブイシエールの造るグルナッシュ、シラーにメルローをブレンドした仏ワインとしては珍しいワインが、このレ・ザミ・ド・ラ・ブイシール。
ブイシエールのような伝統的な手法を守って、自然なワイン造りをしている人が地場の品種でないメルローを使うのって珍しいですね。

では、なぜメルローを?

答えは所有する畑の一部が粘土質だったから。単純明快な答えです。[:わーい:]
彼の畑の一部が川のそばにあり、川の堆積により粘土質土壌なのだそうです。川+粘土質 の生産地と言えば???ハイ!それはボルドーです。
そして フランスでは珍しい メルロー、グルナッシュ、シラーというこのワインが生まれました。

しっかりした紫。ラズベリー、カシス、ハーブ、ミネラルミントなどの華やかな香り。フレッシュな果実味ときめ細かいタンニン、ミネラルを含んだミディアム。
1月の頃に比べ、タンニンが柔らかくなり、味わいも全体にまとまってきました。でも印象はローヌのワインなんですが、メルローの感じがしっかりするんですよね。
面白いですね~。[:ラッキー:]


マリアージュ:チキンのトマト煮込、ピザ、焼き鳥(タレ/塩)、焼きソバ、酢豚



詳しくはコチラから!




シャルヴァン・コート・デュ・ローヌ 06 赤 (右)

産地:フランス/ローヌ
品種:グルナッシュ85%、シラー10%、カリニャン5% 有機栽培

キタ━━━ヽ(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)ノ━━━ !!!

あっ、もういいですか? へへ、すみません。[:ひやひや:]

05は到着後余りに硬かったので少し寝かせてご紹介しましたが、06は少し早めに抜栓していただければ、今からでも十分楽しめるワインだと思います。06の華やかでバランスが良いというヴィンテージの特徴が良く出ています!!

シャルヴァンは現在 世界的な人気を誇るシャトーヌフ・デュ・パプのスター生産者の一人。そして私が最も愛する生産者の一人です。[:ラブラブ:] [:ラブラブ:]

ドメーヌ・シャルヴァンの素晴らしいところは、当主ローランのワイン哲学、そしてもう一つ、その畑の素晴らしさです。

週末試飲080607_2

これは、猛暑旱魃にフランスが襲われた2003年夏にドメーヌにお邪魔した時のブドウの樹です。樹齢が古く根が地下水まで延びているのでしょう、信じられないほど生き生きと緑の葉を茂らしていました。
当主 ローランも「僕が今 こうして素晴らしいワイン造りができるのは、父がこつこつと真面目に畑で働いてきてくれたお陰。」としみじみ語ってくれました。

リッチなチェリー、ラズベリー、ミネラル、ハーブ、スパイス、ベーコン、旨み、キノコなどの香り。口に含むと高い凝縮感を感じる、バランスの良いとてもパワフルなボディ。
タンニンは豊かで滑らかですが、開けたてはちょっと尖っているように感じるかもしれません。時間を置くと馴染んできます。
2005年に比べると、ミネラルとバランスの良さを強く感じる出来上がりとなっています。余韻はボリュームがあり長い。

あー、美味しい!!!
さすがシャルヴァンです!!シャトーヌフのエスプリを感じる飲み応えタップリの最高のコート・デュ・ローヌ。


マリアージュ:ペッパーステーキ、ラムの香草焼き、シシカバブ、牛肉のトマト煮込み、モツ鍋



詳しくはコチラから!



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)