眠い・・・・ (=o=)

JUGEMテーマ:日記・一般


さてさて、とりあえずフィギュアスケートの競技は一通り終了しました。

昨晩?今朝?の女子シングルFPもアイスダンスに引き続き、手に汗握りまくりの大変良い試合でしたね!!!最終グループはほぼ全員ノーミス!素晴らしい戦いでした。やっぱり女はメンタル強い!!


でもやっぱり一番すごかったのは真央ちゃん!!演技後の涙と笑顔が最高でした!感動をありがとう!

当日の午前の練習まで前日の失敗を引き摺って元気がない様子だったようですが、6分間練習に出てきた顔を見てこれはいけるかもって思いました。昔の少女時代のガッツイな真央ちゃんを思い起こさせるような表情でした!気合が噛みあった時の真央ちゃんは誰も寄せ付けない神々しいまでのパワーを発揮するのです。ああいうの見ると、ああこの人は選ばれた人なんだなって思います。


真央自分と対話10時間 吹っ切れ最高演技
http://www.nikkansports.com/sochi2014/figureskate/news/p-sochi-tp0-20140221-1260558.html

『前日SPで感情が消えた。集大成として臨んだ舞台で、3回転半で転倒すると、全3つのジャンプすべてでミス。16位という結果に金メダルが絶望的に なると、喜怒哀楽どれにも当てはまらない、空虚な体と心がそこにあった。「自分でも終わってみて、まだ何も分からないです」。五輪独特の緊張感にのまれ、 自分に負けた。ぼうぜん自失で絶望のふちにいた。

 それは、この日の午前8時過ぎからの練習でも同じだった。「してないようなものだった」。簡単なジャンプでのミスを連発。抜け殻のような姿で、ソチのリンクであえいでいた。まだ感情は消えていた。

 そこから試合まで約10時間、自分との対話を続けた。「バンクーバーから4年間やってきたことはなに? 一から見直したことを出さないと」「支え てくれた人に恩返ししたい」。己を叱咤(しった)した。赤飯をほお張り、睡眠を取った。佐藤コーチからは、試合前に発熱した選手が最高の演技をした思い出 を話された。「何かあったら助けにいくから」。バンクーバー五輪後から師事した72歳の恩師の一言-。「何もそういうこと(発熱)のない自分が、できない わけがない」と勇気づけられた。』



自分と10時間対話して、メンタルを作り直し、それを本当にパワーに変えて発揮してしまうという力。すごいなぁ。男前やなぁ。佐藤コーチの「何かあったら助けにいくから」という言葉にもウルウル。

大輔さんと真央ちゃんというタイプの違う二人のカリスマが、織田くんや小塚くん、あっこちゃんや美姫ちゃんという才能豊かなスケーターと一緒にフィギュアスケートを引っ張ってきた一つの時代が幕を閉じようとしています。寂しいなー。

大輔さんと真央ちゃんは唯一バンクーバー後競技に出続けたバンクーバーのメダリスト。(シングル競技で)彼らはどんなに調子が悪かろうとも足が痛もうとも休みも取らず、真面目にアサインされた試合に出続けフィギュアスケートを盛り立ててきました。そんな二人が最後の最後で夢が叶わなかったのはちょっとつらい。夢が叶わなかったというのは違うかもしれないけど、本人たちはなんだかんだ言ってもやっぱりメダルが欲しかっただろうなと思うから。ファンはメダルなんて無くたって全然良いですけど。

今はただ心からお疲れ様と言いたいです。そして、かけがえのない貴重な体験を共有させてくれてありがとういう感謝の気持ちを伝えたいです。



一つお小言を言わせていただくと、今回フィギュアスケートのメダルが一つに終わったのは、営利主義に走った日本スケート連盟とメディアの責任だと思います。メダルが狙える大切なこの二人のスケーターを酷使し疲れさせ過ぎてしまった。それも簡単に回復できないほどに・・・。(さらに4月のショーラッシュで酷使されると思うので心配です。。。)ファンは静かに怒っていますよ。それを忘れずに。


明日からは普通の人間に戻りますので、皆さんよろしくお願いします!!



 
スポンサーサイト

Comment

No title
>えむたん さま

こんにちは!コメントありがとうございます!!

御目が高い!カロちゃんは本当に美しかったですね!!滑りも美しく最高でした!!彼女はトリノ五輪でイタリアの期待を背負って騎手を務めたのにもかかわらず振るわず、バンクーバーでは16位に沈み、本当にかわいそうでした。怪我もあり、もうダメかなと思う時もあったのですが、そこから復活し成績を安定させたのは見事でした。今回彼女ほどオリンピックのメダリストとしてふさわしい人はいなかったかもしれませんね。

私は今回はPCSがかなり微妙と思いました。上げ下げの道具にされた感じです。プーチンパワーは遺憾なく発揮されたと思いますw あとは勢いがある選手に出やすいですね。本当はスケーティング技術や表現を評価する点数なのに。

アイスダンスもツートップ+フランスが引退でしょうから、今後の勢力争いが非常に興味深いですね。
No title
終わりましたねぇ...色んな意味で
コストナーしゃんの演技に見惚れてしまいましたわ
やっぱり「滑り」の綺麗な演技が好きなのよね...
ロシア、アメリカなどの新しい才能の台頭を見るにつけ、この先の日本の行く末を考えたり...
(女子は国際大会の枠は減るかしらねぇ...)
やっぱり素人目にはわからない「出来栄え点」ってな判定のモヤモヤ感は拭えないなぁ...
これからはアイスダンスに注目してみたいなぁ...と
  • 2014/02/22 12:07
  • えむたん
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)