台北食い倒れツアー 2014 お正月 その5

JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:日記・一般


一昨日のアイスダンスのフリーダンス、すごかったですね!!各組気合入りまくりの神演技!!機会があったら皆さんご覧になってくださいね!そして、いよいよ今晩から最終種目の女子シングルが始まります!
なんかアッコちゃん怪我しちゃったみたいですね・・・・。どうして今ここで・・・。ベテラン組はついてないな・・・。とにかく三人娘がんばれー!!
(私もボチボチ元気が出つつありますが、未だに昼間思い出しては涙ぐむというバカっぷりを発揮しています~。しかしご本人の辛さを思えば、もっと明るくいかないといけませんね!!)


さてさて、ちょっと間が空いてしましましたが、台北旅行記の続きを!!

二日目の朝食は台北で一番人気!(とネットに書いてあった)の阜杭豆漿(フーハントウジャン)に行ってみました。ここでは、温かい豆乳スープ的なものと鹹豆漿(シェントウジャン)とパンのような餅のような厚餅夾蛋(ホウピンジアダン)を食す予定です!!

善導寺駅という駅からは降りてすぐなのですが、降りてすぐこんな状況。わお。



現地の方もいっぱい並んでいるみたいです。ここから建物の中に入って、階段1階分並んでやっと店内に到着。「ディズニーランドかよ」ってつっこみたくなります。並んでいた時間は40分くらいだったでしょうか。



雰囲気的にはスーパーとかにあるフードコートみたいな感じ。確かに他にもお店がありましたが、お客さんはほぼみんな阜杭豆漿のお客さんです。



向こうで作っているのが名物の厚餅夾蛋。種をインド料理のタンドリーみたいな壺(?)の中で焼いていました。



写真真ん中奥が注文をとるカウンター。



メニュー。

こ、こ、こ、これは果たしてどう頼んだら良いのでしょうか!!カウンター上にはメニューのようなものはありません。かといって、あの遠いメニューを指し示すわけにもいかず・・・・。慌ててガイドを開いて発音の練習をしてみたりw

シェントウジャン と ホウピンジアダン
シェントウジャン と ホウピンジアダン
シェントウジャン と ホウピンジアダン

念仏のように唱えてみる私w

しかしそれは危惧に終わりました。念仏を唱える必要なく注文が無事終了しました。
でも、いったいどうやって注文できたのかよくわかりません!
確かカウンターのおばちゃまが、「冷たいの熱いの」と聞いてきたので「熱いの」(豆乳は熱いのか冷たいのかということ)、さらに「卵入れる?」って聞いてきたので「はい」って頷いて注文終了だったような・・・。いやそれでは、「何の」の部分の指定ができてないと思うんだけどなぁ。まぁいいか!これから行かれる皆さんはがんばってくださいね!!

それにしても台北のお店の方たちの日本人をかぎ分ける能力は高いですね!外観は変わらないのに完璧に見抜かれています。



こちらが鹹豆漿(シェントウジャン)。豆乳に出汁の味ついたような味わい。茶わん蒸しというか豆乳鍋のスープというかそんな感じです。浮いているのは薄い揚げパンみたいなもの。日本の油揚げ的な感じかな。スープにちょっと油系を足すというのは日本と同じ発想なんですね。



こちらが厚餅夾蛋(ホウピンジアダン)。餅というよりはパンって感じです。ナンよりは肉厚です。結構ボリュームありました。

飛び上がるほどではないですが、それなりに美味しかったです。


 
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)